恋愛の悩み

恋愛での悩み解決方法は人間関係の法則にあり

  • LINEで送る
恋愛 人間関係

「あの人のことが好きかも?」「恋してるかも?」と考えた時から人は恋愛関係を意識するようになります。

では、その恋愛、恋愛関係とは一体何でしょう?心理学辞典(有斐閣)には次のように記載されています。

「相互のロマンティックな愛情を主な基盤として成立している“対人関係”を恋愛関係と言いう。恋愛は結婚の前段階として、すなわち配偶者選択の重要な過程として存在し、じっさいの恋愛から結婚へ発展することも多い。ただし、現代では、結婚とは無関係に、恋愛それ自身を目的とする交際も多い。恋愛中のカップルは、デートと呼ばれる恋愛行動の中で、身体的接触、排他性、熱中などの特徴的な行動パターンを示すことが多い。このような恋愛の成立には、年齢、パーソナリティや対人的環境のほか、近接、類似性、身体的魅力など対人魅力を規定する要因が大きな影響を与えていると考えることができる。恋愛は、社会的に制約されたり禁止されることも多い。特に恋愛中のカップルは、親から反対・妨害されることも多いこと、ただし、妨害を経験したカップルほど、相互の愛情が高まることが見出され、この現象は“ロメオとジュリエット効果”と呼ばれている。」

つまり、「恋愛」を心理学的にかみ砕くと、単純に対人関係のなかでロマンティックな愛情を基盤にしているものを恋愛関係と呼ぶそうです。恋愛関係を良くするヒントは対人関係の法則にありそうですね。

ここでは、恋愛で悩みを抱える人の原因や特徴、その解決方法をまとめていきます。

恋愛で悩みを抱える原因

恋愛で悩みを抱える原因は、自分自身の考え方、相手の考え方、それに環境的な問題の3つに分けることができます。

でも、3つのカテゴリーに分けても結局のところ、行きつく原因は、その人自身の捉え方や考え方になるのかも知れません。それでも相手があり、環境が変化するため、恋愛には悩みがつきものです。ドラマなどでもよく耳にしますが、「恋愛は付き合うまでが一番楽しい」と。これは、そもそも恋愛の捉え方が人それぞれ違うので、あくまでも楽しみたい人であれば、この言葉が当てはまるのかも知れませんね。つまり、自分自身が恋愛を人生におけるパートナー選びだという考え方を根底に持っているのか、あるいは恋愛それ自身を楽しみたいという考え方を根底に持っているのか、あるいは最近よく言う「肉食男子」あるいは「肉食女子」という言葉が表しているように恋愛をハンティングのゲームのように楽しみたいという考え方を根底に持っているのか等、それぞれの捉え方によって悩みや考え方、それに伴う解決策は変わってくるとは思います。

ここでは、一般的な恋愛、すなわち人生におけるパートナーを選ぶ人間関係と捉えている人たちが、恋愛で悩む原因を探ってみましょう。

自分自身が一人で考え過ぎてしまう。

これは、どのような問題にも当てはまりますが、やはり考えすぎるパーソナリティは悩みを膨らませますね。

人は、回答の出ない問題ほどよく悩むものです。恋愛という関係は、一人では絶対に成立しないものだと捉えることができます。そして、人間関係のなかでも特に相手のココロに敏感になるのが恋愛関係の特徴です。自分が発した一言が“相手”に嫌な思いをさせていないか?自分の起こしたアクションが相手の感情をマイナスに作用させていないか?など。プラスの効果を起こすために積極的に何らかのアクションを起こし、自らがそのアクションを強くフィードバックするケースが多いです。

もちろん、どの人間関係でも同じですが、特に恋愛の人間関係では、一般的に人は進展速度を上げることを望みます。新しい職場などで人はゆっくりと人間関係を育めばいい、と考えますが、恋愛にはスピードを促進しなければならないという考え方がありますよね。そのため恋愛関係におけるプラスを意識したアクションは頻繁に起こされ、その都度、人は考え込んでしまいます。「あの言動は正しかったのか?」「あの行動は正しかったのか?」と。

でも、安心してください。人は人の行動や言動に対して、そこまで過敏ではないです。恋愛関係では、自分自身が相手の行動や言動に対して過敏になっているからこそ、相手も過敏になっているのでは?と感じているかも知れませんが、もし相手に過敏になっているようならあなたの存在はもう相手にとっても特別な存在に変化しています。そうなれば恋愛関係の成立に近づいている証でしょう。私たちは易学を専門としている分けではないのですが、それでもタイミングさせ間違えなければ、その恋愛は成就する可能性が高いでしょう。

恋愛でも、他の人間関係でも最も大切なモノは、あなたが起こしたアクションや言動ではなく、その“タイミング”となります。自分自身が考えすぎた結果、タイミングを逃してしまわないよう、行動や言動を考えすぎず、純粋に恋愛のステップを楽しみにましょう。

相手のこと(想いや考え方)を考え過ぎてしまう。

これも上で書いた文章と同じようなことですが、相手の感情に敏感になり過ぎてはいませんか?

