カウンセリング

心療内科でのカウンセリングとは

  • LINEで送る
心療内科 カウンセリング

ここのところ「ココロ」に関する医療関連の看板を目にすることが増えてきたように感じませんか?

例えば「心療内科」、内科にくっつくような形で目にすることがあります。あるいは精神科やメンタルクリニックという看板もよく目にするようになりましたね。

あるいは広告などでは心理カウンセリングという言葉を見かけることも、一昔前に比べると非常に多くなったように感じます。でも、「この心療内科と精神科の違いって何だろう?」「心療内科とカウンセリングの違いって何だろう?」と疑問をお持ちになったことはないでしょうか?

この心療内科と精神科の違い、あるいはメンタルクリニックは何?この領域の分類は少しややこしく感じる方もいると思います。

そして、それらの違いを、気になった人はもう調べた経験があるかも知れませんね。ご存知の人もいるかと思いますが、例えば「心療内科と精神科の違い」この違いは何なのでしょうか?もう調べて既に知っている人もいるかもしれませんが、ここでは「心療内科」と「カウンセリング」について記載しています。

心療内科とは

心療内科とは、まさに病院の事です。心療内科で病院ではない、ということはまず間違いなくないと思います。

つまり、心療内科とは病院のことであり、医師免許を持った人が「診察にあたる」病院のことを指します。厚生労働省のホームページでは、心療内科とは、次のように定義されています。

心療内科での治療は心身症が対象

『「心療内科」は心理的な要因で身体の症状(胃潰瘍、気管支ぜんそくなど)が現れる、いわゆる「心身症」を主な対象としています。

しかし、「心療内科」と看板に書いてあっても、実際にはこころの病気を診ている医療機関がたくさんあります。ただし、こころの病気を全て診るわけではなく、軽い「うつ病」や「神経症性障害」など一部のこころの病気しか診ないところもあります。』

※ちなみに、精神科とは、という欄には次のような記載があります。

『「精神科」、「神経科」、「精神神経科」は同じものです。どれかが書いてある場合や、併記してある場合は、「うつ病」「統合失調症」「神経症性障害」などのこころの病気を診ている、精神科の医療機関と考えて間違いありません。』

そして、厚生労働のページの末尾には、分からない場合は、

『看板に書かれている診療科目名がばらばらなのは、「精神科」と書かれていると受診するのに抵抗を感じる方が多いためです。最近は、上記以外にも「メンタルヘルス科」などが使われていることもあります。看板だけから判断しにくい場合は、直接に電話して、どんな病気を診ているのか確かめるか、インターネット等で予め調べることをお勧めします。また、各地の精神科病院協会や精神神経科診療所協会のホームページに、協会に加入している医療機関リストが掲載されている場合があります。 』

と記載されています。

心療内科では、内科と同様の診察も行う

つまり、その解釈は少し難しいかも知れませんが、心療内科とは、単純に、強いストレスなどによって誘発された「体」の不調を診療するのが心療内科だと言えますね。名前にも「内科」とあることから、一般的な内科と同様の診察を行いますが、ストレスによってあくまでも「体」に出た異変である頭痛やめまいなどを診察します。

加えて、頭痛やめまいの原因となっている強い精神的なトレスに対応するために、心理カウンセリングなど行い、ココロのケアを行うのが心療内科となりますね。

そのため、そのスタイルは精神科と類似しているように感じますが、心療内科はあくまでも、頭痛やめまいなどの「体」の異変を診ると同時に心理カウンセリングなどを適宜行ってもらう病院であるという解釈で概ね間違いではないと思います。精神科との違いと言えば精神科医は専門医であることからも、ココロの病気自体を取り扱うのは精神科であるという解釈で概ね間違いではないと思います。

では、心療内科ではどのようなスタイルが一般的かと言えば、投薬療法および心理療法の2パターンが存在するかと思います。この心理療法のことを「(心理)カウンセリング)」と呼ぶため、心療内科や精神科、カウンセリングが混在してしまうのでしょう。ただ、事実、病院内で受けるカウンセリングも私設の相談室等で行う心理療法としてのカウンセリングもカウンセリングと呼びます。それゆえ、ややこしくなるのかなと思うのですが。

いずれにせよ心療内科とは、患者の様子に応じて、投薬治療によりおお困りの症状を抑えるとともに、心理療法(カウンセリング)によって、ストレスやストレスなどによって生じた症状に対応することも行う、病院である、という解釈が一般的だと思います。

カウンセリングとは

カウンセリングという言葉を聞いて皆さんはどのようなイメージをもたれますか?

