カウンセリング

カウンセリングとは?臨床心理士に相談する意味

  • LINEで送る
カウンセリング

この記事を読もうとしてくれている人は、カウンセリングを受けようかと検討されている人や、カウンセリングについて知りたい人だと思います。

カウンセリングについて下記のようにまとめておりますが、カウンセリングはココロののメンテナンスとして考えて頂くのが一番良いと思います。

もちろん、ココロの病気かも!?と感じている人以外にも、カウンセリング領域に関する知識として読んで頂ければと思います。

カウンセリングとは?

そもそもカウンセリングとは何でしょう?

国別で考えると、アメリカでは、カウンセリングは一般に浸透しており、映画の一場面でも夫婦喧嘩が起きると「セラピーを受けに行こう!」というようなフレーズがよく飛び交います。

一方、日本では「カウンセリングは心が病んでいる人が受けるもの」という認識が一般的になっています。精神疾患であるうつ病やパニック障害、不眠症や社会不安障害などのココロの病における初期症状を感じた時に、初めて利用してみようかな、と思う人が多いです。

カウンセリングに対する考え方

そこには「我慢を美徳とする日本特有の文化的な構造」も原因の一つに含まれているとも考えられますが、他の要因としてあげられるものにはカウンセリングにおける保険適用の問題もあるとされています。アメリカでは、基本すべてのカウンセリングに保険が適用されますが、日本ではカウンセリングは保険適用外がほとんどとなります。もし日本でも保険適用となれば、現状のカウンセリングの相場を考えた場合、1時間1000円や2000円で受けることができるようになります。

一人で悩み、一人で考え込んでも、なかなか答えは見つからないものです。そのような環境で、カウンセリングに保険が適用されればお手頃にお気軽に、カウンセリングを受けることができるようになり、日本でも自然とカウンセリングの敷居は下がってくるのではないでしょうか。

カウンセリングに抵抗を感じる日本人の特徴

特に日本人の特有の性格として、

・まじめで几帳面
・対人不安が強い
・自己評価が高くない
・悲観的である
・自尊感情が高い

などの性格の方も多いため、ココロの病を発症する人も多いと思います。ココロの病への予防も考えると、日本でもカウンセリングが保険適用になればと思う人も多いと思います。

ただ、アメリカは日本とは大きく異なり、心理資格についても、カウンセラーの地位が確立されていいます。

日本でも現在は、2018年に公認心理師資格の第1回目の試験が控えていることもありますが、少なくとも2017年までは、すべての心理資格は民間団体の資格であることも、カウンセリングが浸透しない大きな原因になっているのではないでしょうか。

また、カウンセリングに関する男性と女性の違いに関しては、カウンセリングを受ける男性と女性の特徴をご覧下さい。

カウンセリングを行う臨床心理士という資格

国家資格である公認心理師法の施行までは、つまり現在のところは、「心理カウンセラーといえば臨床心理士」をイメージされる人も多いでしょう。

事実、メディア等に専門家として出演される方の多くは大学の教授か臨床心理士です。ただ、臨床心理士も残念ながら民間の資格です。さらに、臨床心理士はまさにその名の通り、臨床に詳しい心理士を指し、臨床心理とは精神疾患やうつ病をテーマに学んだ先生たちの民間資格と言えます。そうなると、やはり臨床心理士の先生たちの得意分野は精神疾患やうつ病といった症状の方々になるため、カウンセリングを受けに来るお客さんたちも「心の病」を感じている人が多い傾向になります。

臨床心理士でも先生によって異なる

ただ、目に見えないココロを扱う臨床心理士の先生たちのなかでも幅広く勉強されている先生たちもいるため、得意な分野は先生によって、それぞれに微妙に異なるかもしれません。

最近では、精神保健福祉士や社会保険労務士の先生方もメンタルヘルスの分野に力を入れている実情もあり、臨床心理士だけではなく、多くの人がカウンセリングを行っているように思います。