あなたにとって恋愛とは何ですか?この問いに答えれる人は多いと思いますが、あなたにとって好きって何ですか?と聞いた場合に、少なくとも直ぐに答えれる人に私たちは未だお会いしたことがないのです。そうですね、恋愛における「好き」という感情そのものの定義が極めて難しいモノであるのに、「相手も私のことが好きなのだろうか?」と考えることは難しすぎる問いです。好きという感情をまさに「好き」という感情でまとめてしまうと、「相手も私のことが好きなのだろうか?」という問いは深まる一方になってしまいます。相手の気持ちを考えてる時間がもったいないと考え、好きという自分自身の感情をかみ砕いてみましょう。相手のどのようなところに自分は“好意”を抱いているのか?可能な限り箇条書きをしてみましょう。そして、箇条書きで出揃った内容をもとに、相手にも持って欲しいと思うあなた自身への“好意”を考えてみましょう。あなた自身に「○○という魅力があるから、その○○な部分に好意を抱いて欲しい」、あるいはいまは○○な部分に自身がないけれども、そこを努力するので、やがては好意を持って欲しいなど。

恋愛での感情は、自分が相手のことを「好き」になった場合、多くの人は同等あるいはそれ以上の相手からの「好き」という漠然とした感情を欲してしまいます。求めてしまうからこそ、相手の感情が気になり、悩みにつながるケースが多く存在します。同等、あるいはそれ以上の「好き」という感情を求め過ぎずに、相手が好意を持つ人やモノに対して同等の好意を持つという感情のシェアから相手の気持ちを理解することを始めてみてはいかがでしょうか。

環境的な悩みが生じる。

これは、

①自分自身が一人で考えすぎてしまう

②相手のことを感が過ぎてしまう

といった内面での悩みとは異なり、物理的な悩みですね。例えば心理学辞典にも記載されているような親、あるいは親しい友人からの反対というまわりからの否定的な感情。または、遠距離恋愛にあるような物理的な距離の問題などです。この環境的な悩みはそのケースごとによって悩みの度合いや大きさは異なるので、一概には言えませんが、その悩みは深いものだったりします。

遠距離などの物理的環境による悩みについては、物理的な問題である以上どうにもならない反面、物理的な解決ができることもあります。例えば、東京に好きな人が引っ越すことになったとしたら究極は飛行機に乗れば1時間で会いに行けます。「どうしよう」と悩みを深めることはないです。最悪、直ぐに会いに行けるという強気な気持ちを持つようにしましょう。

また、親の反対や友人の反対などについては、「聞く耳を持たない」ケースも多く存在しますが、「反対を受ける」ことには必ず原因や理由が存在しているはずです。

なぜ、反対なのか?をきちんと受け止め、客観的な意見に耳を傾ける癖を必ず持つようにしましょう。恋愛には「熱中」という人の特異な一面が出やすい傾向があります。熱中するからこそ、見えない側面は多いモノです。でも、熱中という感情があるからこそ、恋愛関係が成立するのです。そのため、自分自身が熱中した時こそ、人の意見が大事なのだ、という想いを持ち続けるようにしましょう。

恋愛で悩む人の特徴(理由)

上では恋愛の原因を、3分類、自分自身の思考、相手の感情、物理的な環境としましたが、ここでは、恋愛に悩む人の特徴に焦点を当てて、そのパーソナリティを見ていくことにしましょう。

恋愛に悩む人は、基本的に人間関係にも悩む傾向があると思いますが、恋愛だけは悩んでしまうという人がいるのも事実です。

人間関係のなかに位置づけられる恋愛関係ではありますが、私たちウェルビー・ココロ研究チームも恋愛関係をある種、特殊な人間関係だと考えています。そもそも、赤の他人とやがて家族になることの自体が不思議ですよね。他人同士が同じ家に住み、生活を共にする。これは、まさに「ミラクル」です。思わず夫婦問題に話しがシフトしそうになりましたが、ここでは恋愛関係において、「好きかも?」という感情が生じた時から恋愛関係に至るまでの時系列で、恋愛に悩む人のパーソナリティを見ていくことにしましょう。

行動に起こせない!

