カウンセリング

カウンセリングマインドの意味・その事例と効果とは

  • LINEで送る
カウンセリングマインド

心理を勉強しようとしている人、もしくは心理カウンセラーを目指されている人であれば、この「カウンセリングマインド」という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか?

これからカウンセラーを目指されている方は、多くのことを勉強していかなければならないと思いますが、知識以外にカウンセラーに求められるものとは何なのでしょうか。今まさにカウンセラーになる為に勉強中の人も、カウンセラーにとって本当に必要な事とは何か?一度、初心に戻って、この記事を読んでもらえたらと思います。

こちらの記事では、カウンセリングマインドとは何なのか、その事例や効果について解説していきたいと思います。

カウンセリングマインドとは

カウンセリングマインドとは、ロジャーズの来談者中心療法(クライアント中心療法)を基にした、

「他者に素直に共感して他者の存在を受容することができる安定した心理状態」

のことを指します。どういうことだろうと感じた人にもう少し細かくご説明します。簡単な表現をすると、カウンセリングマインドとは「カウンセリングをするときの心掛け」だと理解してもらえればと思います。

つまり、クライアントであるお客様の思考や言動、行動を「共感的」に理解しようとする心掛けのことを指します。

カウンセリングマインドとは安心感や信頼感を与えること

当然ですが、私たちもコミュニケーションをとる際には、お客様に対して、「安心感」「信頼感」をテーマとしています。ただ、単純に口で「安心してください!」「信頼してください!」と言ってもそれは何の安心材料にも信頼にもつながりません。だからこそ、その安心感や信頼感を感じてもらえるようにすることがカウンセリングには必要であり、安心感や信頼感を与えることが出来ることこそがカウンセリングマインドです。

例えば安心感を与えようとしている心理カウンセラーがお客様の考え方に対して「その考え方は間違ってます!」「その選択は絶対に正しくありません!」と否定的なコメントを放ったとしたら、お客様との関係性はどうなるでしょうか。

また、お客様の発言に対して「それは理解できないです!」「私には分からないです!」という反対の発言をしたら、お客様との関係性はどうなるでしょうか。

答えはもちろんアウトですね。

お客様に与えたい「安心感」や「信頼感」を全く与えることができなくなってしまいます。それでは、カウンセリングは成立しません。否定ではなく、「そう思ったんですね!」「なるほど、わかります!」といった受容的で共感的な発言をした時に初めて、お客様に安心感や信頼感を与えることが可能となります。

お客様の話しを聴く際に、この「カウンセリングマインド」を意識することにより、それはお客様にとっての安心や信頼になり、その安心や信頼こそが大きな支えになることがあります。この安心や信頼を得るには時間がかかるモノで、即時効果を生じさせるような内容ではないですが、カウンセリングを受ける前と後では、お客様の心の在り方に変化が起きているはずです。

観葉植物の成長のように、直ぐには目に見えない小さな変化なのかもかもしれませんが、このマインドをお客様に提供し続けていくことはお客様であるクライアントのココロの変化を生じさせる上で非常に大切になります。「問題解決」にお客様を導く上では、非常に大切な態度・思考になるということです。

シンプルに考えれば、何でも否定してくる友達や同僚、上司には相談しませんよね。

相談しやすい、相談できる「安心」と「信頼」を、言葉に語弊があるかもしれませんが“アピール”するためにも、このカウンセリングマインドは重要になるということです。

カウンセリングマインドの事例

概ねを「カウンセリングマインドとは」という欄に記載しましたが、事例として、「否定の多い上司」を例にとってみましょう。

職場でのカウンセリングマインドの事例

あなたは現在、入社3年目の会社員だとします。丸2年間の下積み経験を積み、ようやく「一人前の仕事」を任されることになりました。そこで思い切って新たなプロジェクトを立ち上げてみようと考えたとします。でも、それはまだ思考段階で考えはまとまっていません。その思考のなかで、

Aさん:一定の理解を示してくれて、相談に乗ってくれる上司

Bさん:基本、部下に厳しく常に否定で返してくる上司

Cさん:何を伝えても、基本的にはうなずくことしかしない上司

会社となれば、もちろん誰が直属の上司なのか、などの様々な要素も考えるでしょうが、立ち位置も力関係もすべての上司が同じだと仮定したら、あなたはどの上司の方に相談するでしょうか?

どの上司の方が話しやすいと感じるでしょうか?ここで、私なら“敢えて”Bさんに相談するな~という回答を持つ人がいらっしゃるかも知れません。あるいは“敢えて”Cさんに相談するな~という回答の人もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの人はAさんに相談に行くと思います。

人は職場でのやり取りでも「安心」を求めている

では、Aさんを選んだ人は、Aさんにどのような良い点を感じたのでしょうか。それがまさに、あなた自身が誰かに何かを相談をする上で必要だと思っている否定を受けることはないという「安心」をAさんに感じることが出来ているのです。

つまり、人は誰かに何かを相談する時、当然のように否定を好まず安心や信頼を求めています。

これは「カウンセリングマインドの事例」とまでは言いませんが、相談をされる側の人が持っている「安心感」や「信頼感」が相談する側の気持ちには大きく影響するイメージは持って頂けたのではないでしょうか?

