カウンセリング

カウンセリングが無意味な人とそうでない人の違い

  • LINEで送る
カウンセリングの意味

カウンセリングって無意味なんじゃないの?本当に意味があるの?

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?また、実際にカウンセリングを受けてみて、効果があったと感じた方もおられれば、効果が全くなかったと感じた方もおられるのではないでしょうか。

何故、人によってカウンセリングの効果が異なるのでしょうか。こちらの記事では、カウンセリングが無意味だった方と効果があったと思った方の特徴などをまとめて解説していきます。

カウンセリングが無意味だと思う人の3つの特徴

心理カウンセリングを受けても無意味だと思う人の特徴、皆さんはどのようにお考えになるでしょうか?

この時点で意見は大きく分かれていると思います。過去に何らかのネガティブな情動が伴う強い経験をしたことがある方は、「心理学」に一度は興味を示したことがあるのではないでしょうか?

そういった人は心理カウンセリングの意味を理解しているではないかと思います。転じて、過去に強いネガティブな情動を伴う経験をしたことがある人でも、それを自分自身の力が考え方で乗り越えた方は、「心理カウンセリングって必要?」と思うかもしれません。つまり、心理カウンセリングを無意味だと思う人の特徴は、心理カウンセリングを受ける前に、その必要性を感じていない方だと思います。

実際に私たちも、企業のメンタルヘルスを請け負う仕事もしておりますが、企業に「行かされた人」でかつ「これ意味ある?」と思っている人へのカウンセリングは非常に苦戦しますね。“ななめから見てる”というような印象を受ける人に、どのようなアプローチをしても上手くいかないことがあります。

ここでは、カウンセリングが無意味な方の特徴を3つに分けてまとめてみました。

①心理カウンセリングに必要性を感じていない人

この特徴を持つ人は、そもそもカウンセリングに懐疑的な人たちです。疑いの目を持ってるという表現が正しいでしょうか。社会において明確なポジションを確立できていないカウンセリングに対して「意味あるの?」と思う人たちは一定数は存在します。このような人たちが会社などで無理矢理にカウンセリングに行かされた場合などは、カウンセリングの効果は極めて乏しくなってしまいます。

②過去に心理カウンセリングを受けて効果がなかった人

これはカウンセリングだけではなく、どのような職種でも共通しますが、過去に失敗経験があるとその印象が頭に強く残ってしまいます。そのため、否定的な感情が先行してしまいます。否定的な感情が先行してしまうと、先ずはその否定的な情報の削除から始めなくてはなりません。そうなると多くの時間と労力を、否定的感情の削除に活用してしまいます。

そして、この否定的な感情が消えない限りは、カウンセリングそのものが成立しなくなり、カウンセリングは無意味なモノになってしまいます。

③カウンセリングに期待しているものが症状の完治だという人

このケースは少数というわけではありません。そして、このケースは私たちもカウンセリングを行っていくうえで、日々考えております。

それは、カウンセリングというサービスが無形性である上に「即時効果」が出にくいという心理カウンセリングというサービスが持っている特有の要素が災いしてしまいます。病院などでも同じですが、2,3日様子を見てそれでも改善しないようなら再度お越しください、というような文言は良く聞きますよね。カウンセリングもまた大きな即時効果を持っているわけではないので、即時効果をイメージしているお客様がいらっしゃると「無意味だった」という回答を頂くことがあります。

 

といったモノが無意味な人の特徴になります。但し、心理カウンセリングが全く必要のない人というのは実はいないんだと思います。特徴という意味では、少し個人の特徴からは脱線しますが、、、「すぐそばに何でも話すことが出来る人」がいる人は心理カウンセリングを必要とはしないと私たちは考えています。つまり、私たちの目指すところは「すぐそばにいて何でも話すことが出来る存在」になることだと考えています。

カウンセリングを受けて良かったと思う人の3つの特徴

カウンセリングが無意味だと思う人に特徴があるように、カウンセリングを受けて良かったと思う人にも特徴があります。その特徴について、ここでは記載しています。

①信頼関係が気づけたと感じることが出来た人

皆さんはラ・ポールという言葉をご存知でしょうか。これは心理学では「信頼」を指しますが、カウンセリングを受けてよかったと感じるお客様の多くはこのラ・ポールという信頼関係が心理カウンセラーと築けたときだと考えて良いでしょう。人は人に、自分の内面を見せすぎることは決してありません。まさか、電車で隣に座った人に自分の仕事や年収、住所などをいきなり暴露したりする人はいないですよね。それは職場や学校でも同じように、相手のことを分からないのに、自分のすべてをどんどん伝えるということはないでしょう。

例えば、学生などであれば合宿や修学旅行という大きなイベントがあったときに初めて「だれだれ君のことが好きだ」といった具合に秘密を吐露するものです。

カウンセリングでは普段、人に言うこともなく、話しをすることもない内容の話しをすることになります。特に、日本人は自分の内面を見せすぎない性質を持っているなか、普段言えないことを言えた時に、ある程度の満足が伴うモノです。

