カウンセリング

心理カウンセラー、資格の難易度ランキングTOP5

  • LINEで送る
カウンセリング資格

心理カウンセラーとはどの様な仕事なのでしょうか?

カウンセラーの資格取得の難易度はどの程度なのでしょうか?

カウンセラーは、人の悩みなどを聞いて人のケアをする事によって役に立つことができる仕事ですので、目指されている方も多いのではないでしょうか。カウンセラーに相談に来る人は、何らかの悩みを抱えています。中には心の病気の症状を持っている方もおられるでしょう。そんな方々の心のケアをしてカウンセリングをする事によって楽にすることができれば、すごくやりがいのある仕事だと感じる方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、カウンセラーになる為の資格取得の難易度について解説をしていきたいと思います。

心理カウンセラーの仕事とは

心理カウンセラーになりたい!という人がまわりには一人二人はいませんでしたか?

この心理カウンセラーという仕事は一体どういうものなのでしょうか。

そもそも「心理学」と耳にしたとき皆さんが先ず考えることは人の心が読めてしまう、考えてることが分かってしまう、というような「超能力的」なイメージをお持ちの方も少なくありません。でも心理カウンセラーは決して超能力者ではありません。

心理カウンセラーは人の悩みを聴く仕事

心理カウンセラーとは、すごく単純に言葉に表すと人のお悩みは相談を聞く、のではなく「人のお悩みを“聴く”仕事」という定義ができるのではないでしょうか。文字通り、「耳」で聞き、「目」を見て、「心」を寄り添わせて聴くお仕事となります。

そして、カウンセラーになろうと思っている方々は、そのほとんどが普段、まわりの人や友達から相談を持ちかけられることが多かったり、相談を受けることが多い人たちです。まわりの人たちや友達、相談を受けることが多くなってきているうちに、「これを仕事にしたいな~」と思うようになってきます。あるいは全く逆で自分自身が、悩み考え込みやすかったり、否定的な経験をして深く思い悩んだ経験がある人が目指したりします。その心理カウンセラーの仕事に就くためにはどのような勉強がいるのが、あるいはどのような資格がいるのか等、ここでご紹介します。

代表的な心理カウンセラー資格2選

心理カウンセラー資格には、現在多くの資格がありますがそれらはすべて民間の団体が発行している資格になります。

最も代表的な資格であり、メジャーな資格はこれまで臨床心理士とされてきました。臨床心理士資格とは、「心理学の知識や技法をベースとして、心理的に不適応な状態にある人を援助する心理療法・心理相談に携わる専門家である。」とされています。歴史の浅い資格になりますが、1988年に当時の文部省の認可を受けた財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格として「臨床心理士」が誕生し、現在は3万人を超える臨床心理士がそれぞれのフィールドで活躍されています。

臨床心理士資格がカウンセラーになった理由

そして、この臨床心理士がなぜ心理カウンセラーの代表的な資格になったかというと、大学院での修士号を取得することを前提にした資格であることにその理由があると言われています。そういった意味では、これまでは心理カウンセラーになりたい人たちには、臨床心理士を取った方がいい、と言われてきました。ただ、その流れは、平成27年9月9日に議員立法により成立し、9月16日に公布され、平成29年9月25日に施行された公認心理法により大きく変化しました。

臨床心理士資格を保有した方のカウンセリングは、カウンセリングとは?臨床心理士に相談する意味にまとめています。是非ご覧ください。

公認心理師資格が誕生する

これまで代表とされてきた臨床心理士資格ではなく、公認心理師資格が国家資格として誕生することになったのです。

ただし、この公認心理師という資格は、少し奇妙?なことに「業務」を独占する資格として位置づけられるのではなく、あくまで「名称」を独占する資格だそうです。つまり、これから心理カウンセラーを目指す人たちは、公認心理師資格の取得に向かうとともに、臨床心理士資格や産業カウンセラー等の他の民間の団体が認定する資格等を保持しながら、心理カウンセラーとして仕事をすることになるでしょうか。

例えば産業カウンセラーと合わせて公認心理師を持っている人は仕事や職場関係に強い心理カウンセラーとして、学校心理士と合わせて公認心理師を持っている人は学校関係に強い心理カウンセラーとして活躍することになるでしょう。

カウンセラー資格取得の条件と難易度ランキング

先にも記載した通り、心理カウンセラーの資格は民間団体の資格を含めると数多く存在するので、難易度ランキングは非常に難しいですが、私たちなりの見解を記載します。あくまでも一つの目安として、参考にしてもらえればと思います。

難易度ランキング第1位:公認心理師

これは心理カウンセラーの日本初の国家資格であり、第1回の試験が2018年の9月となるため、いまだ保有している人はゼロ名ですが、国家資格であり、当然難易度がもっとも高くないと困りますね。公認心理師は基本、「心理学関係の大学」+「大学院修了」が必要となってしまうため、いま現在、社会人として働いている方がこの資格を取得するためには費用も時間も相当な負担があり、そういった意味から見ても難易度が高いと判断できると思います。ただ、資格がスタートするのに第1回の受験者はいない?ということには当然なりません。受験資格には様々なルートがあり、それぞれAルートからGルートまであります。簡単に整理すると