厳しい意見はもちろん時に必要になります。でも本当に悩み苦しんでいる人に厳しい言葉が「いま」必要なのかと考えると、必ずしも厳しい意見が必要であるとは言えません。

少なくともAさんを選んだあなたは「カウンセリングマインド」の確かな理解を、現実世界で既に出来ていたというわけです。

カウンセリングマインドの効果

カウンセリングマインドが「他者に素直に共感して他者の存在を受容することができる安定した心理状態」だとしたら、ずばりカウンセリングマインドの効果は話しをしていて安心できる人間関係=気持ちを軽くすることができる人間関係が築けることにあります。

私たちウェルビーココロ研究チームでは、心理カウンセリングに不可欠なモノとしてこれまで至るところで“相性”というキーワードを掲げてきました。友人同士あるいは恋愛関係のなかであれば“相性”が良ければ付き合いは深まりますし、“相性”が悪ければ疎遠になります。

もちろん心理カウンセリングでも極端な“相性”の悪さ、例えば、「そもそもお客様は年配の男性カウンセラーと話しをしたいと思っているなか、若い女性がカウンセラーだった」となればこの“相性”はどうにもなりません。ただ、話し方だったり相槌のタイミングだったりという、いわゆる対応が可能な内容についての“相性”であれば、それはカウンセラーが「噛み合わせ」を修正しなければならないモノなのです。

もちろん、相性に加えてカウンセリングには「ラポール」という信頼関係が必要になりますが、この「相性」も「信頼関係」もカウンセラーの対応によって、ある程度までは創造できるモノとなります。そして、この「相性」や「信頼関係」を創造する上で、カウンセリングマインドは不可欠になります。

私たちはお客様の「メンタルグリップ」を如何に握るかによって、そのカウンセリングの効果を感じています。

カウンセリングマインドをしっかりと持つことが出来ればお客様の悩みや不安をより深く聴くことができるようになります。つまり信頼を創造し、気持ちを通わすことができるかどうかに、カウンセリングマインドは大きく関わっています。

そして、職場での例に挙げましたが、このカウンセリングマインドの実践はカウンセリングの現場だけではなく、教育などの分野においても非常に重要なキーワードとなります。

教育のテーマについては、学校でのお悩み欄で取り上げれればと思います。

これからカウンセラーを目指す方へ

これまで心理カウンセラーと言えば臨床心理士がその資格のトップに位置づけられていたように感じます。

もちろんその理由は、指定大学院を修了しないと受験資格を得れないなどのハードルがあったため、その資格は一定の価値を担保していたように思います。

2018年に公認心理師が誕生

ただ、いよいよ日本での心理カウンセラーの初の国家資格である「公認心理師」が誕生します。いま心理カウンセラーを目指す、若い人たちは迷わず国家資格である公認心理師を目指すことになると思います。そして、公認心理師の資格が取れることを各大学もアピールし、学生集めなどをしています。

ただ、この「資格ありき」の職業選択をすべきだということを伝えたいわけではありません。

ご存知の人もいらっしゃるかもしれませんが、この公認心理師という資格は名称を独占するものであって業務を独占するものではありません。つまり、資格として名前は成立しますが、資格自体が心理カウンセラーと同義というわけでなはいのです。

つまり、資格を取ったことが仕事に直結するわけではないということです。

それでもやはり国家資格であり、お客様に与える安心感という意味では一定以上の価値を持っていることも事実でしょう。そういった意味では資格取得を考えることもカウンセラーを目指す第1歩と考えていいでしょう。ただ、現場では資格以上に仕事としてのスキルが求められます。そこは忘れないでください。

大切なのは資格だけじゃない!心理カウンセラーとしての資質が大切

カウンセラーを目指す上で、大切にすべきことは資格を取ることではありません。事実、国家資格が成立する前から、多くの人が心理カウンセラーとして存在しています。

資格に価値があるのではなく、まさに心理カウンセラー一人一人が持つ「カウンセリングマインド」に価値があるのです。あなたは資格は持っているけれど否定ばかりする心理カウンセラーと、資格は持っていないけれど安心と信頼を感じれる心理カウンセラー、どちらを選ぶでしょうか。

カウンセリングマインドの考え方は資格以上に大切な心理カウンセラーとして必要となる資質です。資質を持ち合わせていない資格保有者にならないためにも、カウンセラーを目指す人は、先ずはカウンセリングにおける「安心感」や「信頼感」がどれだけ大きな役割を果たすかを熟考してもらえればと思います。

もちろん私たちウェルビーココロ研究チームもカウンセリングをサービスに位置づけることが可能となるよう、カウンセリングマインドを徹底することで一人でも多くのお客様に安心や信頼を提供できるよう、日々研鑽しなければならないと考えています。

まとめ

こちらの記事では、カウンセリングマインドについて解説をしてきました。

カウンセラーの仕事は悩みを聴く仕事、助言をする仕事ではありますが、何よりも「人」と「人」との繋がりを作ることが仕事の本質にあります。

安心感や信頼感を構築していくのが極めて重要となります。観葉植物の成長のようにコツコツと。

カウンセリングを受けられる人が、安心して気軽にカウンセリングを受けて欲しいと思います。

  • LINEで送る