つまり、信頼関係が構築されていることによってお客様も普段言えないような話しができるようになります。その普段言えない話しを出来てはじめて、カウンセリングを受けてよかったとなる人は多いでしょう。どれだけ守秘義務を守りますと伝えしようが、どれだけ何でも聞きますと伝えしようが、お客様がカウンセラーのことを信頼していなければ本当の満足には辿り着かないものです。そういった意味では、カウンセリングにおいて最も必要なことは信頼関係の構築にあるのではないでしょうか。そして、その信頼関係の構築には“相性”は切っても切り離せません。

②自分では気づけていなかった(性格や思考の)癖を教えてもらえたと感じることが出来た人

例えば、お客様が「職場での人間関係」で悩んでいる時、おそらく多くのカウンセラーはただただ職場での人間関係の悩みを聴くだけに留まることはないでしょう。

その職場での人間関係が出来上がるまでの過程はもちろんのこと、職場以外での人間関係の作り方、あるいは学生時代の人間関係の作り方など。これまでに所属した集団における立ち位置などを聴くことになるでしょう。過去の経験等の様々な話しをするなかに現在抱えている問題のヒントがあることもあり、その職場の人間関係に悩むに至った、その人がもつ思考や性格の癖にカウンセラーと一緒にお客様が気づけた時に、カウンセリングを受けてよかったと感じるでしょう。

このように自分一人では気づけなかったことを気づかせてもらえたと感じる人はカウンセリングを受けて良かったと思うでしょう。

③感性が理論に変わったと感じることが出来た人

カウンセリングを受けて良かったと思う人の特徴として、「感性」で感じていたことが「理論」になって自分のなかに落ちた瞬間だと思う人も多いかと思います。「感性」を「理論」に変換すること、つまりお客様自身が何となく感じていた感性が理論化された時に「スッキリ」するというような感覚を持つことになります。

同時に、理論化された感性は修正が可能となり、自分は何となくこういう人間だと思っていた「なんとなく」が解消されることでカウンセリングを受けて良かったと感じる人も多いでしょう。

カウンセリングでは体のシルエットを整えるのと同じようにココロのシルエットを整える作業をしているのでしょう。シルエットが明確になることはもやもやの解消にもつながり、カウンセリングを受けて良かったと思う感情が出てくるのでしょう。

カウンセリングは観葉植物の成長のようなもの

ココロの状態の変化は「観葉植物の成長」のようなものであり、カウンセリングはその植木に水あるいは栄養剤を注入しているようなものです。

観葉植物の成長、それは毎日見ていてもなかなか気づくことが出来ません。でも、ふとした瞬間に見てみると「あっ。育っている!」あるいは「あっ。枯れている。」となります。

人のココロの変化は観葉植物の成長以上に、目には見づらいモノです。目に見えないココロに目に見えないココロの栄養を注入するわけです。そうすると、なかなか即時効果は期待できないと考えれます。

ただ、症状や状態の改善を前提にカウンセリングを受ける人は多いでしょう。その前向きな気持ちがなければ心理カウンセリングを受けようとは思わないでしょう。ただ、全ての治療が必ずしもすぐに成果につながるという「即効性」は持っていないことを理解してカウンセリングにのぞむ必要もあることでしょう。

仮に、即時効果が出た場合、それは直ぐに元に戻る一過性の変化だと考えれます。カウンセリングを意味のあるものにするためにカウンセラーがお客様と一緒に症状の改善を目指すことが必要になるでしょう。

これからカウンセリングを受けられる方へ

カウンセリングを受けに来られる方に、一つだけお願いをしていいようなら、私たちは間違いなく「ワクワク」した気持ちでお越しください、とお伝えさせて頂きます。もちろん心理カウンセリングは学術的にも多くの論文が執筆されており、理論として存在していますが、お客様自身がお越しになるときに、少しでも楽しみを持ってきて頂きたいと考えております。

心理カウンセリングを占いと一緒にしないで欲しい、という心理カウンセラーの先生は多くいることでしょう。それは正しい考え方だと思います。ただ、人生に迷った時に、「占いでも行こうかな」という声は良く耳にしますし、その声は、活路を見出してもらえるのでは!?というどこか楽しみに感じている印象を受けます。

心理カウンセリングに対しての一般的な印象である、ココロの問題はどこか特別なものだという印象よりは占いのようなライトな入り口もあっていいのではないでしょうか。心理カウンセリングが少しでも身近なモノになって欲しいと願っています。

だからこそ、これからカウンセリングにお越しになるお客様にはワクワクした気持ちを持ってお越しになってもらいたいと考えています。

まとめ

こちらの記事でまとめさせていただきましたが、カウンセリングは人と人とがコミュニケーションをとりあう治療です。

機械的に行うことはできなければ、投薬するわけでもありません。だからこそ、カウンセリングを受ける時には気持ちの持ち方が大切であり、カウンセリングという特性を理解する必要もあり、それがカウンセラーとお客様との両者が認識して信頼関係を築くからこそ、カウンセリングが必要になるのではないでしょうか。

これからカウンセリングを受けられる方は、まずはカウンセラーにご自身の気持ちや思いをぶつけてみてください。そして、素の自分で話すことによって信頼関係を築き、カウンセリングを受けてよかったと心から言えるよう願っています。

  • LINEで送る