とは言っても、現在の日本では「臨床心理士資格」がカウンセリングの資格のなかで最も信憑性が高い資格だという認識で間違いはないでしょう。

公認心理師、国家資格が2018年以降に誕生

但し、今後は公認心理師という国家資格が誕生するため、カウンセリングを行う先生たちが公認心理師ということも多くなるのではないでしょうか。

臨床心理士の先生たちもおそらくほとんどの先生は公認心理師資格試験を受けると思うので、カウンセリングの在り方も国家資格の誕生とともに大きく変わるかもしれませんね。国家資格である公認心理師の誕生とともに、今後の心理カウンセリングの在り方がどのように変化するのか、その変化に注目ですね。

カウンセリングを受ける意味

現在は、どんな先生にカウンセリングを受けるにせよ、カウンセリングを受ける意味は、悩みを打ち明けることによるココロの整理であると考えていいのではないでしょうか。

事実、精神疾患やうつ病を患っている人の多くは心療内科や精神科での受診をしています。それでも民間のカウンセリングが心療内科や精神科と並列して存在している、その存在価値はまさに「悩み」の相談にあるんだと思います。家族でも友達でも、ココロの底から話すことができる人がいる人はその人たちに頼ることが出来ればカウンセリングはもしかしたらカウンセリングは不要なのかもしれません。

ただ、全ての人に悩みを相談できる家族や友人がいるわけではないのです。だからこそ、カウンセラーの存在は大切なモノでもあります。

カウンセリングの必要性

現在の日本社会は核家族化が進んだことによる、家制度の崩壊や地方の空き家問題など、人と人とのかかわりが極めて希薄になる一方です。そうなると、当然のようにコミュニティにも変化が起こり、相談できる相手の存在は減少してしまうでしょう。

また、ITの躍進で豊かになった情報社会により、身近な人に話しをしなくても検索サイトで多くの情報はキャッチできる時代になっています。だからこそ、人と話しをすること自体を不得意とする人たちも多くなってきているのでしょう。そんな時代だからこそ、私たちはカウンセリングに一定の意味合いがあり、同時にカウンセリングは社会にとってもっと必要な、価値ある意味を提供していくことが出来るのではと考えています。

カウンセリングの無料相談ご案内

先ほども、述べましたが、現在の日本では臨床心理士の先生が最も信頼のある資格とされています。

でも、皆さんが普段目にするポップな心理テストや「これであなたも変われる!10個の心理の法則」などというフレーズは臨床心理の領域とは異なります。心理に何となく興味があるな~と感じられる方はどちらかといえば、社会心理学に興味を持っている人が多いのです。

それは、すなわち臨床心理士の先生が絶対的な存在ではないということを意味しています。コミュニケーションがうまくなりたいと考えている人であれば、臨床心理士の先生よりも社会心理を専門にしている先生の方がいいかもしれません。

ただ、どのような先生でどのような領域を得意としているのかは、会ってみないとわからない、というのが事実でしょう。

だからこそ、先ずは無料のカウンセリングでカウンセラーの先生がどのような人なのか、確かめれるところをお勧めします。私たちウェルビー・ココロ研究チームでは初回無料カウンセリングを実施しています。もし、カウンセリングに興味がある人がいたら、気軽にお問い合わせください。

予約フォームはこちらから

予約は問合せフォームよりご予約頂けます。

サービス名 ウェルビー・カウンセリング
場所 大阪市北区
料金 初回無料。2回目以降 3,000円/20分~

他の人や団体を誹謗中傷する内容ではありません医療機関(医師、保健師など)に相談する内容ではありません

まとめ

相性のいいカウンセラーを探すためにも、先ずは無料のカウンセリングを受けることをオススメします。

記事の冒頭にも記載しましたが、外国と日本ではカウンセリングに対する考え方が異なります。

日本では、非常に特異な場所になっていますが、私たちはカウンセリングをあくまでも心のメンテナンスだと考えています。

人は誰もがストレスを感じます。ストレスは抱えることを防ぐだけではなく、ストレスを上手くコントロールする方法を身につけることは非常に大切です。

したがって、もし悩みや不安でココロが苦しくなったときは、一人で抱え込むのでなく、まわりの人や無料カウンセリングなどを利用して人に話すようにしましょう。

 

カウンセリングを受けると言っても誰に相談すれば良いの?と不安を抱えている人は、ご相談にお答えするカウンセリングサービスの選び方をご覧下さい。

  • LINEで送る