カウンセリング

無料カウンセリング窓口のウェルビー

  • LINEで送る
無料カウンセリング

人はストレスや悩みを抱えるもの。あなたは無料のカウンセリング窓口のサービスをご存知ですか?

カウンセリングというと抵抗がある方も多いのではないでしょうか。カウンセリングに対しては男性と女性でも考え方が異なり(カウンセリングを受ける男性と女性の特徴を参照下さい)、そして日本ではカウンセリングに大きな抵抗がお持ちの方も多いと言われています。

しかし、アメリカではカウンセリングというと心のメンテナンスという位置づけになっており、私たちウェルビーもその様に考えています。(カウンセリングとは?を参照)

ウェルビーでは一人でも多くの方の心の疲れを癒したい。そんな想いから無料カウンセリング窓口を設けております。

無料カウンセリングを受ける前に

「無料」だからカウンセリングを受けてみよう!そんな思いをお持ちの方。それは、、、大正解です!その理由は2つあります。

カウンセリングというと、全国どこでも受けることができるサービスでもあります。メンタルクリニックや心療内科、精神科などでもカウンセリングサービスを行っていますよね。担当するカウンセラーは臨床心理士や医師に至るまでさまざまです。

こちらでは、カウンセリングを受ける際に何故無料のカウンセリングを受けたほうが良いのかについて解説をしていきたいと思います。

カウンセリングで大切な相性

1つ目は、私たちがカウンセリングにおいて最も大切にしていること、それはカウンセラーとお客様との相性です。相性を確認する作業は、その人の経歴であったり、キャリアであったり、保有資格であったりと情報でのすり合わせはできますが、それ以上に大切にしていることは、カウンセラーとお客様とのコミュニケーションにおけるキャッチボールにあります。

もちろん、カウンセラーはお客様のお悩みをお伺いすることは絶対条件になるのですが、「この人だから話してみよう!」「この先生になら何でも話せるのでは?」と感じることはその場の「空気感」になります。先ずは、無料のカウンセリングおいてお客様自身がカウンセラーの先生の雰囲気を感じ取ってもらえればと考えています。

カウンセリングは「軽い気持ちでまず無料相談」が大切

2つ目は、無料なら行ってみよう、という「軽い気持ちで軽く相談する」というようにカウンセリングを身近なモノに感じてもらい、日本特有の奥ゆかしさを美徳にする文化からの脱却にあります。

ストレスをため込んで、ため込んで、最後に爆発してしまうことは、パンパンに空気の入った風船と同じようです。つまり爆発してしまえばその風船は使い物にならなくなってしまいます。人の心もそれと同じである、と捉えてもらえればと思います。一度、爆発してしまうと、もう元に戻すことはできません。ため込めることは「我慢強い」という側面から見ると評価に値しますが、その人がつぶれてしまったらどうしようもありません。

皆さんのココロが少しでも良好な状態で機能する=well-beingを保持できるよう、私たちはお手伝いができればと考えています。

ぜひ一度、足を運んでもらえればと思います。心の状態が良好であると、見える景色もきっと変わります。もっと皆さんが心の健康に敏感になればと願っています。

電話での無料カウンセリングご紹介

それでも、足を運ぶのは…と思ってしまう方もいると思います。その、足を運ぶことがストレスになってしまえば、それはまさに本末転倒です。そこで、そのストレスをフォローしてくれるサービスが電話でのカウンセリングとなります。

電話カウンセリングは無料!しかも自宅からできる

お電話でのカウンセリングの場合は、ご自宅にいながら、お話しをお伺いすることが可能となります。これも一昔前であれば、カウンセリングは対面が絶対であるという論も多くありましたが、ITを初めてとする、情報の技術躍進が凄まじい現在では、大手企業などでは会議をテレビ電話で行うことも珍しくありません。カウンセリングもまた時代のニーズに合わせてその形を変えていくことこそが、援助サービスに位置づけられるカウンセリングのあるべき姿であると私たちは考えております。

足を運ぶのはちょっと、、、でも人と話したい、、、そのような想いをお持ちの方は、ぜひ電話でのカウンセリングをご活用ください。

無料カウンセリングを受けるメリット

皆さんが、悩みを抱えたり不安を感じたりするときに、先ずは誰かに相談しますよね?