一般的には、カウンセリングと聞けば心理カウンセリングという治療のイメージを持つ人も多いです。事実、私たちも心理カウンセリングをしています、というような伝え方をすると、上で出てきたようなメンタルクリニックの印象を持たれる方もいます。ただし、私たちは医師ではないので、説明に苦労することもあります。

カウンセリングの3つの概念

実際に、カウンセリングには、グループカウンセリング、開発的カウンセリング、行動カウンセリング、折衷的カウンセリング、マイクロカウンセリング、学校カウンセリングなど心理だけでも多くの「カウンセリング」というワードがあります。では、カウンセリングとは、何を指しているのでしょうか?それは、カウンセリングという言葉には、3つの代表的な概念があるのです。

①適応上の問題を理解し、解決することができるように、他の人がその援助につとめるというような関係

②自分一人では拮抗できない問題で悩まされている個人と、訓練と経験によって他人に個人的障害の解決が可能となるよう援助できる資格を備えた専門家との間の1対1の関係において生起する過程

③二人の人の間の社会的な忠告という極みから強い長期の心理学的処置という他の極まで広がる。相談の機能は、来談者が自分のあるがままの姿を理解し、受容し、この自己覚知に照らし、自己の可能性の実現の援助を目指す。この際必要ならば、彼らの態度や見方や行動を改めたり修正したりすることも行われる

(有斐閣 心理学辞典を参照)

つまりカウンセリングとは、「パーソナリティの再構築への援助」に焦点が置かれているモノだととされています。つまり、治療がその役割となり、これが心理療法や精神療法と事実上同義となることから、心理カウンセリング=心療内科の治療という成り立ちが出来上がっていったのではないでしょうか?

心療内科でのカウンセリングとは?

心療内科におけるカウンセリングとは、まさに心理療法を活用した患者の援助となります。

そして、その心理カウンセリングの役割を果たしているのは、そのほとんどが医師ではなく、臨床心理士という資格の人が行っています。

そして、この臨床心理士の先生は心療内科や精神科のメンタルクリニックだけではなく、私設の相談室等を開設している先生もいます。そのことがますます「心理業界」を分かりづらいものとしてしまっているのですが。

そもそも臨床心理士の先生が医師と決定的に異なる点、それは臨床心理士が国家資格ではないことです。

ただ、それでも病院の採用情報には資格として、「要・臨床心理士」と記載しているところがほとんどなのです。難しですね。

つまり、心療内科で行っているカウンセリングも一般の私設の相談室で行っているカウンセリングも、そのカウンセリングを実施しているカウンセラーが保有している資格は同じであり、多くの場合「臨床心理士」となります。そのため、心療内科でのカウンセリングでも私設のカウンセリングでも概ねカウンセリング内容に大きな「差」はないと思います。ただし、決定的な違いがあるとすれば、心療内科でのカウンセリングは医師の指導のもとにカウンセラーが実施することです。転じて言えば私設のカウンセリングルームに臨床心理士がいたとしても、病院の医師の指導の下で行っているわけではないのです。

話しが右にいったり、、、左にいったり、、、。

少し分かりづらい、表記になってしまいましたが、要は心療内科でのカウンセリングとは、医師の指導のもとで(そのほとんどが)臨床心理士によって行われる心理カウンセリングである、ということです・そして、そのカウンセリングとは適宜、投薬治療も交えながら、心理療法として行われているカウンセリングだということになります。

(補足)臨床心理士とは?

心療内科のカウンセリングにおいても、私設のカウンセリングにおいてもたびたび登場するこの「臨床心理士」という資格(言葉)。皆さんが心理カウンセラーいなりたい、と思った時、取るべき資格のランキングはTOP1の資格です。

日本では、心理資格=臨床心理士というイメージも十分に浸透していると思います。

ただし、臨床心理士とは何度かご紹介していますが、国家資格ではありません。それでも、病院で勤務するうえでは必要とされる資格であり、国家資格と同等の価値を持っている資格なのでしょう。ただ、その流れも新たにスタートする心理初の国家資格である「公認心理師」の誕生とともに大きく変化することになるでしょう。私たちにも、どれだけの変化が起こるのか、予測は仕切れませんが、おそらく臨床心理士という言葉から公認心理師という資格がメジャーとなり、心理資格=公認心理師、という流れが出来てくることになるのでしょう。

ただ、皆さんがカウンセリングを受ける際には、カウンセラーの先生が国家資格である公認心理師を持っていようが、民間資格である臨床心理士を持っていても、大きな違いはありません。相性の良い先生であれば心理カウンセリングの確かな成果は感じられると思います。

先ずは、「相性」を第一に心理カウンセリングに行かれるといいのではないでしょうか?

まとめ

こちらの記事では、心療内科のカウンセリングについてまとめさせて頂きました。

心療内科を受診するときは、体調不良でも検査の結果で特に異常が無かった場合などに心療内科の受診をすすめられた経験をお持ちの方もおられるのではないでしょうか?

実際に、心療内科でのカウンセリングは医師が行わず臨床心理士が行っているケースが多いです。心療内科は病院ですから投薬なども行い、そしてカウンセリングも行う、これを聞くと「治療」というイメージを持つ方も多いと思いますが、その治療が必要となるケースもあるでしょう。

ウェルビーでは、「治療」と位置づけるカウンセリングではなく、心のマッサージ、心のケアとしてカウンセリングを気軽にご利用頂けるサービスでありたいと考えています。

もし、ストレスによる体調不良かもしれない!?と不安をお持ちの方、まずはご相談頂ければと思います。

  • LINEで送る