就活の悩み

ストレスの原因を知ろう!就活にストレスを感じる5つの理由

  • LINEで送る
就職活動

あなたは就活ストレスで「限界」を感じていませんか?

就活とは、就職活動の略称で、仕事を探す為の活動をいいます。

でも、「仕事」を探すというよりは「会社」を探す活動になってしまっている人も多いでしょう。

就職活動が辛いと感じているあなたへ。

辛いと感じているということはそれだけ大切な活動だという認識が出来ている証です。

そして、あなたが就活という大切な人生のイベントを乗り越えて立派に社会人になれるよう、ここでは就活のストレスの原因について記載しています。

ストレスの原因はあなた個人の問題だけではありません。

就活のストレスを少しでも理解して、ストレスと向き合えるようになり、ストレスを乗り越えましょう。

参考記事:就活のストレスに『限界』を感じたときにやるべき3つのこと

 

就活がストレス、辛いと感じる5つの理由

あなた自身が就活にストレスを感じるということはそれだけ就活が自分自身の人生を左右することを理解している証です。

何としてでも希望の会社に内定をもらいたいという気持ちを抱いているでしょう。

その想いに間違いはありません。

ただ、内定が就活のゴールであったとして、あなたのキャリアのゴールではありません。

就活がキャリアのスタートを意味することを理解して、結果に一喜一憂し過ぎないように心掛けましょう。

1, 社会そのものにストレスの原因がある

「日本のキャリア教育の遅れ」

「自分は○○な性格だから、○○のようなキャリアを歩んでいきたい。」

この一文だけを作れたら、自分自身のキャリアを自分自身の望むモノにするために就活の方向性も明確になります。

でも先進諸外国に比べると、日本ではキャリアに関する教育はほとんど行われていない現状があります。

また、教育では「お金」や「仕事」の大切さや教えることはほとんどないでしょう。

むしろ日本の教育では「お金」に関わることを敬遠することもあるでしょう。

それにも関わらず、就活になると突然、「お金」や「仕事」という社会の現実に直面するわけです。

教わってきていないことを直面するわけですから、就活が辛いと感じても仕方ないのです。

「新卒一括システムに難あり」

大学生が一斉に就活を始める日本特有のこの就活システムには無理があります。

少なくとも一生の仕事を選ぶ年齢が大学卒業時点しかないような社会システムは限界がありますね。

22歳で一生の仕事は選べないでしょう。

あなたは生まれてから22年が経ち、いままで小学校、中学校、高等学校の「生徒」として、そして大学生になり「学生」として生きてきました。

つまり「社会人」としての経験がないままに、突然自分の一生を左右する「仕事(=会社)」を決めなければいけないのです。

これは本当に無理難題です。この新卒一括採用のシステムは地獄ですね。

そして、このシステムのために就活が辛いと感じても仕方ないのです。

2, 世代間の違いにストレスの原因がある

いま就活をしている人たちが知らない「バブル期」はまさに青田買いの時代でした。

そして、青田買いの時代ゆえにバブル世代の社会人たちも、

  • 「自分はこのままでいいのだろうか?」
  • 「自分にはもっと才能を活かせる場所があるのではないだろうか?」

と思いながらいまも仕事をしている人は無数にいるでしょう。

バブル時代は企業の採用担当者が大学に集まり、学生獲得に躍起になっていました。

インターネットも携帯もない時代に就活をした世代がいまあなたの前に立ちはだかる「壁」になっています。

システムが全く異なった時代を勝ち抜いた人たちに裁量権を握られることにストレスを感じませんか?

3, 「自己分析」という言葉が先行し過ぎている

あなたは就活をする際に必ず「自己分析」という言葉を聞くことになります。

そして、自己分析をしたシートをもとに様々な人からアドバイスを受けます。

アドバイスの中には、

  • 自己分析が足りないね
  • もっと深く掘り下げてみないとダメだね

などというものもあるでしょう。

そんな時、あなたの就活ストレスが大きくなりませんか?

自己分析は社会人でも難しいモノです。

「自己分析」というブラックホールに落ちないようにしましょう。

4, 相対的な視点を失っていませんか?

「ライバルの数」

あなたは、あなたと同じように就活をしている学生さんがどのくらいいるかを考えたことはあるでしょうか?

そして、どれだけの大学生が企業の数少ない採用の枠にエントリーしているのかを知っていますか?

新卒の就活で動き出す大学生の数はとんでもない数です。

一度、調べてみましょう。多くの人たちと戦っているということは忘れないようにしましょう。

「企業の採用人数」

就活生の数と同じように、あなたは日本にどれだけの企業があるか知っていますか?

そして、全体の企業のうち、どのくらいの企業があなたの目に触れているのかを知っていますか?

その数を把握している学生はきわめて少ないでしょう。

大学の入試の時は、何人の枠に何人が応募しているという倍率という相対的な数をみて志望校を考えるのに、就活になると途端に絶対的な数値で考えてしまう。

これは非常に大きな問題です。採用人数には必ず制限があります。制限があることを忘れないようにしましょう。

5, どんな理由があっても就活を辞めれない

これがストレスの最も大きな原因ではないでしょうか?

新卒で会社を選ぶチャンスはたった一度きりだと言われています。

そのことを分かっている学生は新卒の就活にこだわるでしょう。

その気持ちは非常に大切ですが、人生の選択肢が全くなくなるわけではありません。

どうしてもしんどくなったら少し立ち止まって見てもいいでしょう。

まとめ

今まさに就活をしている人、これから就活をする人、色々な立場の学生がいるでしょう。

確かに就活は人生のなかで非常に重要なライフイベントと言えます。

あなたの人生を左右すると言っても過言ではないでしょう。

その考え方に間違いはありませんが、必ずしも、

  • 就活で行きたい会社に内定をもらうこと
  • 家族やまわりに羨ましがられる様な会社から内定をもらうこと

が就活においての成功ではありません。

就活が成功だったと言えるのは、

  • あなたがやりたいことに挑戦できる会社に入ること
  • 良い上司に恵まれること
  • 良い同僚に恵まれること
  • あなたの人生が豊かになるような要素が揃っていること

これらを感じれた時に就活が成功だったのか、失敗だったのかが分かります。

難しいことですが「内定ばかりにこだわらずに、きちんとしたキャリアについて考えた就活」ができるようになればと思います。

  • LINEで送る