恋愛の悩み

「恋愛相談」初めての人も不安なく相談できる

  • LINEで送る
カウンセリングの意味

あなたは初めて恋愛をしたときに感じた不安を覚えていますか?

あるいはいま、あなたは初めて恋愛をして、不安や悩みを抱えているのかもしれません。

多くの人は初めての恋愛を経て、ほとんどの人は別れを経験します。

そして傷つけ傷ついた後に、再び恋愛をしたい、あるいは恋愛で愛される感覚を求めるようになります。

このように恋愛では出会い、別れ、そして出会いを繰り返しながら、人は恋愛を経験し続けます。

でも恋愛では、それぞれの恋愛に必ず独自のルールが存在します。

不安や心配になったときには、自分で悩まずに誰かにアドバイスをもらうことをおすすめします。

恋愛相談で多い男と女の悩みとは?

恋愛では、「男」側がもつルールと「女」側が持つルールが相まみえて、それぞれの恋愛ごとに独自のルールが成立していきます。

そのため、どれだけ恋愛を重ねていても恋愛に、その都度、悩みはつきものになってしまうものです。

男の立場であっても、女の立場であっても恋愛の悩みで共通して出てくるのは、

  • 「性の悩み」
  • 「結婚の悩み」
  • 「告白の悩み」

そして女性に多い、相談されたことによる

  • 「相談された悩み」

というものがあります。

それぞれの悩みでの「TOP3」とは、どのようなランキングなのでしょうか?

恋愛相談で多い「性」のお悩み

1, セックスレス

あなたの周りでも耳にしたことがないでしょうか?

この「性」の悩みでも多いセックスレスについては深刻な悩みの一つとなります。

どうすればいいのだろう?
誰に相談すればいいのだろう?

セックスレスは、倦怠期を迎えたカップルや結婚している人たちの間でもよく起こる問題です。

ただ、デリケートな問題であることからなかなか友人や知人に相談することが難しい問題となります。

そのため、悩みを抱える期間が長くなることで問題の根は確実に成長していってしまうものです。

セックスレスといったカップルや夫婦にとってデリケートな問題では、専門家(カウンセラー)を活用することをオススメします。

デリケートな問題を親しい友人や知人に伝えると、伝えたことを後悔することもあります。

相談相手は慎重に選ぶように心掛けましょう。

2, 性的指向のズレ

性的指向のズレと表現してもその内容は多岐にわたります。

そして、この問題もセックスレスの問題と同様に、デリケートな問題として扱うことが必要になります。

デリケートな問題であるからこそ、知人や友人には相談し辛いものです。

セックスレスと同じようにデリケートな問題については、第三者であり専門家であるカウンセラーへ相談する選択肢を考えてみてもよいでしょう。

なお、性的指向の意味とは、

アメリカ心理学会によれば、性的指向とは「こうした性的魅力を感じることや、関連する行動、および同じ性的指向を共有するコミュニティの成員であるという意識などに基づいた個人のアイデンティティに対する感覚」である