恋愛初期は不思議なモノです。悩みよりも喜びの方が圧倒的に頭に残りやすいのです。

例えば、好きな人から連絡がきた、話しを出来た、といった「それだけのことで?」と人が聞いたら思うようなことでも喜びの感情が強く頭に残るのです。それほど恋愛の初期は喜びに溢れているケースが多いモノです。

それは簡単に言えば、恋愛が恋愛関係になってないからなのです。つまり、恋愛という関係性が成立していない時は、「アイドルの追っかけ」をしていることと同じです。一方的が「当たり前」だと自分自身のなかで理解が出来ているからなのです。ほとんどの人が喜びを感じるなかで、この時期に悩む人がいるとすれば、相手に自分の好意的な感情を示すことが出来ずに悩んでいる人でしょう。自分自身の好意的な感情を認識し、恋愛関係に持っていきたいけれども、肝心の行動に起こせない、ということはよくある話です。

ただし、こういったお悩みでカウンセリングを受けにくる人は残念ながらほとんどいません。

でも、私たちウェルビー・ココロ研究チームは、人のココロの動きの特徴を皆さんよりは少しだけ理解しています。

関係性が出来あがるまでのアクションプランのお手伝いが出来れば理想だなと思います。恋愛初期に占いに頼る方は意外に多いですが、恋愛初期にカウンセリングを受ける方はほとんどいない印象です。それは、心理学が悩んだ時にしか効力を持っていないという誤った解釈がされている現れなのかも知れません。でも、本当はそうではありません!人のココロの動きを知っていることは生活をしていくうえで非常に大切であり、あなた自身の可能性を広げてくれるものです。この時期に悩んでいる人もぜひ心理カウンセリングを活用してみてください。

恋愛初期~ 私ばかりが愛情をもっている気が・・・。

恋愛は、もちろんどちらも見た瞬間に、会った瞬間に「ビビッときた」ということがあるかも知れませんが、多くはどちらか一方が好意を抱くことによりスタートします。

つまり「追っかけ」から関係性を持ちたいと思うようになります。そうなった時に、少しずつ湧いてくる感情が恋愛関係を求めているモノになります。

「追っかけ」の時、要は一方的に好意を抱いているだけでも幸せを感じていた時から、時間が経ち、自分の感情に対する何らかのレスポンスを求めるようになります。これが恋愛が恋愛関係に変化していく流れを作るわけですが、この時期に、相手が少しでもレスポンスを返してくれていれば人は十分に満足するのですが、全くレスポンスがない場合に、好意を抱いている人が持つ感情が「自分ばかりが・・・」という否定的な感情です。

ただし、この場合にも心理カウンセリングを受ける人はいないでしょう。多くの人はこの時期に「諦め」という感情を抱くようになるからです。

でも、この「諦め」という感情を持つ時期・期間にはかなり大きな差が生じています。それは、恋愛を楽しむだけに考えている人は諦めが早いですし、一方で恋愛を人生におけるパートナー選びに位置づけている人はなかなか諦めるといった感情には至らないものです。そこには、恋愛の捉え方の違いによる感情の変化が関わっています。

楽しむ感覚で好意を抱く人は、容易に好意を抱きますが、その分、その好意的な感情が消失する時間も短いです。一方で、人生のパートナー選び、すなわち結婚の過程として恋愛を位置づけている人の好意的感情は恋愛を楽しんでいる人より芽生えることが少ない分、その好意的な感情が消えないため、悩んでしまうケーズがあります。恋愛を人生におけるどのような文脈に位置づけるのかは、人それぞれです。そして、どれが正解だ!とも言えません。でも、結果的に恋愛における悩みを持つと、思考や発想が消極的になりやすいです。

つまり、恋愛における人生における位置づけの正解は存在しませんが、少しでも悩みを持たず生活するためには、好意的な感情を多くの人に持つ方がいいのかも!?知れませんね。

人間関係と同じような悩みに変化してくる!?

「追っかけ」のような時期、互いの距離を近づける時期、を経てようやく恋愛関係が成立しました。

かみ砕いて言うと「好きな人とようやく付き合った」時期ですね。念願かなってようやく成就した恋愛にもかからわず、この時期の相談が最も多いのです。悩みが生じるということが人間関係が成立した証でもあるのですが。。。何か、相談を受ける方からすると切ない気持ちにもなりますね、それは、ようやく実った恋は、悩みに溢れているというケースがすべてといっていいでしょう。しかも、共通していることは、恋愛関係が成立したのち、しばらく経ってから、人は少しづつ悩みは始めるのです。

「こんな人とは思わなかった・・・」

「こんなはずじゃなかった・・・」

「こんな悩むことになるなんて・・・」

いわゆるイメージと現実にひらきが出始めるのです。その時期は恋愛関係が成立してしばらく経ってからがほとんどになります。これが、まさに人間関係の中に恋愛関係が位置づけられる理由でもあり、解決の糸口が人間関係の法則の中にある、と言われる所以になります。恋愛関係を人間関係のなかに位置づけ、恋愛関係についてまとめてみます。

恋愛の解決方法は人間関係の法則にある?

ここで言う恋愛は恋愛関係に限定してみます。恋愛をスタート、すなわち好意的な感情を持ち始めたばかりの人には、今後起こりうるケースとして、恋愛での悩みを起こさないために、参考として記事を読んでもらえたらと思います。

恋愛は化かし合い!?

