家庭(夫婦問題・育児)の悩み

子育てストレス、「しつけ」で知っておくべき4つの法則

  • LINEで送る

子育てや育児には楽しいこともたくさんありますが、大変なことも多く、特に子育てのストレスの一つである「しつけ」には世のお父さんお母さんは頭を悩ませているのではないでしょうか?

お父さんやお母さんがどのようなしつけをしていたら、どのように子どもは育っていくのでしょうか。

リハーサルがきかない一度きりのしつけだからこそ、しつけの内容を心理学に準えてみて、考えてみませんか?

この記事では特に心理学における「学習」に出てくる概念に、子育てであるしつけに関する知恵を借りてみようと思います。

「しつけ」でお父さんお母さんは一体、どのような対応をしてどのような方向性を示唆しているのでしょうか?

あなた自身の持つ「しつけ」への感覚が少しでも変わって、感情的ではない理論だった、あるいは意図した「しつけ」が出来るようになることで少しでも子育てストレスの解放につながればと思います。

子育てのストレス、しつけって何?

子育てで行っているしつけと聞いた時にあなたは最初に「親が子どもを怒ること」を連想しませんでしたか?それは間違いではないと思いますが、しつけは「親が子どもを怒ること」だけではないのです。

ここでは先ず学習のなかにある「強化」「罰」という概念を見ていきましょう。もしかしたら頭が混乱するかもしれませんが、この「強化」「罰」は次のように理解してみましょう。

  • 強化→(行動の)発生頻度を高める、上げる
  • 罰→(行動の)発生頻度を低める、下げる

※正確には「罰」と呼ばれますが、「罰」という言葉が「罰を与える」というイメージを持ってしまうので「弱化」という言葉で覚えても問題ありません。

つまり、行動の発生回数が増えた場合を「強化」といい、行動の発生回数が減った場合を「罰」といいます。褒めることが強化、怒ることが罰というイメージは少し捨ててみてください。

次に、学習には「正」および「負」という考え方があります。

  • 正→強化子を与える
  • 負→何かを取り除く

つまり、強化子と呼ばれる報酬や嫌悪刺激である怒ることなどを与えた場合は「正」となり、逆に何かを取り上げたりすると「負」ということになります。

これらの「強化」と「弱化(罰)」、「正」と「負」を組み合わせた4つがしつけを理解する上で必要になる考え方というわけです。それぞの組み合わせを簡単に説明していきます。

1, 正の強化

この組み合わせの場合は、「(強化子を)与える」ことにより発生頻度を高めたり上げたりするパターンのしつけになります。

これが最も分かりやすいです。報酬という感覚ですね。例えば、手伝いをしてくれた子どもにお菓子を与えることで再びお手伝いをさせる場合などです。お菓子という強化子を与えることで望ましい行動であるお手伝いの発生頻度を増やしたわけです。つまり、「正の強化」というしつけになります。

お菓子を与えることでお手伝いの回数を増やす場合は「正の強化」をしているということを理解しておきましょう。

  1. 正→与える=お菓子を与える
  2. 強化=お手伝いの回数が増える

2, 負の強化

この組み合わせの場合は、「何かを取り除く」ことによって「発生頻度を高めたり上げたりする」パターンのしつけになります。

これはしつけとは対極になってしまいますが、例えば、子どもが部屋を散らかした時に普段なら怒られるのですが、怒られなかったとします。そうすると子どもの行動はどうでしょうか?子どもは繰り返し部屋を散らかすということになるでしょう。

しつけとは真逆になってしまいますが、怒るという反応を取り除いたことによって子どもの散らかすという行動の頻度を上げる形になったので「負の強化」ということになります。

  1. 負→取り除く=怒らない
  2. 強化=散らかす行動が増える

3, 正の弱化(罰)

この組み合わせの場合は、「(強化子を)与える」ことで発生頻度を低めたり下げたりするパターンのしつけになります。

負の強化と比較すると、これは分かりやすいと思います。先ほどの例で言えば、部屋を散らかした子どもを「怒る」という強化子を与えることで、部屋を散らかす行動を減らすということになります。つまり、「怒る」ことで散らかすという「行動」の発生頻度を下げているわけなので「正の罰」ということになりますね

