健康・美容

諦めてしまう人でもダイエット効果あり!習慣的に続く超簡単7選

  • LINEで送る

ダイエットをしたい気持ちはあるけど、私は意志が弱いから続けることができない。

ダイエットには何度も挑戦したけど、ずぼらな性格だから長続きしない。

そんな悩みを持っているあなたは、痩せないことがあなた自身の「意志の弱さ」や「性格のせい」だと考えていませんか?

それはNGです。

ダイエットをはじめて、意志の弱さや性格のせいだと内的要因のせいにしてしまう人も多いでしょう。

でも、そもそもそのダイエット方法が過酷だとしたら誰も続けることはできないでしょう。

ここではずぼらでも、意志が弱くても、性格的に無理だと思っている人でも続けることが出来る超簡単ダイエット方法を紹介します。

ダイエット成功の秘訣は、習慣的に簡単に続けれることをやり続けることなのですす。

1, 頑張り過ぎない

ダイエットトレーナー先生
ダイエットで大切なことは何ですか?

こんな質問が飛んできたらあなたは真っ先に「運動です」あるいは「食事制限です」、もしかすると「栄養を管理することです」と答えるかもしれません。

でも、それは間違いではないですが、正しいとも言えないでしょう。

ダイエットで大切なこと、それは効果が出るまで簡単に無理なく続けることができることを始めることです。

よし頑張ろう!はあまり好ましくない

ダイエットは意志が強く、決めたことを絶対にするよな性格の人は「運動」や「食事制限」を行ってもよいでしょう。

でもあなたはおそらく運動があまり好きではなかったり、甘いものが好きでしょう。

そんなあなたが運動や食事制限といった方法を選択すると、その方法や理論には効果がありますが、あなたには効果がありません。

まずは、頑張ろうと考えることなく続けれる簡単なことから始めるようにマインドをセットすることが大切になります。

2, 食事制限は原則しない

食事はあなたの人生を裕福にしてくれるものでしょう。

家族と食卓を囲んだり、恋人とデートで食事に行ったりと、あなたが幸福を感じた瞬間には食事がセットになっていたことも多いでしょう。

そんなあなたがダイエットのために食事を制限することは幸福を制限することと同じです。

ダイエットで幸せになるために不幸せを経験する必要はないでしょう。

食べる順番だけを意識する

簡単ダイエット法では食事を制限する必要はありません。

でも食事をとる順番だけを意識するマインドをセットしましょう。

例えば、サラダがあれば「サラダから食べる」ようにしましょう。

サラダから食べることで血糖値の上昇を防いでくれることでダイエットにつばがる痩せやすい体質に変化していきます。

食事制限ではなく食事の順番を変えてみるようにしましょう。これなら意志の弱い人でも無理なくダイエットを続けることが出来るでしょう。

3, 毎日やることに一工夫「鏡を見続けること」

あなたは出勤前、友人と食事に行く前、デートの前など、お出かけの際には必ず鏡を見て身なりを整えるでしょう。

化粧や身だしなみを整える際に、一度だけでも全身鏡に自分を映すようにしてみましょう。

全身を見るだけで意識は変わる

毎日自分の姿を鏡に映すことで、気になる部分に注意が強く向くようになり、ダイエットへの意欲が高まります。

毎日見る部分が「好ましくない」状態になっていると気づくだけでもダイエットには十分です。

日々見る鏡を強く意識するだけで「ダイエットしたい」「痩せたい」というモチベーションが高まるかもしれません。

義務的に「痩せなければ」と思うよりも欲求として「痩せたい」と思うことの方が、人は継続することができます。

日々鏡を見て、「痩せたい」という欲求を持てるようにしましょう。

4, 毎日やることに一工夫「朝の呼吸を深呼吸に」

朝起きたときに、もちろん寝ているときにもあなたは呼吸を続けています。

その呼吸を朝のわずかな時間だけ深呼吸に変えてみるだけでダイエットになります。

朝の深呼吸でカラダにスイッチを入れる

深呼吸では呼吸方法などに強くこだわると、ダイエットと同じように続かなくなってしまうものです。

続けることが何より効果的であることを考えると深呼吸も簡単にでも構いません。

ただ、息を吸うときに「綺麗になった自分を意識する」ことを行い、息を吐くときに「醜い自分を吐き出す」ことを行いましょう。

お部屋の喚起をするように、カラダのなかも一日に一回、朝に喚起をするようにするだけでダイエットには効果的に機能します。

5, 毎日やることに一工夫「寝る前に軽いエクササイズ」

過去にダイエットをしようと思い、ヨガを経験している人はヨガなどの簡単なエクササイズを行い、運動に興味がなかったような人は簡単なストレッチをするようにしましょう。

夜寝る前に軽い運動をすることで寝ている間に、その近辺の筋肉が活性化し、代謝をあげることによりダイエット効果があり、痩せやすいカラダになっていきます。

無理は運動はしなくてよい

寝る前はリラックスを促進する自律神経の副交感神経が働いています。

無理な運動をしてしまうと、自律神経が活性化し眠れなくなってしまうこともあります。

あくまでもあなた自身が負荷を感じないような楽なエクササイズを行うようにしましょう。

6, 毎日を記録する

記録することは簡単なようですが日々の記録ともなってしまえば大変な作業になります。

ダイエットにはレコーディングと言われる記録をつけるダイエット方法もありますが、それは根気のいる作業になってしまいます。

体重計は記録になる

そこでダイエットの記録にお勧めになるのが、メモリーのついた体重計です。

体重計に乗るだけで日々の体重を記録していってくれます。

ダイエットでは一日に一回でもダイエットを意識することが痩せたいマインドの継続につながります。

ダイエットのレコーディングという大それたモノではなく、体重計に乗るだけで記録を管理してもらいましょう。

7, あくまでも“基本”は歩いて移動する

ダイエットではランニングやウォーキングといった運動は効果的であることは明らかです。

でも、ダイエットで行うランニングやウォーキングというと運動という印象があるかと思います。

激しい運動では脂肪は燃焼しますが、それでは長続きはせず効果的とは言えません。

少しだけも歩こうの感覚でOK

のんびりと景色を見ながら歩くだけでも大丈夫です。

普段バスや電車に乗って移動していた場所を歩くことで見える景色が変わります。

そのときにあなたはダイエットをしてよかったということになるでしょう。

効果的に続けるためにも、ダイエットをやってよかったと思うことを増やすようにしましょう。

ダイエットに超簡単7選のまとめ

ダイエットトレーナー先生
ダイエットで大切なことは何ですか?

いまあなたに聞くと「続くことをやり続けること」だとお答えになるでしょう。

ダイエットでは何より続けることが大切になります。

どんな効果的な方法だったとしても続かなければダイエットは成功しません。

ダイエットを効果的に成功させる秘訣は「継続できることを行うこと」ですね。

  • LINEで送る