恋愛の悩み

彼氏に悩みを相談できない女子が急増!理由と対策を徹底解説

  • LINEで送る

「彼氏に自分の悩みを相談したいけれどもできない」という女子が急増しています。

強気で思ったことを言える女子も増える一方で思いを言葉にできない女子も急増しているのです。

大切な人で、誰よりもそばにいて、助けて欲しいと思うけど相談ができないとしたらそれは本当に辛いですよね。

彼氏に本当に辛いことや苦しいことを相談できないとしたら、その理由は一体何なのでしょうか?

ここでは、

  • 彼氏に悩みを相談できない理由とは?
  • 彼氏に悩みを相談できないときの対策
  • 恋愛に対する男子と女子の考え方の違いとは?

について記載しています。

あなたが彼氏ときちんと悩みや問題と向き合い、上手く付き合うための参考になれば何よりです。

彼氏に悩みを相談できない理由とは?

彼氏に悩みを相談できないとき、まずは「なぜ相談ができないのか?」その理由を知る必要があります。

悩みや相談をできない関係ではやがてはその恋は終わってしまうと思っても良いでしょう。なぜならあなたと彼氏の間にはやがて、

  • 結婚
  • 出産
  • 育児

といったライフイベントが待っているかも知れません。結婚や出産、育児では彼氏とともに判断しなければいけないことが山積みです。

例えば結婚一つにしても、両親の顔合わせや入籍日や挙式の日程、新居選びや家具選びなど、相談なくしては前に進まない問題があります。困ったときやつらいとき、一番そばにいる人に相談できないようでは先はないといっても過言ではありません。

ここでは彼氏に悩みを相談できない本当の理由、3つについて解説しています。

まずはあなたが「なぜ相談できないのか?」その理由を知ることから始めましょう。

彼氏に悩みを相談できない理由1, 彼氏に嫌われたくない

あなたがあなた自身の本当の思いや辛い思いを相談しようとしたとき、

  • 「こんな相談をしたら彼氏はどう思うんだろうか?」
  • 「こんな相談をしたら愛想をつかされるのでは?」

など。

相談がきっかけで彼氏に嫌われるんじゃないかと臆病になってしまう人もいるでしょう。

例えば相談内容があなたにとっては深刻なことであっても彼氏にとったら深刻ではないこともあるでしょう。あなたにとって深刻なことでも彼氏にとって深刻ではないことだとしたら、

  • 「そんなくだらないことで悩んでるの?」
  • 「そんなつまらないことで悩んでるの?」

と返答されたとき、あなたの不安が増幅してしまうかもしれません。そして、二人の関係が悪化してしまうかもしれません。

嫌われたくないという思いが根底にある場合、あなたは彼氏に本当の自分を出すことはできないでしょう。

彼氏に悩みを相談できない理由2, 彼氏への信頼がない

彼氏への信頼がない場合に、

  • 「彼氏に相談しても結局何も変わらない」

と諦めてしまっている人も少なくありません。

彼氏に信頼がない場合は、相談しても変化しない「あきらめ」のような気持ちが先走ってしまうものです。

思い切って相談してみても何も変わらなかったとき、あなたはきっと無気力感を覚えるでしょう。そして、この無気力感を数回感じてしまうと、もう「相談しても無駄だ」という結論にいきついてしまうのです。

心理学では「学習性無力感」といった言い方がされます。学習性無力感とは、

強制的・不可避的な不快経験やその繰り返しの結果、何をしても環境に対して影響を及ぼすことができないというネガティブな感覚が生じることにより、解決への試みが放棄され「あきらめ」があなたを支配する結果となる

引用:『心理学辞典(有斐閣)』

つまり、あなたがあきらめるようになってしまったのであれば、あきらめる気持ちに支配されるようになった根本的な理由があるはずです。彼氏にどのような相談をしたときに「この人に言っても無理かも」と思ったのでしょうか?

