カウンセリング

カウンセリングに大切な傾聴の3条件

  • LINEで送る

皆さんは「傾聴」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

カウンセリングを少しでも学んだことがある人は、必ずと言っていいほど、聞いたことがあるであろう、この「傾聴」という言葉。

 

傾聴とは、カウンセリングにおいてとても大切なことですが、この傾聴と言う言葉だけが先走っているような印象も受けます。

ここではカウンセリングにおける傾聴について詳しく説明します。

カウンセラー(セラピスト)に求められる傾聴の3条件

この傾聴という言葉は日本で最もポピュラーな来談者中心療法でよく耳にしますが、傾聴=技法ではありません。

 

余談になりますが、日本における「漢字」というのが良く出来ているもので、

「心」を「亡」くすと書いて忙しい。

「辛」い時に、あと一つ我慢出来れば「幸」せに変わる。

「耳」「+」「目」と「心」で「聴」くと書いて“聴く”になりますね。

傾聴の「聴」という漢字には奥深さを感じますが、この来談者中心療法を提唱したロジャーズさんは日本人ではないですね。

 

さて、話しを戻して。

カウンセラーに求められる態度であるとされる次の3つが「傾聴」の条件であるとロジャーズは提唱しています。

カウンセラーの傾聴①:Empatic understanding / 共感的理解

カウンセラーはクライアントの考え方や思考に対して「共感的理解」を示す必要性がある、と提唱されています。

ロジャーズは欲求階層説を唱えたマズローと同じ学派になります。それは人間性心理学という学派です。

第一の心理学が行動療法、

第二の心理学が精神療法、

そして第三の勢力であるこの人間性心理学は、

「人間は良い方向に向かって進む主体である」

という大前提があります。

その大前提でもある自己実現や実現傾向を持っていて初めて、カウンセラーがクライアントに共感的理解を示すことで、内的照合枠の変化を促すことができるというモノです。

つまり、共感的理解を示すことで初めてカウンセラーはクライアントの援助が出来るようになるのです。

カウンセラーの傾聴②:unconditional positive regard /  無条件の肯定的関心

この「無条件の肯定的関心」も、第三勢力である人間性心理学を基盤にしています。

カウンセラーは常に、クライアントへの関心を持ち続けるという姿勢です。

来談者中心療法の特徴はカウンセラーとクライアントが平等であるとともに、クライアントの持つ自己実現への潜在的な能力を尊重することにあります。

つまり、無条件の積極的関心を示すことで初めてセカウンセラーはクライアントの援助が出来るようになるのです。

カウンセラーの傾聴③:genuiness /(自己と経験が一致している)純粋性

この純粋性では、セラピスト自身の経験と自己概念が一致していることが求められます。

不適応を起こしている人は経験と自己概念が不一致を起こしているという考えのもと、セラピストは自己概念と経験が一致している必要があります。

つまり、カウンセラーの自己概念と経験が一致していて初めてカウンセラーはクライアントの援助が出来るのです。

※なお、ここでは論文に準えて「カウンセラー」を「セラピスト」と表記しています。

カウンセラーに大切な傾聴、治療的パーソナリティ変容のための6つの基本条件

上で記載した3つの条件はカウンセラーにのみ求められる態度や姿勢でしたが、ここではその3つも含んだクライアントの態度が「変容」するための6つの基本的な条件を見ていきましょう。

6つのカウンセラーの傾聴の基本的な条件

①カウンセラーとクライアント、2人の人間が心理的接触を持っていること

②クライアントは不一致の状態にあり、傷つきやすい、あるいは不安な状態にあること

③カウンセラーは、クライアントとの関係のなかでは一致しており、統合されていること

④カウンセラーはクライアントに対して無条件の肯定的な関心を経験していること

⑤カウンセラーはクライアントの内的枠組みについて共感的理解を示していて、この経験をクライアントに伝達しようと務めていること

⑥カウンセラーは共感的理解と無条件の肯定的理解をクライアントに伝えることが、最低限に達成されていること

この6つが揃っていることで治療が成立するということです。

カウンセラーの傾聴の基本条件のフィードバック

「なるほど!」この6つが成立していることで来談者中心療法は成立するのか~。

「ん?」この6つが成立していることで治療が出来る?

カウンセラーではない人が、ここまで記事を読み進めてくれている場合は、多くの人が「ん?」となっているかもしれません。

 

でも、それで「OK」です。

 

カウンセリングの技法は心理カウンセラーが理解していたら問題ありません。

ただ、カウンセリングの技法というモノが「論理立っている」ということをカウンセラーではない人には理解してもらえたらと思います。

カウンセラーの傾聴は日本でメジャーな来談者中心療法と深く関係

日本で最もポピュラーな「来談者中心療法」というカウンセリングの技法はきちんとした理論が提唱されている、ということをカウンセリングが身近ではない人たちに理解をしてもらえれば、カウンセラーのことを少しは信頼できるようになりませんか?

傾聴と言っても、「ただ、話しを聞いてお金をとっている」と誤った解釈をされないためにも、理論だっていることを記載しました。

カウンセラーの傾聴、来談者中心療法ではクライアントの可能性を信じている

補足になりますが、この来談者中心療法のスタイルでカウンセリングを行っている場合、カウンセラーは何よりクライアントであるお客様のポジティブな側面に、その治療の可能性を感じているということを覚えておいてもらいたいです。

いま思い悩んでいて、苦しいと感じていたとしても、人には自己実現に向かう気持ちがあります。

カウンセリングを通じて、心理的負債を解消することで、再び“自然発生的に”高まるモチベーションを形成出来れば理想です。

カウンセラーの傾聴、人間性心理学は「人」を信じている

傾聴、それがただ聴くことだけの技法を指しているのではなく、

「人間は良い方向に向かって進む主体である」

ということが前提にある、ということを覚えておいてください。

 

人間性心理学では、まさに人は自己実現に向かう主体であって、その旅の途中に自分自身が思い描いている道とは異なる経験に誘われた時に、

(一時的に)不適応になってしまうものなのだ、ということを覚えておいてください。

 

まとめ

カウンセリングにおける傾聴が持つ力は、クライアントであるお客様の力を引き出すためのモノです。

いまカウンセリングに通っている人で、来談者中心療法を行っている人は、カウンセラーの先生はあなたの「可能性」をきっと信じています。

 

あなたのココロが良好な状態になると信じて、カウンセラーの先生はあなたと関わっています。

自己実現に向かう気持ちを持てる人が一人でも増えることを願うばかりです。

 

  • LINEで送る