カウンセリング

カウンセリングとは?臨床心理士に相談する意味

  • LINEで送る
カウンセリング

この記事を目にしているあなたはカウンセリングを受けようかと検討しているのではないでしょうか?

カウンセリングについて下記のようにまとめておりますが、カウンセリングはココロののメンテナンスとして考えて頂くのが一番良いと思います。

もちろん、ココロの病気かもと感じている人以外にも、カウンセリング領域に関する知識として読んで頂ければと思います。

カウンセリングとは?

そもそもカウンセリングとは何でしょう?

日本では「カウンセリングは心が病んでいる人が受けるもの」という認識が一般的になっています。

精神疾患であるうつ病やパニック障害、不眠症や社会不安障害などのココロの病における初期症状を感じた時などに利用してみようかなと思う人が多いようです。

国別で考えると、アメリカでは、カウンセリングは一般に浸透しており、映画の一場面でも夫婦喧嘩が起きると「セラピーを受けに行こう!」というようなフレーズがよく飛び交います。

でもアメリカなどに比べると、日本ではカウンセリングが身近なモノではないですね。

カウンセリングに対する考え方

では、なぜ日本ではカウンセリングが浸透しないのでしょうか?

そこには2つの課題があるでしょう。

文化的な背景

「我慢を美徳とする日本特有の文化的な構造」はカウンセリングが浸透しない原因の一つと言えるでしょう。日本では、昔から我慢することが美徳であるというような文化があります。

また、他の要因としてはカウンセリングにおける保険適用の問題もあるとされています。

保険適用外の社会システム

例えば、アメリカでは、基本すべてのカウンセリングに保険が適用されますが、日本ではカウンセリングは保険適用外がほとんどとなります。

もし日本でも保険適用となれば、現状のカウンセリングの相場を考えた場合、1時間1000円や2000円で受けることができるようになります。

料金とカウンセリングの敷居について

一人で悩み、一人で考え込んでも、なかなか答えは見つからないものです。

カウンセリングに保険が適用されればお手頃にお気軽にカウンセリングを受けることができるようになり、日本でも自然とカウンセリングの敷居は下がってくるのではないでしょうか。

カウンセリングに抵抗を感じる日本人の特徴

特に日本人の特有の性格として、

・まじめで几帳面
・対人不安が強い
・自己評価が高くない
・悲観的である
・自尊感情が高い

といった性格の人も多いため、心の病を発症する人も多いでしょう。心の病への予防も考えると、日本でもカウンセリングが保険適用になればと思う人も多いでしょう。

カウンセラーの地位

ただ、アメリカは日本とは大きく異なり、心理資格についてカウンセラーの地位が確立されています。

日本でもようやく公認心理師資格が成立し、心理職初の国家資格が誕生しました。

これまでは、すべての心理資格は民間団体の資格であったこともカウンセリングが浸透しない大きな原因になっていたでしょう。

カウンセリングを行う臨床心理士という資格

国家資格である公認心理師法の誕生までは、心理カウンセラーといえば臨床心理士というイメージする人もいるでしょう。事実、メディア等に専門家として出演される方の多くは大学の教授か臨床心理士です。

でも、臨床心理士も残念ながら民間の資格です。さらに、臨床心理士はまさにその名の通り、臨床に詳しい心理士を指し、臨床心理とは精神疾患やうつ病をテーマに学んだカウンセラーの民間資格と解釈できます。

臨床心理士の先生たちの得意分野は精神疾患やうつ病といった症状の方々になるため、カウンセリングを受けに来るお客さんたちも「心の病」を感じている人が多い傾向になってしまいます。

臨床心理士でも先生によって異なる

心を扱う臨床心理士の先生たちのなかでも幅広く勉強されている先生たちもいるため、得意な分野は先生によって、それぞれに微妙に異なるかもしれません。

また最近では、精神保健福祉士や社会保険労務士の先生もメンタルヘルスの分野に力を入れている実情もあり、臨床心理士だけではなく、多くの職種の人がカウンセリングを行っていることもあるでしょう。

ただ、現在の日本では「臨床心理士」資格がカウンセリングにおいては最も信憑性が高い資格だという認識で間違いはないでしょう。

公認心理師、国家資格が2018年以降に誕生

今後は公認心理師という心理初の国家資格が誕生するため、カウンセリングを行う先生たちが公認心理師ということも増えてくるでしょう。

カウンセリングの在り方も国家資格の誕生とともに大きく変わるかもしれません。

そして、国家資格である公認心理師の誕生とともに、今後の心理カウンセリングの在り方がどのように変化するのかに注目している人も多いでしょう。

カウンセリングを受ける意味

カウンセリングを受ける意味は、悩みを打ち明けることによるココロの整理であると考えていいでしょうか。

誰かに打ち明けると心は楽になる

精神疾患やうつ病を患っている人の多くは心療内科や精神科での受診をしています。それでも民間のカウンセリングが心療内科や精神科と並列して存在している、その存在価値はまさに「悩み」の相談にあるのでしょう。

家族でも友達でも、何でも話すことができる人がいる人はその人たちに頼ることが出来ればカウンセリングは不要なのかもしれません。ただ、全ての人に悩みを相談できる家族や友人がいるわけではないのです。

だからこそカウンセラーの存在は貴重であり、大切だと感じる人がいるのでしょう。

カウンセリングの必要性

現在の日本社会は核家族化が進んだことによる家制度の崩壊や地方の空き家問題など、「人」と「人」とのかかわりが極めて希薄になってきています。

そうなると、当然のようにコミュニティにも変化が起こり、相談できる相手の存在は減少してしまうでしょう。

時代の変化とともに求められるカウンセリング

また、ITの躍進で豊かになった情報社会により、身近な人に話しをしなくても検索サイトで多くの情報はキャッチできる時代になっています。だからこそ、人と話しをすること自体を不得意とする人たちも多くなってきているのでしょう。

そんな時代だからこそ、カウンセリングは社会にとって必要になっていくでしょう。

まとめ

相性のいいカウンセラーを探すためにも、先ずは無料のカウンセリングを設けている機関でのカウンセリングをオススメします。

記事の冒頭にも記載しましたが、外国と日本ではカウンセリングに対する考え方が異なります。

日本では、非常に特異な場所になっていますが、カウンセリングをあくまでも心のメンテナンスだと考えましょう。

人は誰もがストレスを感じます。ストレスは抱えることを防ぐだけではなく、ストレスを上手くコントロールする方法を身につけることは非常に大切です。

したがって、もし悩みや不安でココロが苦しくなったときは、一人で抱え込むのでなく、まわりの人や無料カウンセリングなどを利用して人に話すようにしましょう。

カウンセリングを受けると言っても誰に相談すれば良いの?と不安を抱えている人は、ご相談にお答えするカウンセリングサービスの選び方をご覧下さい。

  • LINEで送る