恋愛の悩み

恋愛で別れの原因TOP3に入る「価値観の違い」って何?

  • LINEで送る

恋愛では様々なことが原因でトラブルや喧嘩に発展します。

そして、喧嘩の原因のなかには「価値観」のズレや「価値観」の違いとったモノがあります。

よく出てくるこの「価値観の違い」とは一体どのようなモノなのでしょうか。

ここでは、(日本特有の)「付き合い」というフレーズを例に「価値観の違い」を解説したいと思います。

 

夫婦関係では特に「旦那の付き合い」が原因で喧嘩になることも多いようです。

付き合いという言葉のあとには、

  • (付き合いだから)仕方ない
  • (付き合いだから)やむを得ない

などの言葉が続きます。

つまり付き合いとは、「協調性を重んじて良くも悪くも空気を読むこと」を大切にする日本独自の文化なのでしょう。

ただ、この協調性にも個人差があり、付き合いを重視する人もいればそうではない人もいます。

 

あなたは彼氏・彼女あるいは旦那からの「付き合いだから仕方がない」という言葉がきっかけで喧嘩になったこともあるのではないでしょうか?

では「付き合い」という考え方をもとに、「価値観」について心理的な働きを考慮しながら解説しています。

恋愛で喧嘩やストレスになる価値観の違いって?

ここでは「付き合い」という言葉を例に、価値観の違いについてみていきましょう。

「付き合い」という言葉は防衛になる

付き合いという言葉には、合意性過大視バイアスという心理的な作用があると考えることができます。

合意性過大視バイアスとは、

自己の態度や行動を典型的なモノと考え、同じ状況では他者も自分と同じ選択や行動をとるだろうと類推する傾向

のことになります。

他の人と同じという「理由」

合意性過大視バイアスは、他者も自分と同じような信念を持ち同じような行動を取ると考えることで、自分の行動は、

  • 良い行動
  • 適切な行動
  • 典型的なモノ

と考えることが出来ます。

付き合いを重んじる人は「典型的な行動」であり、「理由」が正当であると感じます。

他の人と同じという「言い訳」

一方で、付き合いを重んじることのない人からすれば、他者の行動そのものが行動規範には感じないため、言い訳に聞こえてしまうのです。

付き合いを重んじない人は、「典型的な行動」とは思わず、「言い訳」と感じます。

恋愛で喧嘩になる「価値観」の違い

恋愛での大きな喧嘩や別れ、離婚の理由で常に上位にくるモノが価値観の違いです。

価値観の違いは「理由」を「言い訳」に変換する

それが価値観の違いになります。

合意性過大視バイアスの例をみると、そもそも

  • 「付き合いを重んじる」
  • 「付き合いを重んじない」

人に分かれます。

付き合いを重んじる人からすれば「理由」であることが付き合いを重んじない人からすると「言い訳」になるのです。

では、どちらが正しい?

あなたは、彼氏や彼女あるいは夫や妻が「付き合いで」飲みに行く場合、付き合いを優先すべきだと感じますか?

あるいは付き合いは基本優先しなくても良いのではと感じますか?

頻度や時間などの環境的な要因を抜いて考えると「どちらが正しい」は残念ながら判断がつかないでしょう。

そして、「価値観」を押し付け合う

どちらが正しいかが不明瞭な場合、お互いがお互いの「価値観」をぶつけ合うことになります。

この衝突が喧嘩のもとになります。

価値観の違いは二人の話し合いで溝を埋めることがとても難しいですね。

価値観を揃えることはできるのか?

価値観のなかには努力して合わせることができるモノとそうではないモノがあります。

そろえることが出来る価値観

揃えることができる価値観は友達や仲間によって形成された価値観でしょう。

人は置かれている環境のなかで、気づけばその環境の平均的な考え方を持つようになります。

転じてとらえると、環境が変化すればその人が持つ価値観も変化してくるということです。

そろえることが出来ない価値観

一方でそろえることが出来ない(難しい)価値観は、幼いころからの家庭や生育環境で形成された価値観です。

これは、あとから変化を促進してもほとんど変化することはないでしょう。

生育環境で培われた価値観はその人にとっての「常識」のようなもので、よっぽどのことがない限り「常識」は変化しないと解釈できます。

大切なことは価値観を受容できるかどうか

no image

実は彼氏と別れたんだ。

no image

ぇえ?なんで別れたの?

no image

価値観が合わないから。

このような会話を耳にしたことがある人も多いでしょう。

価値観が合わないから価値観をそろえようと試みる人は多いでしょう。

でも、大切なことは価値観をそろえることではなく価値観を受容することです。

価値観の違いを感じている人は、その人の「価値観を受け入れることができるかどうか」について一度考えてみても良いでしょう。

まとめ

価値観のズレは喧嘩や別れの原因になることがよくあります。

でも、そんな時はその価値観があなたにとって受容可能なのか、受容できないのか、について考えてみましょう。

もし受容できる価値観であれば必ずしもそろえる必要はないでしょう。

お互いの価値観を尊重し合える関係を構築することも大切になるでしょう。

価値観の違いやズレなどでお困りの方は、ぜひご相談ください。

お名前(必須)
メール(必須)
電話番号(任意)
ご相談テーマ(必須)
2回目以降の相談について(必須)
ご相談内容(必須)

利用上の注意に同意します。

※1 初回は無料です。お悩み項目を選択の上、お悩みをご記載ください。

※2 メールカウンセリングの活用の前に必ず「ご利用上の注意点」の確認をお願いします。

※3 ご相談内容を確認後、 3日~7日の間で回答のメールをお送りさせていただきます。

※4 返信のメールは「ウェルビー・ココロ研究チーム」というタイトルでお送りします。

※5 ウェルビー・ココロ研究チームと提携している専門家が回答します。

ご記載のメールアドレスが誤っているケースが頻出しております。メールアドレスをお間違えになるとご返信をできなくなってしまいます。メールアドレスのお間違いにはくれぐれもご注意くださいませ。

 

  • LINEで送る