引用:ウィキペディア

と記されています。

個人の感覚に依拠するところが多いため、性的指向には個人差が多いということになります。

性的指向の意味をきちんと理解している専門家やその他の相談相手へのご相談をオススメします。

3, 避妊への感覚的ズレ

もちろん避妊もセックスレスや性的指向のズレと同様にデリケートな問題となります。

ただし、この問題については外部の専門家などに相談するよりもお互いで話し合うことが何より大切になります。

避妊の問題には、その結果に伴う妊娠というライフステージがあります。

将来のことをきちんと考えた上で、お互いで話し合うことが非常に大切となります。

男性側が避妊をしない場合

どちらかと言えば、男性側から女性側へ「避妊に対してNOを言わせない」状況が多いような印象です。

女性側は「NO」と言ってしまうことで、相手を傷つけたり、嫌いだと思われるなどの不安を抱えてしまう人も少なくありません。

でも、本当にあなたのことを大切に考えてくれているなら「NO」という返答をそもそも女性側からしなければならない状況にはならないはずです。

つまり、男性側から避妊に対してNOと言わせるような状況になってしまっていること自体が、もしかするとあなたを大切にしていない証なのかもしれません。

セックスレスや性的指向のズレとは異なり、避妊するかどうかにはその先に「妊娠」という大きなライフイベントが存在しています。

もしあなたを大切にしてくれている男性なら、きっときちんと避妊についても考えてくれているはずです。

女性はそのことを忘れないでおきましょう。

女性側が避妊をしない場合
  • この人の子どもを産みたい
  • 子どもができたことで彼との関係を進展させたい

など。

現状をより進展させるために避妊をしないという選択肢を持つ女性もいるかもしれません。

でも将来的にはその行為は恐らくNGであることが多いでしょう。

何より「妊娠」をきっかけに事態を進展させようと考えると、この先男性側の感情が気になり続けることになります。

つまり「もし妊娠していなかったらどうだったんだろう」などです。

関係性を進展させたい状況にいるあなたは焦って「避妊しない」という選択肢を選んでしまうこともあるかもしれません。

でも、その選択はあなた自身も男性も苦しめることになってしまうこともあります。

判断はくれぐれも慎重に行うようにしましょう。

恋愛相談で多い「結婚」生活に関するお悩み

1, 不倫・浮気の悩み

夫婦やカップルにとって、パートナーの裏切りである不倫や浮気の悩みは尽きないでしょう。

このパートナーの裏切りはトラウマになってしまうほどの強いネガティブな情報を伴うこともあります。

一般には「夫(彼)の浮気」という話しが多い印象ですが、最近では「妻(彼女)の浮気」という悩みを抱えているケースも多いようです。

また不倫や浮気の原因として、夫婦関係が上手くいっていないときにパートナーが不倫や浮気に走るケースが多いようです。

不倫や浮気では、まずはお互いのコミュニケーションを普段からきちんととることで、未然に防ぐように心掛けましょう。

2, 価値観のズレ

結婚生活とは赤の他人である「男」と「女」が同じ家に暮らすものとなります。

そのため、一緒に住み始めるとお互いのルールを持ち込むことになり、大きな衝突もときには不可避でしょう。

例えば、お風呂の時間やご飯の時間など、自由にしたい人ときちんとしたい人では、それぞれが相手にストレスを抱えることになります。

この些細な価値観のズレが大きな歪になることも少なくありません。

また、価値観のズレでは、金銭感覚の違いも衝突や離婚(別れ)の大きな原因になることもあるでしょう。

3, 本当にこの人でいいのか?

これは結婚前にも結婚してからも一定数の人が抱く悩みとされています。

特にプロポーズをされたときに、この悩みを抱く人も少なくないとされています。

自分は「この人と結婚していいんだろうか?」と自問自答が始まったときは、一度周囲の知人や友人に相談してみても良いでしょう。

「人」は一人で考え込むとなかなか回答に辿り着くことは難しいモノです。

あなたのことを理解している周囲の人たちへの相談をオススメします。

恋愛相談で多い、告白の悩み

1, 上手くいくだろうか?

恋愛では、

  • どちらかも好きな場合
  • 男性が女性を好きな場合
  • 女性が男性を好きな場合

の3パターンに分かれます

このうちどちらかが好きになったとき、相手に告白する段階で多くの人は悩みます。

自分の恋を何とか成就させたいという強い想いが悩みに発展することもあるでしょう。

悩みを100%解決できるわけではないですが、告白には一定の確率を上げるための心理的な法則が存在します。

相手の心理を可能な限り、把握して告白の確立を高めることをオススメします。

2, 嫌われたらどうしよう?

