カウンセリング

カウンセリングの方法や種類について知ろう

  • LINEで送る
カウンセリング方法種類

ここでは、カウンセリングの方法や種類について見ていきましょう。

カウンセリングと聞いてイメージする場所や空間、あるいは先生像などはおよそ同じだろうな~と思います。そして、そのイメージは空間や先生像に留まらず、カウンセリングの方法についても多くの人はイメージできるでしょう。カウンセリングの方法に対するイメージとは「話しを聞いてもらう」というようなニュアンスだと思います。

日本における代表的なカウンセリングの方法は、「話しを聞いてもらう」ことでズバリ正解なのですが、少しだけ掘り下げて、カウンセリングの方法についての理解を深めましょう。実際に心理カウンセリングを受けに行くときや、もしかすると友達や知人から相談を受けた時に役立つかもしれません。

カウンセリングの方法とは?

一般的に日本における代表的なカウンセリングと言えば、ロジャーズの「来談者中心療法」を指すことが多いですね。お客様でありクライアントの感じている不安や悩みについて、①傾聴し、その悩みや不安を②共感的に理解しながら、③受容することで、お客様の悩みや不安を払拭したり解決するといった最もポピュラーな方法です。この来談者中心療法という方法の基本的な考え方には、お客様であるクライアント自身が本来持っている、能動的な側面が人には備わっているという考え方を前提にしています。

この来談者中心療法の特徴には、能動的な側面を押し出していくこと、つまりお客様の持つ「自己実現への潜在的な能力を尊重する」ことが挙げられます。要するに、本来は「人は皆、前向きなんだ!」ということでしょうね。この最もポピュラーな来談者中心療法では、カウンセラー側が特に気を付けなければならないことは次の3つだと言われています。

この3つで、カウンセラーとのおよその相性は見えてきます。来談者中心療法では、この3つの捉え方やリズムがずれていると、この先生とは合わないな~と感じるんだと思います。その3点とは、「傾聴」「共感的理解」「無条件の積極的関心」となります。それぞれについて少し説明します。

カウンセリングとは「傾聴」、話しを聞くこと

カウンセリングと言えば、先ずは「話しを聞いてもらう」という印象ですね。心理カウンセラーとお客様という2人の人間が“心理的な接触”を持っていることはパーソナリティの変容、すなわち治療に向けては不可欠となります。そのために何より大切なことは、クライアントの考え方や思考を否定することなく聴く「傾聴」という行為です。クライアントの多くは「自己概念と自分自身の経験」が不一致な状態になっています。自己概念と自分自身の経験が不一致を起こしているとき、人は非常に傷つきやすく不安定な状態になります。クライアントが傷つきやすく不安定な状態であるからこそ、カウンセリングのスタートでは、カウンセラー側は傾聴に尽力しなければならないのです。この傾聴を介した“心理的な接触”を通じて、クライアントのココロが楽になると同時に、良き理解者になることからカウンセラーとクライアントの関係性はスタートするのです。

カウンセリングとは「共感的理解」、気持ちを理解すること

次に心理カウンセラーの先生は、クライアントの傷つきやすい気持ちや不安定な気持ちに対して、「共感的理解」を示します。この「共感的理解」を示すことにより、クライアントの「内的照合枠(この人は信用できるのか!?というフィルターのようなモノ)」の変化を促し、自己概念と経験の一致を生じるよう、カウンセラーの先生が働きかけを許可してもらえる、働きかけが可能になるといったことです。

かみ砕いて説明すると、クライアントが「カウンセラーの先生は自分と同じような感覚を持ってくれている人なんだ!自分と同じように感じてくれている人なんだ!それなら自分自身も安心してもいいんだ!」という感情を、共感的理解を通して引っ張り出している、ということです。

例えば、うつ病などの悩みを抱えている人はまわりの人にその辛さを分かってもらえないことが多いです。その時に、自分のことは「誰も分かってくれない。。。」といった強い孤独感に襲われます。そして、理解を得れないならまだしも、「うつ病になるなんて甘えている」「怠けてるせいだ」と言われてしまうことで孤独感に加えて、閉塞感なども感じるようになります。

そんな時に共感的に自分の気持ちを理解してくれる人がいるとなると、それだけでクライアントのココロは安心感を取り戻すことが出来るのです。「共感的理解」を介した“心理的な接触”もカウンセラーとクライアントが関係性を築く上で大切な要因になります。

