カウンセリング

カウンセリングの相性を探る!方法や理論の3分類とは?

  • LINEで送る

日本で行われている心理カウンセリングのなかで最もメジャーな療法をあなたはご存知でしょうか?

それはクライアント中心療法(来談者中心療法)という心理療法です。

参考記事:カウンセリングに大切な傾聴の3条件

クライアント中心療法は日本において最もポピュラーですが、他にも複数の心理療法が存在しています。

ここではあなたが受けている心理療法について、あるいはこれから受けようと考えている心理療法について、

  1. 「いつに焦点を当てているのか」
  2. 「カウンセラーの関与の度合い」
  3. 「治療の目的」

といった3つの観点からカウンセリングにおける技法である心理療法について分類してみました。

 

日本では、多くの人が受けている心理療法であるクライアント中心療法はどのような位置づけになっているでしょうか?

ここでは心理療法の(詳細は記載せずに)分類を記しています。理論や方法の分類からカウンセリングの相性を考える際の参考にしてもらえればと思います。

1. いつに焦点を当てているか?

「過去」に焦点を当てている

  • 精神分析
  • 内観療法

この過去に焦点を当てた心理療法としては、精神分析や内観療法がメジャーであると思います。特に内観療法では、「していただいたこと」「して返したこと」「迷惑をかけたこと」といった過去の内容に焦点を絞った療法となります。まさに、過去に焦点を当てている療法というわけですね。

「現在」に焦点をあてている

  • 行動療法
  • クライアント中心療法
  • 認知療法
  • 交流分析

メジャーであるクライアント中心療法は現在に焦点を当てた療法になります。クライアント中心療法では「人」を信じている人間性心理学がその基盤となります。

2. カウンセラーの関与が深いか浅いか?

関与が「深い」療法

  • 精神分析
  • 行動療法
  • 認知療法
  • 論理療法
  • 家族療法

関与が深い代表的な心理療法のなかに家族療法がありますが、これは家族という全体へのアプローチが含まれることもあり、関与が深くないと機能しないのでしょう。

関与が「浅い」療法

  • クライアント中心療法
  • 遊戯療法
  • 箱庭療法
  • 森田療法
  • 内観療法

日本でメジャーであるクライアント中心療法ですが、クライアントとセラピストの関与の度合いは低い、というカテゴライズがされています。つまり、あなたがいまカウンセリングを受けて、カウンセラーの先生にと関わっていると思いますが、心理療法全体から見てみると関りは浅いというカテゴリーになります。少し不思議に感じるかもしれませんが、心理療法のなかではもっと深くクライアントとカウンセラーが関わる療法が存在しているということになります。

3. 治療の目的はどこにあるのか?

パーソナリティの変容

  • 精神分析
  • クライアント中心療法
  • 内観療法

このカテゴライズでは、クライアント中心療法はパーソナリティの変容に治療の目的があるとされています。クライアント中心療法では、「人間は良い生に向かって進む主体である」という考え方が基本にあるため、自己実現や実現傾向に着目したパーソナリティの変容を意識しているということになります。

現在の症状の改善

  • 行動療法
  • 家族療法
  • 交流分析

現在の症状の改善に該当する家族療法では家族にアプローチすることで家族関係の改善を目指すこともあり、分かりやすいカテゴリーに位置づけされています。

その他の観点からの分類として

「いつに焦点を当てているのか」「カウンセラーの関与の度合い」「治療の目的」といった分類以外にも、時間が短いのか長いのか、重視する側面は個人「間」なのか個人「内」なのか、治療対象はグループなのか子どもなのか等、その分類には様々な観点を持つことが可能となります。

ただ、カウンセリングを受ける人がその分類を当然覚える必要はありません。ただ、カウンセリングを受けている人やカウンセリングをこれから受けようとする人で、その心理療法がクライアント中心療法である場合には、クライアント中心療法がどのようなカテゴリーに位置づけられているかを簡単にでも理解しておくことで、カウンセリングの効果に違いがでるかもしれません。

まとめ

カウンセリングには多くの理論や方法が存在します。そのなかでメジャーであるクライアント中心療法は、

  • 現在に焦点を当てている
  • カウンセラーの関与の度合いは浅い
  • パーソナリティの変容に焦点を当てている

というカテゴリーに位置づけられることを紹介させてもらいました。

 

クライアントが心理療法の技術や方法などの詳細を知る必要はないと思いますが、カウンセラー選びにおいて大切になる「相性」を探る上では、「いま受けている」あるいは「いまから受ける予定である」心理療法がどのようなカテゴリーに分類されているのかを知っていて損はないでしょう。

例えば、パーソナリティの変容を求めていない人がクライアント中心療法を受けると「違和感」を感じることにつながりかねないです。

理論を全て理解してカウンセラーを選ぶことは難しいと思いますが、最低限の事前情報としてカテゴリーの分類を簡単にでも知っておくことは、カウンセリングの「相性」を探る上では大切になるでしょう。

3つの観点からの分類を理解してもらい、相性の良いカウンセラーを選ぶ上での参考になればと思います。

  • LINEで送る