いざ告白をしようと考えたときに、人は「もしダメだったら?」とマイナス思考に陥りやすくなります。

そのときに告白する相手が同じ学校や同じ職場など、コミュニテイを共有している場合、その後の関係がぎくしゃくしないかと不安になるようです。

でも、告白して嫌われるというような話しはほとんど聞きません。

ダメだった場合を想像するよりも、どうやったら自分の想いをきちんと伝えれるかが悩みになることが理想です。

そして、大切なことは「告白のチャンスは一度きりではない」ということを心に留めておくことです。

チャンスは一度きりだと多くの人は考えていますが、決してそうではないでしょう。

告白を受けた側は、相手の気持ちを知ることで態度に変化が起こります。

その態度変化が上向きなモノであれば可能性は告白したときよりも高くなっていると解釈できます。

ただ、そうなるためにも告白のときに、

付き合ってください!

と伝えることはNGになるということを覚えておきましょう。

「付き合ってください」という言葉は、

  • 相手にオプションを与えることになる
  • 相手に圧力(心理的な摩擦)をかけることになる

からです。

告白言葉で今後の関係性の進展や後退が関わっています。

言葉はきちんと選ぶように心掛けましょう。

3, 好きな気持ちを伝えれない

せっかく好きな人が出来たのに、その想いを伝えることができない人も少なくありません。

でも、想いを伝えずに恋が進展することはどちらかと言えば少ないでしょう。

もちろん行動や言動から、あなたの感情をくみ取ってくれる人もいるでしょう。

ただ、みんなが人の感情に敏感ではありません。

やはり気持ちを伝えない限り、進展は望めないことも多いです。

何より人は完結した物事よりも不完全な物事を強く思い返してしまいます。

不完全なアプローチで終わってしまった場合、その不完全な想いはずっと心に残ってしまうものです。

勇気を持とうと考えるのではなく、この先後悔しないために「告白をしよう」と考えるようにしましょう。

恋愛相談で多い、相談された悩み

1, アドバイスができない

恋愛で相談を持ち掛けられたとき、自分自身が同じような経験をしている場合、比較的スムーズに相談に乗ることができます。

一方で相談される内容が自分自身が経験しいたことがないような「壮絶な」内容だった場合、相談を受けた方は上手くアドバイスできずに悩むことがあります。

あるいは10代や20代の恋愛では、好きな人の相談で、その好きな相手が「かぶっている」場合などは、「恋をしていていいのだろうか?」と極度に悩むこともあるようです。

2, 相談された内容が分からない

アドバイスができないことと同じで、自分自身が経験しいたことがないような「壮絶な」内容だった場合は、内容を理解することが難しいこともあります。

恋愛にはそれぞれのルールが存在しているため、「謎の」ルールに思わず首をかしげてしまうような相談もあるでしょう。

3, 相談ではなく単なる愚痴だった

「相談がある」と友達にお茶に誘われていってみると、相談ではなく単なる愚痴だったというケースも多いようです。

でも、あなたがその愚痴を受け止めることで愚痴を言った側は気持ちが安らいでいます。

アドバイスは言わずに、ただ聴くだけでも十分に意味があることを覚えておきましょう。

 恋愛相談はどんな人(相手)に相談すると悩みの解決につながりやすのか?

「恋は盲目」という言葉があるように、恋愛では一人で悩んでも解決しないときがほとんどです。

そうなるとあなたは誰かに相談したいと思いますよね。

でも、いざ相談するとなると「一体、誰に」相談すべきなのでしょうか?

