カウンセリング

心理カウンセリングの意味とは?どんな効果があるのか?

  • LINEで送る
カウンセリング 意味

カウンセリングって意味があるの?

この問いに対しては、心理カウンセリングに通う人たちの目的が明確であればあるほどに「心理カウンセリングには意味がある」という回答になります。

「困ったな~」「悩んでるな~」と思った時に、心理カウンセリングというところは「行ってみる」価値があります。

1年中、何の悩みもなくを過ごしている人はいないでしょう。

悩みを持っている人が一度、心理カウンセリングに行ってみようと思えるよう、心理かカウンセリングの意味について解説していきたいと思います。

カウンセリングの意味を「効果」から考えてみよう!

友人のAさんが「マッサージに行く」と言っていたら、その目的はカラダの疲れをほぐすことだと分かりますね。

一方で、友人のBさんが「カウンセリングに行く」と言っていたら、その目的よりもBさんのことがまず心配になります。

人は悩みがあって普通ですが、心理カウンセリングに行くほどに悩んでいるとココロの病を想像してしまうものです。

ウェルビー先生
あなたの友人がカウンセリングを受けていると聞いたらどう思いますか?
Aさん
とても心配になってしまいます。
ウェルビー先生
そうです、心理カウンセリングは“気持ちの極端に弱っている人が行く”などの誤解を招くことがあるんです!

つまり、心理カウンセリングに通っていることが周囲の人に与える影響は好ましいものではありません。

日本には昔から「忍耐」、耐え忍ぶという文化があります。つまり、「我慢を美徳にする」文化があります。

その文化的な背景もあって心理カウンセリングに通っていることへの「過剰な反応」が周囲に起きてしまい勝ちです。

そして、この過剰な反応があるためにカウンセリングに行く人も「カウンセリングに行く」とは言いづらいでしょう。

でも、心理カウンセリングに行くことで得れる効果がきちんと理解されれば、周囲の誤解などもなくなるでしょう。

心理カウンセリングの効果とは「悩みを整理し、自己解決ができるようサポートすること」

「人」には悩みがつきものですが、一人で悩み・考えても、その悩みを簡単には解決できないものです。

むしろ、一人で悩みや不安について考え始めると、どんどん悪い方向に考え込んでしまうというようなこともよくあります。

そして、その悩みや不安を抱く時間や期間が長くなるにつれて、不安は増大し、ひどい時はパーソナリティ障害につながることもあります。

もちろん悩みを「自己解決」できる人たちもいます。でも、悩みを「自己解決」できない人たちもいます。

心理カウンセリングとは、

ウェルビー先生
一人ではどうすることもできない悩みや気持ちを整理するサポートをし、自己解決に導く役割だと言えますね!

心理カウンセリングの効果とは「一時的なストレスの発散ができること」

人には、話しをすることでストレスを浄化するカタルシスという機能があります。

カタルシスとは、

話しをすることでココロを浄化することができる機能

です。

イライラする出来事があった時に人は人に話しをするだけで、そのストレスを緩和することが出来るのです。

とてもシンプルなストレスの発散の仕方であり、ほとんどの人は経験があるはずです。

友人・知人がいる人たちは、周囲の人たちに話しをしてストレスを発散します。

でも周囲に話しができる人がいない場合は、心理カウンセリングという施設を活用してストレスを発散するわけです。

ウェルビー先生
“愚痴る”ことでストレスを発散できる場所でもあります!

心理カウンセリングの効果は他にもある

また、カウンセリングに通っている人のなかには明確な目的意識を持っている人たちがいます。

それは、

  • 自分のネガティブな思考を止めたい
  • イライラしやすい性格を直したい
  • (職場や家庭の)人間関係を良くしたい

などです。

こういった明確な目的があればあるほどに、カウンセリングにも明確な効果があるわけです。

つまり、

ウェルビー先生
「目的」が存在すれば「意味」を感じることができる!

ということです。

まとめ

心理カウンセリングという言葉が持つ誤解などもあって、心理カウンセリングに懐疑的な人も多いでしょう。

最後に、シンプルに、かみ砕いて考えてみようと思います。

話しをすることでストレスを発散できる花子さんが、話しをしたくて、カウンセリングを受けたとします。

ウェルビー先生
花子さんにとってカウンセリングは意味があると思いますか?
Aさん
意味があると思います!

ほとんどの人は「意味がある」と回答するはずです。

「クライアントの求めている目的に心理カウンセリングが合致していること」

で初めて、「カウンセリングに意味や効果がある」ということになります。

悩みなく毎日を過ごしている人はいないでしょう。

「目的」と「心理カウンセリングでの効果」が合致すれば、心理カウンセリングは意味のある役割を果たしてくれます。

  • LINEで送る