カウンセリングとは「無条件の積極的関心」、受け止めること

「傾聴」や「共感的理解」を通じて、クライアントは自分自身の悩みや不安を「伝えても良い」という判断をすることで初めて、皆さんがイメージするカウンセリングの形が始まることになるのです。

つまり、カウンセリングに入る前のプレカウンセリングで、フィルターを通過できるかどうかがかかっているわけです。だからこそ、初回の無料カウンセリングというものには大きな意味があるわけです。

そして、いよいよカウンセリングが始まると、実際に聴くクライアントの不安や悩みに対しては、カウンセラーは当然のことながら指示や命令を決してすることはないでしょう。そして、関心を示し続けることでクライアントの気持ちを受け止めることに注力します。そこでようやく、孤独感や閉塞感は払拭され、やがては「安心」に変わるのです。こういった関係性を丁寧に築いていくことはとても大切なことなのです。

これらが全て揃うことによって、はじめて治療的なパーソナリティの変容が可能な来談者中心療法はスタートしていきます。

 

文章を読み進めるとカウンセリングも奥が深いな~と思ってもらえましたか?単に話しを聴くという工程にもルールや条件があるんですね。

心理カウンセリング(心理療法)の方法について

ここまで記載をしてきた日本では一般的な来談者中心療法ですが、心理カウンセリングの方法はもちろん来談者中心療法だけではありません。認知療法や行動療法、それらを掛け合わせた認知行動療法、あるいは催眠療法などを取り入れることでより効果的なカウンセリングになっていきます。ここでは代表的なモノをいくつかご紹介します。

行動療法とは?

行動療法とは、学習によって不適応行動を消去し、その不適応行動に替わる行動を新たに形成するように働きかけを行うことが治療の目的になります。ただし、「治療を受ける人が観察可能であること」や「治療の評価は行動の変容を基準にすること」などがポイントではないでしょうか。そして、この行動療法の中に、

・系統的脱感作法

・フラッディング法

・トークン・エコノミー法

などがあります。行動療法から問題の解決を考えれると感じる人は、ぜひ私たちウェルビー・ココロ研究チームにお問い合わせください。

認知行動療法とは?

うつ病には、一般的には薬物療法が効果を持っているとされますね。ただし、この認知行動療法はうつ病にも効果があるとされる、副作用のない心理療法として、注目されていますね。認知行動療法とは、人がモノ・ヒトを「認知」し「行動」を決定するという過程で発生する「認知の歪み」を治そうということになります。すなわち認知過程=物事の捉え方を変える療法だと考えてもらえたら分かり易いのではないでしょうか。例えば、何か嫌味を言われた時に、その嫌味を聞いて怒る人もいれば気にしない人もいます。与えられた刺激が同じだったとしても、人それぞれ捉え方は異なります。嫌味を言った人にアプローチすする人もいると思いますが、否定的な感情が出る、この捉え方にアプローチするのが認知行動療法ということですね。認知行動療法についてはネット上にあるいは書籍としても多くの情報がありますので調べてみてもいいでしょう。そして、この認知行動療法には、

・ABC(DE)理論

・論理情動療法

・自動思考

などの理論やキーワードがあります。認知行動療法から問題の解決を考えれると感じる人は、ぜひ私たちウェルビー・ココロ研究チームにお問い合わせください。

交流分析とは?

交流分析はTAと呼ばれるもので、Transactional Analysisの略称になります。これは、自分自身のコミュニケーションのパターンを分析して、そのパターンを変える心理療法ですね。自分自身のコミュニケーションを分析することで、真のコミュニケーションを取ることを目指すモノです。 そして、この交流分析には、自我状態という言葉をキーワードに、

・構造分析

・交流パターン分析

・ゲーム分析

・脚本分析

などがあげられます。ただし、この交流分析については、「互いに反応し合っている人々の間で行われるコミュニケーションを分析すること」といった定義がされているので注意が必要になりますね。

まとめ

カウンセリングの方法には、最もポピュラーな来談者中心療法というものがあります。そして、カウンセリングは単に話しを聞いているのではなく、理論だって話しを聴いている、ということが少しでも伝わりましたでしょうか。

いまカウンセリングを様々な方法でされている先生たちも多くの時間を費やし、時にトライ&エラーを繰り返しながら、一人でも多くの人のココロを良好な状態に持っていこうと務めていることでしょう。

皆さんが考えるカウンセリングのイメージより、実際のカウンセリングは「意外に奥が深いんだな~」と感じてもらえるような情報を記載出来ていたら何よりです。

  • LINEで送る