カウンセリング

カウンセリングマインドはカウンセラーへの第1歩

  • LINEで送る

あなたがカウンセラーを目指す上で大切にしているモノは何ですか?

先ずは資格を取るということを目標にしている人も多いでしょう。でも、資格があったとしてもクライアントに安心を与えり、クライアントからの信頼を勝ち取ることが出来なければ社会に貢献するカウンセラーになることはできません。

ここでは、これからカウンセラーを目指す人たちに向けたカウンセリングマインドの重要性について解説しています。

カウンセラーを目指す人は、普段からカウンセリングマインドを心掛けるようにしましょう。

これからカウンセラーを目指す人へ

これまで心理カウンセラーと言えば臨床心理士が心理系の資格のトップに位置づけられていたように感じます。

もちろんその理由は、指定大学院を修了しないと受験資格を得れないなどのハードルがあったため、その資格は一定の価値を担保していたのでしょう。

2018年に公認心理師が誕生

ただ、いよいよ日本での心理カウンセラーの初の国家資格である「公認心理師」が誕生します。

いま心理カウンセラーを目指す若い人たちは迷わず国家資格である公認心理師を目指すことになると思います。そして、公認心理師の資格が取れることを各大学もアピールし、学生集めなどをしていますね。

ただ、「資格ありき」の職業選択をすべきではありません。

カウンセリングマインドはカウンセラーの第1歩である

公認心理師という資格は名称を独占するものであって業務を独占するものではありません。つまり、資格自体が心理カウンセラーと同義というわけでなはいのです。

つまり、資格を取ったことがそのまま仕事に直結するわけではないということを覚えていてください。

公認心理師資格はクライアントに与える「安心感」という意味では価値を持っています。そういった意味では資格取得を考えることはカウンセラーを目指す上ではもちろん大切です。

ただ、国家資格を持つことよって何にプラスがあるのかを考えてみましょう。国家資格である公認心理師を持っていることでの最大の利点はクライアントに「安心感」を与えることであるということを忘れないでおきましょう。

そして、カウンセリングの現場では資格以上に間違いなく仕事としてのスキルが求められることも忘れずに勉強に励みましょう。

大切なのは資格よりカウンセリングマインド!心理カウンセラーとしての資質が大切

カウンセラーを目指す上で、大切にすべきことは資格を取ることではありません。

事実、国家資格が成立する前から、多くの人が心理カウンセラーとして働いています。

資格に価値があるのではなく、心理カウンセラー一人一人が持つ「カウンセリングマインド」に価値があります。

あなたは、

  • 資格は持っているけれど否定ばかりする心理カウンセラー
  • 資格は持っていないけれど安心と信頼を感じれる心理カウンセラー

どちらを選ぶでしょうか?

カウンセリングマインドの考え方は資格以上に大切な心理カウンセラーとして必要となる資質です。

カウンセラーの資質を持ち合わせていない資格保有者にならないためにも、カウンセラーを目指す人は、先ずはカウンセリングにおける「安心感」や「信頼感」がどれだけ大きな役割を果たすかを考えるようにしましょう。

まとめ

こちらの記事では、カウンセリングマインドについて解説をしてきました。

カウンセラーの仕事は悩みを聴く仕事、助言をする仕事ではありますが、何よりも「人」と「人」との繋がりを作ることが仕事の本質にあります。

資格はあくまでもオプションです。大切なことはクライアントのために安心を与えることです。

カウンセリングは簡単な仕事ではありませんが、今後の社会ではますます大切な仕事になっていくことでしょう。

一人でも多くの人がカウンセリングマインドを持ち、実践できるようになればと良いですね。

  • LINEで送る