「人」と「人」との関係、対人関係には「心理的距離」と「物理的距離」が存在します。

その心理的距離と物理的距離が最も適切な人を相談相手に選ぶことができないと、相談したこと自体がストレスになってしまうことがあります。

ここではどのような相手に恋愛相談をすると、どのような利点・不利点があるかについてみていきましょう。

恋愛相談をする相手:専門家(カウンセラー)の場合

メリット

専門家といわれる恋愛カウンセラーに相談する最大のメリットは「心理的な側面」からのアドバイスをもらえることでしょう。

また多くのカウンセラーは過去に多くの事例を仕事として聞いているため、統計的な意見をもらえることも大きなメリットになるでしょう。

そして、何より傷ついた心に寄り添ってもらえること、より的確なアドバイスがもらえることは専門家を相談相手にすることでの大きな利点となるでしょう。

デメリット

専門家に相談するとき、最もネックになるのは相談に伴う料金となります。

相談には対価が伴うため、金銭的なゆとりがない人は厳しい側面もあるでしょう。

ただ、金銭的なことを除いてはメリットが大きいのが専門家への相談となります。

経済的なゆとりがある人や相手のことを心理的な面から考えたい人は専門家へ相談してみましょう。

恋愛相談をする相手:思い切って「相手」に相談する場合

メリット

もめ事や悩み事の直接的な解決を見出すことが可能になることが、相手に相談する最大のメリットとなります。

また、自分が悩みを打ち明けることで相手も悩みを打ち明けてくれ、お互いの信頼が生まれることがあります。

心理学的には「返報性の規範」とも言われるもので、譲歩に譲歩が返ってきたときに相手との信頼は確実に深まります。

デメリット

相手に相談する場合、相手への相談であるような話し方が出来る人は良いですが、どうしても感情が出てしまう人もいるようです。

その場合は、表出した感情が原因となり、「相談」から「喧嘩」に発展してしまうこともあります。

相手に相談するときは、自分自身の感情と相手の感情に「ゆとり」があるときを選びましょう。

感情にゆとりがないときに相談をしてしまうと、多くの場合は喧嘩に発展してしまうようです。

恋愛相談をする相手:(女性から)男性

メリット

女性から男性への相談をする場合は、「男性特有」の性質や考え方を聞くことができるという利点があります。

性別ごとに確固たる性質があるのかは定かではない部分もありますが、少なくとも「同性(男性)の意見」を聞けることは大きなメリットでしょう。

デメリット

相談相手の男性の意見が、男性すべての意見といったように解釈をしてしまうことがあります。

あくまで男性のなかの一人の意見として心に留めるようにしましょう。

そして、女性から男性に相談をする場合、相談をしていたはずの男性から「好意」を抱かれることもあるので注意が必要になります。

恋愛相談をする相手:(男性から)女

メリット

男性から女性への相談をする場合は、「男性特有」の性質や考え方を聞くことができるという利点があります。

デメリット

相談相手の女性の意見が、女性すべての意見といった風に解釈をしてしまうことがあります。

あくまで女性のなかの一人の意見として心に留めるようにしましょう。

恋愛相談をする相手:友達の場合

メリット

あなた自身のことを良く分かってくれている友達の場合はより的確なアドバイスがもらえるため、利点は大きいでしょう。

デメリット

一方で、内容によっては、友達に自分の恋人を合わせることが気まずくなることもあります。

友達に相談するときには少し注意が必要になるかもしれません。

恋愛相談をする相手:親の場合

メリット

親はあなたのことを誰よりも大切に想っていてくれています。

そのため「親身になって」話しを聞いてもらえることで心が安らぐことは多いでしょう。

デメリット

一方で、親に相談してしまうと、

  • 進捗を確認してくる
  • いちいち言ってくれる

など、後々やりづらくなることも多いので注意が必要になります。

恋愛相談をする相手:そもそも相手がいない

これは大きな問題ですね。

相談相手がいないことで、悩み続けてしまい、悩みはどんどん根深くなってしまうものです。

もし、相談相手がいない場合は、恋愛カウンセラー等を頼るようにしましょう。

恋愛相談であなたが好む連絡方法とは?

恋愛相談でメールを用いる人の特性ってなに?

メールで相談をする人の特徴は、整理する力を持っているということです。

メールは多くの文章を記載することにその利点があります。

そして、多くの文章を整理する力を持っている人は、メールでの相談を好む傾向にあります。

メールでの相談をすることは文章をまとめる上で感情を整理することにもつながり、メールを書いていることだけで客観性を持つことも可能になります。

文章を記載することが苦手な人は、感情も「こんがらがる」人が多いようです。

もし、あなたが物事を整理することが苦手だとしたら、まずはメールで悩んでいる内容をまとめてみても良いかもしれません。

恋愛相談で(占い)アプリを用いる人の特性ってなに?