Aルート:大学で「必要な科目」を修めて卒業 且つ 大学院で「必要な科目」を修了

Bルート:大学で「必要な科目」を修めて卒業 且つ 「特定の施設※」で「特定の期間以上※」「心理職の業務」に従事

Cルート:上記2つと同等以上の知識及び技能があると認定される

Dルート:施行前に大学院において省庁で定める科目を履修または履修中

Eルート:施行前に大学において省庁で定める科目を履修または履修中のちに施行後に大学院において省令で定める科目を履修

Fルート:施行前に大学において省庁で定める科目を履修または履修中のちに省令で定める期間の実務経験

Gルート:実務経験5年

だそうです。なんだか実務経験5年というところだけ、きわめて安易な印象を受けますね。働いた場所はどこでも良いのでしょうか?業務内容は何でも良いのか?など。具体的には文部科学省や厚生労働省で定める施設において、次のポイントを押さえての業務を5年以上行っていることが条件になります。

①文部科学省や厚生労働省で定める施設

②公認心理師の(1)から(3)の業務

いずれにせよ、公認心理師資格、スタート時点で資格保有者ゼロ名にはならないので、このGルートを経由して、現場で働く人たちに一定数の公認心理師が誕生することは間違いないでしょう。

難易度ランキング第2位:臨床心理士

現在、認知度・信頼度は第1位であろうとる類推でき、心理カウンセラーとして働こうと考えた人たちは、取得を考えたことがある資格でしょう。臨床心理士の認定を受けている人は、3万名を超えています。つまり公認心理師に比べると現在日本において非常に浸透している資格と言えるでしょう。ただし、この臨床心理士資格もハードルは高く、4年生大学卒業+指定大学院の修士取得が受験資格の基準となっています。実際の試験については筆記試験+口述面接となります。

難易度ランキング第3位:学校心理士

極めてマイナーな資格となりますが、大学院修了あるいは5年以上の実務経験が必要とされ、大学院修了者も少なくとも専門的実務経験が1年以上必要です。

ちなみにこの学校心理士という資格は、その名の通り学校現場にかかわる心理的側面の援助等が業務となるようですが、その特異性としては、子どもたちだけでなく教師や保護者へのコンサルテーションや心理支援を行うところにあるようです。現在はおよそ4000名が学校心理士として活動しているとされています。

難易度ランキング第4位:臨床発達心理士

こちらは、「社団法人臨床発達心理士認定機構」が発行する資格で、学校心理士と同様に、資格取得のために発達心理学に関する大学院を修了あるいは3年以上の臨床経験が必要となります。

難易度ランキング5位以降

認定心理士、産業館セラー、精神対話士、更には広義には厚生労働省の国家資格であるキャリアコンサルタント等も含まれると思いますが、これらの順位付けは非常に難しいですね。

心理カウンセラーの資格を取得した方の声

国家資格である公認心理師以外の民間団体の資格を取得した方々の現場を声をこちらにまとめたみました。

心理カウンセラーの資格を取得して仕事にやりがいを感じる

私は、以前に心の病の症状を感じたことがありました。その時に、誰に相談したらいいのか、どこに電話をすれば良いのかという不安や、そもそも自分が心の病なのか、という疑問などがあり誰にも相談ができない日がありました。その期間は私にとってすごく辛い時間でもありました。ただ、その時に感じた孤立感や孤独感、なんとも言えない気持ちを感じた私だからこそ、いま苦しんでいる人たちの役に立てるのではないかと思いました。

実際にいまカウンセラーとして働いていると、当時の自分が感じていたことや考えていたことがわかるからこそ、お客様の気持ちがわかり、お客様からも自然に信頼してもらうことができています。自分の経験が仕事に活用できていて、やりがいを感じることができています。

カウンセラーの資格を取得して人の役に立ちたい

私がカウンセラーの資格取得に挑戦しようと思ったのは、社会人になった2年目にうつ病と診断されたことがきっかけでした。

はじめは自分がうつになるなんて夢にも思っていませんでした、学生時代は、まわりの友達からも頼りにされることが多くリーダー的な存在でした。ただ、社会人になり状況が一変した、というか学生時代のイメージのまま社会人になってしまった自分自身の気持ちの整理が環境についていかず、気づけば同期よりも残業する時間も長く、仕事もこなせていませんでした。

そのようななかで、残業を重ねてるうち、朝起きることができず、気づけば遅刻が多くなり、やがては欠勤するようになってました。頑張らないといけない、という焦りはある一方で倦怠感がひどく、朝起きれないという矛盾を繰り返しているうち、何に対してもやる気がおこらなくなってしまいました。どうしようもなくなり、両親のすすめで心療内科に行ったのですが、そこで出会った心理カウンセラーの先生に、考え方や気持ちを整理してもらい、様々な気付きを得ることができました。

その経験から自分自身もカウンセラーとなり、一人で悩んだり苦しんだりしている人たちの役に立てればと思い、いまは資格取得に向けて勉強中です。

まとめ

これまでは民間団体のなかでも信頼も含めて、最も社会認知のあった臨床心理士ですが、国家資格である公認心理師の誕生により、心理の世界も大きく様変わりしていくでしょう。

ただ、この時代にだからこそ新たな心理カウンセラーの国家資格ができることを考えると、日本社会がますます多くの心理的課題(うつ病に代表される精神疾患)を抱えていくことを国家的に理解しているでしょうね。ますます増えるであろう「うつ病」の症状を感じる人たちや悩みを抱える人たちに、少しでも気持ちが楽になってもらえるようカウンセリングサービスが世の中に浸透すれば、ストレスを赤得ている人たちもうつ病の人たちも減少傾向になればいいですね。

カウンセリングを受けるかご検討されている方は、ご相談にお答えするカウンセリングサービスの選び方も是非ご覧下さい。

皆さん一人一人が、少しでも心が良好な状態でいれる、ウェルビーイングを目指しましょう。

  • LINEで送る