きっとそこからあなたの彼氏に対しての信頼は崩壊し始めたのでしょう。その出来事をもう一度思い返して彼氏への信頼感を再び持てるのかどうかを判断しなければなりません。

彼氏に悩みを相談できない理由3, パワーバランスがおかしい

どのような恋人同士の間でもおおむね恋人関係で共通しいていることは、

好きな気持ちが強い方が立場が弱い、劣勢の立場である

ということです。

これは嫌われたくない気持ちと重なる部分もありますが、好きと言う気持ちが強すぎるあまり、本当の自分を出せないという理由です。

彼氏を好きだという気持ちが強いことに問題はありません。問題は好きだから嫌われたくないと思っていることにあります。好きだから嫌われたくないという思いが強すぎるあまり、恋人関係のバランスを崩してしまいます。

そのパワーバランスの崩れが、あなたの思いを素直に言えない恋人関係を生じさせてしまっているのです。好きだという気持ちと嫌われたくないという気持ちはリンクしがちですが、必ずしもリンクするものではありません。

好きだという気持ちだけを大切にする必要があります。

彼氏に悩みを相談できないときの対策

一番そばにいる、誰よりも気持ちを分かって欲しい彼氏に本当のことを相談できないことは辛いことです。

そして、辛いばかりではなくこのさき、その彼氏とともに人生を歩んでいく上では多くの課題が山積しています。彼氏に相談できない理由を理解したあなたは、次に彼氏に悩みを相談できないときの対処方法を身に付けなくてはなりません。

ここでは、彼氏に悩みを相談できないあなたが悩みを相談できるようになるためのアドバイスを記載しています。

あなたが彼氏ときちんと相談し合える関係を構築できるようなヒントになれば何よりです。

相談をするときは感情的にならない

人はどうでもいいことやつまらないことに対しては何の抵抗も感じることなく素直な気持ちを言葉にできます。

でも、大切なことや思いが強いことに対しては、慎重になったり言葉を選ぶものです。そのときに発言する言葉と一緒に感情は湧き出てしまうことはよくあります。

特にずっと思い悩んでいたことや考えていたことを発言しようとすると言葉よりも先に感情が出てしまう、例えば涙が出てしまうというようなことも起きます。一般的には泣くほど苦しんでいた気持ちを受け止めてくれる場合が多いですが、彼氏の場合は必ずしもそうではありません。

  • 泣くほどつらいようなことは先に言って欲しかった

あるいは、

  • 泣いてるだけでは分からない

といっドライな態度や発言が返ってきてしまうことも珍しくありません。

もし、あなたが彼氏に思い悩んでいることや本当の悩みを彼氏にぶつけるときは絶対に感情的になってはいけません。あなたの正しい気持ちが伝わらなくなってしまったり、逆に彼氏の感情的な面が返ってきてしまうこともあります。

本当に相談をするときは、感情的にならないことは絶対的に大切であることを覚えておきましょう。

相談をする前に気持ちを整理しておく

思いを正確に伝えるためにも、感情的にならないためにもあらかじめ自分の気持ちをきちんと整理しておきましょう。言いたいことや相談したいことをあなた自身のなかできちんと整理しておくことで、相談内容が相手に伝わりやすくなります。

少なくもと、あなたはいま彼氏に相談ができないことで悩んでいるとしたら、本当の相談をすることは簡単なことではないです。だからこそ、事前に気持ちを整理しておく必要があります。

とくに彼氏に信頼がない場合などは、あなたがあきらめの気持ちを持つようになったシーンを思い返してみましょう。そうすることで事前にあなた自身の気持ちを整理すると同時に、返ってくるであろう返答に対して答えの準備もできるでしょう。

例えば、「大丈夫!」「何とかなる!」などの楽天的で本質と向き合いたくない男子も多いです。楽天的で本質と向き合わない彼氏との相談の場合は、相談内容の整理だけではなく相談する場所や時間なども前もって考えおくことは大切になります。