恋愛相談でアプリを使う人の多くは「占い」アプリを使っているようです。

占いアプリを使う人に共通する特徴は、運気を強く意識することです。

つまり、姓名判断や四柱推命など、統計的に自分と相手は上手くいくのか?など、より客観的な意見を求めているのかもしれません。

そして占いアプリを使う人の多くは、「いい意見」を積極的に受け止める性質もあるようです。

一方で「悪い意見」は受け流す側面もあるようです。決して悪いことではないですが、悪い意見を受け流してしまうことで、本質を見失うこともあるようです。

「いい意見」も「悪い意見」も積極的に受け入れるようにしましょう。

恋愛相談で掲示板を使う人の特性ってなに?

恋愛相談で掲示板を使う人に共通する特徴は、「多数の意見を聞きたい」という点でしょう。

掲示板では誰かに相談するのではなく、不特定の人に対して悩みを発信します。

そして、悩みに対して、興味を持ったりアドバイスが出来るという人が返答をしてくれます。

どのような人が回答しているのかが分からず、信憑性に欠けるところもあるでしょう。

それでも、自分が何となく思っていたことを誰かが文章にしてくれたりすることでスッキリすることもあるでしょう。

恋愛相談で電話を使う人の特性ってなに?

恋愛相談で電話を使う人に共通する特徴は、「タイムリー」に回答を聞きたいという点でしょう。

掲示板とは異なり、電話番号を知っている比較的距離の近い相手などにダイレクトに悩みや不安をぶつけ回答をもらえることが電話の利点でしょう。

ただ、感情が湧き出やすい人は電話で相談を行うと感情が湧き溢れでてしまうこともありますが、感情を出すことで人の気持ちは楽になると言われています。

直ぐにでも感情を楽にしたい人は電話を使う傾向にあるようです。

あなたがすぐにでも回答が欲しい恋愛の悩みに遭遇しているときは電話での相談をオススメします。

恋愛相談でライン(SNS)を使う人の特性ってなに?

恋愛相談でLINEを使う人の特性とは何でしょうか?

ラインはいまはSNSでのコミュニケーションツールとして、手放すことが出来ないツールになってきています。

恐らく多くの人の連絡手段の主流になっているのではないでしょうか?

そう考えると、多くの人は恋愛相談でもラインを活用しているのではないでしょうか?

ラインには「既読」を伝えてくれる便利なシステムが存在します。

相手が読んだのか読んでいないのかを理解できる意味では、恋愛相談というよりも恋愛そのものでの活用がポイントになりますね。

実際に相談を受ける内容にも、

既読になったけど返事がない。
未読のままになっている。

など、恋愛で過敏になっているときには特に気になるようです。

未読や既読にも示されている通り、SNSで恋愛相談をする人の特性には「テンポよく」会話をしたい、という想いを持っている人が多いようです。

簡易にタイムリーに話しができるため、簡易性と即効性を求めている人はSNSを好む傾向にあります。

あなたが恋愛相談をするときはどんなアドバイスが欲しい?

「別れたけど復縁したい」人へのアドバイスとは?