  1. 正→与える=怒るという嫌悪刺激
  2. 弱化=散らかす行動が減る

4, 負の弱化(罰)

この組み合わせの場合は、何かを取り除くことで発生頻度を低めたり下げたりするパターンのしつけになります。

これも比較的分かりやすいと思います。例えば、注目を浴びたくてイタズラをしている子どもを無視する場合などです。イタズラという望ましくない行動を減らすため無視(=反応しない)という手段でイタズラという行動を減らすわけなので「負の罰」ということになります。

  1. 負→取り除く=反応しない(無視する)
  2. 弱化=イタズラの回数が減る

しつけにストレスを感じないためには?

しつけについて、少しでも理解は深まりましたでしょうか?自分はこのタイプのしつけ方法が多いな~などの気づきがあれば何よりです。

犬などのペットのしつけで良く出てくる方法

この4パターンを上手く活用することで犬などのペットのしつけの場合はより顕著に成果を得ることが出来るようです。この4つのパターンは「しつけ」であると同時に「学習」でもあります。動物は「行動を引き起こす要因」が単純になることが多いことから、犬などのペットのしつけでは特にこの4パターンの組み合わせは有効活用できるようです。

子どものしつけの場合は子どもの年齢に注意

一方で「人」の行動には様々な複合要因があります。行動を起こす理由が単純ではなく複合的な要因であることが多いため、なかなか与えたり取り除いたりすることで単純に行動を変化させれないということです。

それでも、比較的小さいお子さんのしつけに悩む場合は、このしつけの4パターンを当てはめて対応することは十分に可能だと思います。あなたが何歳のお子さんを育ててるかによって、この学習という概念が当てはまるのかどうかの差異は出てきそうです。

それでもしつけが感情的になっているとイライラを繰り返すことは間違いありません。しつけにお父さんお母さん自身が明確な“意図”を持ってしつけを行えたら、ストレスは少しだけ緩和することが出来るでしょう。

「感情」ではなく意図した「理論」を理解しておこう!

感情的な行動は自分自身でもフィードバックできないため、何度も同じことを言うといった繰り返しのストレスを感じることになります。それに対して、意図したしつけは理論をベースにすることが出来るためあなた自身の行動や言動の修正が可能になります。

「あの手」「この手」を、“意図して”使い分けることで少しでもあなた自身にかかるストレスを軽減することができればと思います。しつけという子育てでストレスを感じないポイントは、やはり明確な意図を持って、しつけをすることだと思います。

4つのパターンのうち、あなたはどのしつけパターンを多く活用しているでしょうか?きっとしつけという子育てで強いストレスを感じている人は「怒る」ことで「行動を減らそうとする」という正の弱化(罰)を多用しているのではないでしょうか?

まとめ

学問には「机上の空論」が多いと感じることもありますが、心理学には日常のストレスから抜け出す、多くの知恵やヒントがあります。

いまあなた自身が感じている子育てのストレスを多少なりとも和らげる法則が心理学にあるとしたら、心理学を学ぶ価値はあると思います。

感情的になればなるだけココロは疲弊してしまいます。

感性でぶつかり続けずに、冷静にあなた自身の行動パターンを一度整理してみてはいかがでしょうか?

しつけでお悩みの人は、何をした時に子どもがどうなったのか、過去のことを冷静に思い返してみる時間を持ちましょう。

学問に加えて、きっと過去の経験則にも失敗談は多く眠っていると思います。よく考えてみると子どもではなく「旦那がストレスだった」という回答に行きついてしまった人は旦那にも正の罰や負の罰を繰り返して「しつけ」をしてみても良いでしょう。

あなた自身がストレスから抜け出すヒントは心理学と過去の失敗のなかにあると思います。過去の失敗と心理学を照らし合わせてみて、次は同じ失敗をしないように整理していみることはストレスから距離を置く手立てになると思います。

  • LINEで送る