どちらかが好意を抱き、好意を抱かれた側が好意を抱いた側の想いに答える。その過程を繰り返し、お互いが関係を構築する作業を進めながらやがて成立するのが恋愛関係です。

でも、この恋愛関係には「印象操作=自己呈示」というキーワードが付きまといます。この印象操作とは、恋愛では当たり前に行られるモノですが、人は人に良く見られるための行動や言動を行います。特に恋愛では、好意を抱いた人が相手に好意を抱いてもらうために、「自分自身を良く見せるよう」努力をするのです。もちろんこの努力は好意を持ってもらう初期の段階では必要になります。

でも、行き過ぎた印象操作は、相手の懐疑心を煽ってしまう結果になります。付き合う前までは優しかった人が付き合った途端に冷たくなる、というケースは珍しくありません。これは、印象操作が必要な時期を超えて、印象操作が必要ではなくなったと判断したどちらかが「地」を出すようになるのです。

皆さんもぜひ覚えてもらいたいこの「印象操作=自己呈示」という言葉。相手に対して自分をよく見せようとする時は、自己呈示となりますが、これは誰もが持っている相手に自分を良く見せるために行うコミュニケーションです。どのコミュニケーションが印象操作なのか、どの言葉が本当のコミュニケーションなのか。そのコミュニケーションを理解する手立ては心理学には眠っています。

恋愛関係において付き合う前と後では、全然変わってしまった、などの恋愛でお悩みの方は、ぜひ私たちウェルビー・ココロ研究チームの無料カウンセリングを受けてみてください。自己呈示というキーワードを紐解き、人間関係の法則から、お悩みを整理するお手伝いができればと思います。

恋愛は理不尽の塊!?

恋愛は化かし合い!?であり、騙し合い!?なのかも知れません。

でも、本当に恋愛で多い悩みは恋愛をしている時期ではなく、互いの関係が成立しており、恋愛関係であり人間関係が展開されている時に起こります。

恋愛とは、本当に不思議な関係です。職場での人間関係、働きたくない人と働いていることによるストレスがあるとします。これは、予期せぬ出会いによって、外部要因で働きたくない人と働くことになったために蓄積される悩みや不満。これは、何となくしっくりきますが、恋愛は自ら選択した意志があったにもかかわらず結果的に悩みに発展しまい、もしかしたら職場で起きている人間関係の悩みよりも深いなやみになっているかも知れません。

でも、この恋愛関係での悩みが深いことは、ごく自然なことであると考えることが出来ます。その考え方を紐解くキーワードは「返報性の規範」にあると私たちは考えています。この返報性の規範とは、社会的なルールのようなものです。誰かに何かをしたら、それと同等のモノを返すといった人が持っている「常識」のようなモノでしょうか。

例えば、あなたは友達から3000円程度の誕生日プレゼントをもらったとします。するとあなたは、そのプレゼントをくれた友達にも3000円程度のプレゼントを返すことにしようと思うのです。そこで間違っても、100円のジュースをプレゼントしたり、10000円のプレゼントを贈ったりはしないと思います。

つまり、人は自分が与えたモノとおよそ同等のモノを返してもらえる、あるいは与えられたら与えられたモノとおよそ同等のモノを返す、というような社会的ルールのなかで生きているのですが、この「返報性の規範」という社会的ルールが機能しづらく、また機能しなくなる関係が恋愛関係になります。好意を抱いている方が一方的にプレゼントを贈る、ということが珍しくありません。社会的ルールのなかでも恋愛関係のなかで成立しいていくルールは「独自のルール」を持っていることになるのです。いま彼氏との関係性、彼女との関係性のなかでお悩みの方は、この返報性の規範の機能が麻痺していることで悩んでいたりはしませんか?もし、そうであれば関係性の成立にエラーを起こしている可能性があります。

すべての家庭にルールがあるように恋愛にも目に見えないお互いのルールが多く存在します。いま、恋愛でお悩みの方は、それぞれ具体的な悩みを抱えていることでしょう。でも、それが恋愛関係という人間関係のなかに位置づけられるとしたら、解決の糸口が存在することでしょう。いまお悩みを抱えている方は、ぜひ一度ウェルビー・ココロ研究チームの無料カウンセリングを活用してみてください。

まとめ

こちらの記事では、恋愛の人間関係についてまとめてみました。

どのように人は恋をしていくのか、それがどのように恋愛関係となっていくのか、この記事を理解することで恋愛における悩みは解決することもあると思います。

もし、記事を読んでも心が楽にならない、もっと話を聞いてみたいと思われた方は、お気軽にウェルビーのカウンセリング、またはお近くのカウンセラーを訪問してみて下さい。

  • LINEで送る