そうなんです。相談=友人や心を許した人に無料でする、これは社会の本来のあるべき姿なのかもしれません。

ただ、コミュニティ形成の希薄化にともなう人と人とのつながりが希薄化する現在、まわりに何でも相談するというような時代ではなくなってきていると私たちは考えています。でも、まだまだ軽い気持ちでカウンセリングを受けようと思う時代に来ていないのも事実です。ただ、私たちウェルビーココロ研究チームは時代のニーズを的確にとらえて、カウンセリングの在り方にイノベーションを起こしたいと考えています。

無料でのカウンセリングだからこその「気軽さ」をぜひご活用頂ければと思います。

無料カウンセリングを受けた方の声

ウェルビーでは電話またはメールでの無料カウンセリングを実施しております。

実際にウェルビーのカウンセラーにご相談頂いた内容を紹介させていただきます。毎日の生活の中で心の疲れはありませんか?心の悩みはありませんか?人は生活をしていく上でストレスは溜まるものです。一人で悩まず無料カウンセリングをご利用ください。

お酒を飲みたくないけどやめてなくて悩んでいる

お酒はアルコール中毒という言葉があって、それが頭に強く残るせいで「自分はアルコール中毒なんじゃないの?」と不安に思っていました。妻にもアルコール中毒では?と疑われることがあり、誰に相談したらいいのか分からずに困っていました。

そこで無料のカウンセリングを受けてみようと思い、無料のカウンセリングを受けてみました。

その結果、お酒の量をわずかですが減らすことができました。減らせた理由は、お酒を飲んでしまっている時とストレスの蓄積に関係があることを指摘してもらい、お酒を辞めることに強い意識を持つのではなくストレスを減らすことに意識を向けることができたからです。

試しに動いてみてよかった、と思っています。

人を信じたくない

私は社会人になってから、人を信じることが嫌になってしまいました。

学生時代は気さくに誰とでも話しをすることができ、誰とでも楽しく話せていました。職場での出来事を同僚に話したところ、その話しが当事者に気づけば伝わっていて、私自身の立場が悪くなるという経験をしました。そこから人を信じることが怖くなり、気づけば誰にでも心を閉ざしていました。

でも、そんな自分が好きになれず無料カウンセリングに行ったところ、対人関係の在り方を説明してもらい、どんなことを誰に話せばいいのか、など心理のお話を聞くことができ、今では「人」を一括りにせず、場面に分けてコミュニケーションを変えることができるようになりました。

仕事に行く前に吐き気が止まらない

上司に失敗を押し付けられたことで職場への拒否反応が強くなり、気づけば毎日仕事に行く前に、トイレに駆け込み、ひどい時は駅のトイレにも駆け込んでいました。そんな経験をしたことがなかったので、頭のなかが整理できずにどうすればいいのか分からなくなっていた時に無料でのカウンセリングを知り、行ってみようと思いました。いざ話してみると、なぜ自分が吐き気を感じていたのかが頭の中で整理でき、少しだけすっきりしました。

少しだけでもすっきりすることが大切なんです、と伝えてもらったことが何より安心につながりました。

ウェルビー無料カウンセリング予約

カウンセリングは完全予約制となっております。予約フォームよりご予約頂けます。

※メールでのカウンセリングは無料でご利用頂けます。お電話でのカウンセリングは、初回無料、2回目より有料となります。詳細は下記にてご確認ください。

サービス名 ウェルビー・カウンセリング
場所 大阪市北区
料金 初回無料。 2回目以降・3,000円/20分~

予約フォームはこちらから

他の人や団体を誹謗中傷する内容ではありません医療機関(医師、保健師など)に相談する内容ではありません

まとめ

無料のカウンセリングを利用するにあたって、「まずは」、「気軽に」という気持ちを持って受けて下さい。

毎日の生活の中で、ストレスを感じ不安を抱え、心がしんどくなる事は誰にでもあります。カウンセリングを受ける方もいれば、受けない方もおられます。

しかし、こちらの記事でもご紹介させていただいたとおり、友人や同僚の気が合う人になら相談する方も多いのではないでしょうか?それは、「相性」や「無料」ということも関係しているかもしれません。そして、誰に相談できない方もウェルビーにお気軽にご相談下さい。

私たちは、皆様の心のケアができるよう準備しておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

  • LINEで送る