家や寝る前などに話しをしてしまうと「大丈夫!」「何とかなる!」と言いつつ、テレビを見たり寝てしまったりすることもあるでしょう。そうならないためにも、

  • 相談する内容の気持ちを整理する
  • 相談する場所を考慮する
  • 相談する時間を考慮する

ことも大切です。

このさきあなたが彼氏と一緒に人生を歩んでいくためにも相談し合える関係を構築することは絶対に必要です。あきらめから卒業しましょう。

相談なのか愚痴なのかを見極める

あなたが相談したい内容、気持ちを整理する過程でぶつかる問題、それはあなたが思い悩んでいることが

  • 相談なのか
  • 愚痴なのか

ということです。

もし本当に相談すべき内容であるとしたらそれはあきらめずに彼氏に伝えなければなりません。

でも思い悩んだり考えていることが実は単なる愚痴であることもあります。愚痴を聞いて欲しいと思うこともあるでしょう。そういったときは「ちょっと愚痴を聞いて欲しいんだけど」と事前に伝えるようにしましょう。

また、愚痴ではなく相談だと判断できる場合も「相談があるんだけど」と事前に伝えるようにしましょう。

心理学には「学習性レディネス(=準備性)」という概念があります。

学習性レディネスとは、

事前に何の話をするのかを前もって伝えておくことで学習者の学習効率に大きな差がある

という概念です。

事前に「愚痴だ」と伝えられた場合は彼氏は「愚痴を聞く気持ち」で会話をします。

一方で事前に「相談がある」と伝えられた場合は彼氏は「相談を聞く気持ち」で会話をします。

彼氏が「それは愚痴なの?」「それは相談なの?」と思ってしまうと会話は噛み合いません。

あなたが彼氏に相談があり、きちんと相談したいときは「相談がある」ことをきちんと伝えたうえで相談してみましょう。

事前に伝えることで彼氏の相談に対する返答に大きな変化が生じることもあるでしょう。

恋愛に対する男子と女子の考え方の違いとは?

恋愛に対しても男子と女子の考え方は異なります。

女性脳・男性脳という言葉があるように男女で恋愛に対する考え方は当然異なります。

もちろん男女問わずに恋愛を人生の中心に置いている人もいますが、それでも恋愛を人生の中心においている女子は男子よりも多いです。

この恋愛に対する考え方の違い、つまり人生における恋愛のポジションが男女で違うことは覚えておきましょう。

そもそも男女で恋愛に対する温度差が大きいにも関わらずにあなただけが恋愛に熱を上げてしまうと男性は違和感を持ってしまうものです。

そして彼氏は持っていなくてもあなたは持っているかもしれません。それは愚痴るという行為によって気持ちがスッキリするという感覚です。

でも愚痴ることでスッキリするということは心理学では「心理的負債」の受け渡しになります。

心理的負債を彼氏に渡してしまうと彼氏が心理的負債を抱えてしまうことにもなります。

愚痴りたいときちんとした相談のメリハリを普段から大切にしましょう。

「彼氏に悩みを相談できない理由と対策」のまとめ

男女の恋愛はやがては結婚というライフイベントに向かっていきます。

いざ結婚をするとなると彼氏と二人で決めなければならないことが山盛りです。

結婚までには、両家の顔合わせや、入籍日、挙式をする人は招待客や式場、結婚式の予算などの決め事があります。

そして、ようやく結婚式を終えてもそこから同棲生活がはじまり、妊娠すると子育てや教育の問題が出てきます。

悩みを彼氏に相談できない、ということはこの先あらゆる判断を迫られてもあなたは彼氏に相談することができないと言えます。

そんな関係ではこの先、様々な問題が起こることは目に見えています。

彼氏に悩みを相談できない人は、少しずつでも大丈夫です。ここで紹介した相談できない理由を参考に相談できない理由を理解して、対策を講じるようにしましょう。

誰よりもそばにいて欲しい彼氏だからこそ、何でも言い合える関係を築くようにしましょう。それがあなたの幸せへの大きな1歩になります。

  • LINEで送る