衝動的に別れようと言ってしまった場合や本当は別れたくないけど、相手に悪あがきしているところを見られたくなくて別れてしまったなど。

想いを持ったまま別れることは実際によくあるでしょう。

そんなときに誰かに相談して復縁の方法、やり直せるのかを人は模索します。

具体的な方法論が欲しいタイプ

このタイプは具体的なアドバイスを求めているタイプですね。

つまり、復縁に向けてアクションを起こしたいタイプになります。

ただ、このタイプにも2通りのタイプが存在します。

1つ目はきちんと状況を整理して、冷静にアプローチができるタイプです。

2つ目は、衝動的に次から次に仕掛けてしまうタイプです。

復縁には一定期間の「冷却期間」が必要であることも多いです。

あなたがもし2つ目のタイプだとしたら、焦りから事態を悪化させるばかりになってしまいます。

まずは冷静に、きちんと状況を把握し、アプローチすることを考えましょう。

ただ話しを聞いて欲しいタイプ

このタイプはとにかく別れた現実を受け止めることが出来ずに悩み、落ち込んでいるタイプになります。

苦しいときや辛いときは、人は誰かに話しを聞いてもらいたいモノです。

もし、あなたの周りに恋愛のショックでココロが折れてしまっている人がいる場合は、まずは話しを聞いて落ち着かせてあげましょう。

本当は復縁は無理だと気づいているタイプ

「復縁できるように」と恋愛の相談を受けた場合には注意が必要です。

そもそも確率が高くないにも関わらず、相談をしたことによって「復縁できる」と思う人も一定数は存在するでしょう。

そんな時は注意が必要です。

「絶対大丈夫!」「絶対いける!」などの文言はNGです。

根拠・論拠のない確信を自分自身のなかで持つことは大切なことです。

でも、本当は復縁が無理だと心のどこかで気づいている人も少なくありません。

でも、相談をした相手の言葉を受けて「あなたのせいで…」と攻撃衝動を向けられることもあります。

人は「誰かのせい」や「何かのせい」にしてココロのバランスを保持することもあります。

相談する側、相談される側、どちらにも注意が必要になりますね。

「とにかく恋愛をしたい」人へのアドバイスとは?

恋愛をしたいと願う女性、男性も少なくありません。

でも、恋愛をしようと思ってもなかなかできるもではありません。

それでも、恋愛をしたい、と思い続けることは大切なことです。

周囲に恋愛をしたいと思っている人がいた場合、その言葉をどんどん放つようにしましょう。

人は言葉に出しているうちに内面にも変化が起きたり、「恋のアンテナ」が敏感に反応するようになることがあります。

また声に出すことによって、「運」を引き寄せるとも言われています。

まずは想いをきちんと言葉にすることが大切になるかと思います。

アドバイスが欲しい。恋愛に迷ったら恋愛相談サービスを使ってみよう

恋愛相談のサービスを活用する最大の利点は「匿名」を保持できることにあります。

恋愛の相談はときにデリケートな問題を含みます。

もし、相手に伝えづらい内容があったり相手を傷つけてしまうようなことがあれば、相談を受けた側の精神状態も混乱してしまいます。

そんなときは恋愛相談のサービスを活用することをオススメします。

あなたにも経験があると思います。

  • 誰に相談をしたのか?
  • 誰から相談を受けたのか?

によって返答に緩急をつけた経験…

もし親しい友人で恋が成就して欲しい相手からの相談だった場合は、積極的に意見をいうでしょう。

一方で心のなかでは「この子はどうでもいい…」「失敗したらいい…」と思っている相手から相談を受けたときはアドバイスが適当になるというような経験があるでしょう。

でも、恋愛サービスを活用すれば匿名性が保持させるため、「誰から」「誰の」といった人物に関係なく、より事実に基づいた客観的な回答を手にすることが可能となります。

恋愛に悩んでいる友達がいる場合は、恋愛サービスの活用を提案してみても良いでしょう。

恋愛相談のまとめ

恋愛相談では、相談相手を誰にするのかによって大きく結果が変化していくことがあります。

全ての恋愛で共通した心理が働いていることはあります。

より具体的な内容になってくると一般的な意見だけでは通用しなくなります。

でも、恋愛のスタートや告白のときに相手の心理を読むことが出来れば事態を大きく飛躍させることは可能です。

人の心理をより理解することでより良い恋愛へと発展させることが可能になります。

恋愛の相談には様々な悩みや相談相手が適材適所で必要になりますが、迷ったら専門家(恋愛カウンセラー)に相談することをオススメします。

 

  • LINEで送る