カウンセリング

カウンセリングが効果的になる受け方、3つの心構えとは?

  • LINEで送る

過度のストレスにさらされたとき、あなたはカウンセリングを受けたいと思ったことはありませんか?

誰もがストレスから解放されて気持ち良く生活をしたいと思っています。

もしあなたがカウンセリングを受けるとしたら、カウンセリングを受けるにあたって大切な心構えとはどのようなコトでしょうか。

こちらの記事では、効果的なカウンセリングの受け方について解説をしていきます。

効果がでるカウンセリングの受け方とは

カウンセリングの受け方、カウンセリングを受ける上で、あなたが大切にしなければならないカウンセリングの受け方=心構えについて紹介したいと思います。

1, 効果を「信じる」こと

あなたは「プラセボ効果」という言葉を知っていますか?

プラセボとは「偽薬」のことであり、効き目のない薬だとしても効果が絶大であるかのように処方された薬を飲むと、本来その薬に効果はないにも関わらず効果が出るというような現象のことを言います。

カウンセリングの受け方として、何より大切なことはあなた自身がカウンセリングの効果を「信じる」ことです。

あなた自身が懐疑的になることなく、明確な目的意識を持って「効果がある」ということを信じて受けることがカウンセリングの正しい受け方になるでしょう。

2,「ストレスの発散を目指す」こと

人は誰かに話しをすることでココロを浄化するカタルシスという作用を持っています。

その作用が正常に機能していれば、ストレスの発散は可能です。

カウンセリングの受け方として、「ストレスの発散」を目指してカウンセリングを受けてみてください。

目的なくカウンセリングを受けることよりも、明確な目的意識を持つことでカウンセリングの効果は高まるでしょう。

カウンセリングの受け方として、ストレスの発散を目指してカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

3,「問題の整理を目指す」こと

カタルシスに並行して、あなたは話しをすることで、悩んでいる物事や出来事を自然と整理していくことができるよになります。

あなた自身が一人で悩み・考えることは、長期化するにつれて解決は難しくなります。

同時に、あなたは同じことばかりを考えてしまいます。

そして、あなた自身が問題を複雑化することで問題の整理がますます難しくなってしまいます。

でも「問題を整理してみよう」という明確な目的意識を持つことで、「ストレスの発散」同様にカウンセリングの効果は高まるでしょう。

カウンセリングの受け方として、問題の整理を目指してカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

カウンセラー選びも重要になる

カウンセリングをより効果的なモノにするカウンセリングの受け方として、「ストレスの発散」「問題の整理」といった明確な目的意識を持つことが、大切になります。

つまり、積極的・能動的な姿勢や気持ちがカウンセリングを受ける上では大切になります

そして、その前向きな目的を達成するために「カウンセラー選び」は非常に重要です。

ここでは、カウンセラーの選び方についても補足的に紹介しておきます。

カウンセラー選びのポイント

カウンセリングの目的を果たすために、あなたの心構えと同様にカウンセラー選びも大切にしましょう。

あなたがカウンセリングの受ける時に必要となる目的意識を持っていたとしても、カウンセラーの選び方に失敗してしまえば、結局は効果を感じることはできないでしょう。

カウンセラーも一人の人間です。

トレーニングを受けてきており資格取得のための勉強もしてきているでしょう。

そして、カウンセラー自身も効果的なカウンセリングにするための一定の知識は持っていることになります。

それでもカウンセラーを選ぶ上では、あなたの「感性」を何より大切にしてください。

カウンセラーを選ぶ「感性」とは?

次の二人の先生のカウンセリングを、あなたがそれぞれ1回ずつ受けたとします。

  1. 、X先生:延べ3000名以上のセッションをしているが、会話が上手くかみ合わない
  2. 、Y先生:カウンセリング経験はまだ数十名だが、信頼して良いと感じることができる

2回目のカウンセリングに行こうと考えた場合、あなたはどちらの先生を選びますか?

あなたはおそらく「2」のY先生を選ぶのではないでしょうか?

カウンセラーを選ぶ上で大切になることは、あなたが話しをしてよかったと思える「感性」なのです。

カウンセラーとの「相性」を重視しよう

カウンセラー選びには感性を働かせることが大切になります。

そして、その感性を働かせた結果、カウンセラーとの「相性」が分かります

もちろんどのようなサービスでも「相性」は重要となります。

それでも、無形性であり会話そのものがサービスの本質になるのが心理カウンセリングです。

カウンセラー選びでは、カウンセラーの経験やキャリアよりもあなたの「感性」を働かせて「相性」を重要視するようにしましょう。

まとめ

折角、カウンセリングを受けるなら少しでも効果がある受け方をしたいですよね。

カウンセリングを受ける心構えや、カウンセラー選びのポイントについて、まとめさせて頂きました。

ウェルビーの情報サイトでは、カウンセリングに関連する記事を多数書かせていただいています。

カウンセリングは大切ではありますが、人の考え方や情報を確認して気持ちが楽になる場合もありますし、考え方が変わる場合もあります。

このウェルビーの情報サイトを是非活用してください。

  • LINEで送る