恋愛の悩み

恋愛ストレスの正体は?疲れや悩みを溜めすい人の5つの特徴

  • LINEで送る
男性と女性の違い

あなたは恋愛をしていてストレスを感じたことはありませんか?

恋愛をしていると、楽しいことも多いでしょう。

でも、色々な事に我慢を強いられたり、時には相手の行動や言動に落ち込んだり、あるいはイライラしたりするものですよね。

しかし、「好き」という感情や「嫌われたくない」という感情があるために、

  • なかなか本音を伝え切れない
  • 素直に話せない
  • 許せないと思っていても情が出てしまう

そんな事を繰り返しているうちに、ストレスが溜まってしまうことも少なくありません。

こちらの記事では、恋愛でストレスを溜めやすいの5つの特徴ごとに解説しています。

あなたが恋愛でストレスを溜めやすいタイプなのかどうかを確認してみましょう。

恋愛でストレスを溜めやすい人の特徴とは?

恋愛と聞けば「ルンルン」「ワクワク」「ウキウキ」といったプラスの印象を持つ人も多いでしょう。

でも、ある調査では恋愛が楽しいと感じている時は、お付き合いをする前の方がお付き合いをした後よりも感じやすいという面白いデータがあります。

つまり、恋愛と言っても告白する、あるいは告白される前までの不確定要素を人は楽しんでいるということになります。

  • 楽しいと感じる時=お付き合いする前
  • ストレスを感じる時=お付き合いした後

ということになります。

(これは広告心理とも同じかもしれませんが)不完全だからこそ気になるという「人」の特徴的な部分を表しているのかもしれません。

例えば、あなたはクイズ番組を見ていて、その答えが気になっているのにCMに入ることで「ぇえ!CM??」となった経験はないですか?

「人」は、

不完全な物事というのは人の強く頭に残ってしまう

ものです。

恋愛における心の変化もまさに同じで、誰かを好きになっている時にもっと話したかったな~ここでこう伝えればよかたな~などと不完全な想いを持つからこそ頭に残ります。

同時に、次はもっと〇〇しようと考え、好きという気持ちを成就させるために人は「ワクワク」しているのかもしれません。

ところが、お付き合いをしてみたら、恋愛はストレスフル、疲ればかりなものに変化していくことがあります。

ここでは、恋愛でストレスが溜まってしまう、疲れや悩みを溜めやすい人の代表的な特徴をタイプ別に分けて5つ、

  1. 期待先行型
  2. 支配型
  3. 対象操作型
  4. 優柔不断型
  5. 依存型

紹介します。

1, 疲れや不安を溜めやすい「期待先行型」は疲れる

このタイプの人は多いでしょう。

あるいは部分的にこのタイプの思考からストレスを溜めやすい人も多いのではないでしょうか?

相手に何かを期待してしまう人は恋愛でストレスを溜めやすい人の特徴になります。

相手が何かをしてくれる前提でいるときに、相手からあなたの望んでいる言動や行動が出なかった時にイラっとしてしまうでしょう。

この特徴の人がストレスを溜めないようにするためのとても簡単な方法は、

前提条件を変える=相手に過度な期待はしない

ことです。

少なくとも相手に何かを期待するとその期待に伴わない行動や言動がストレスになります。

初めから相手に多くを期待をしないことが得策といえるでしょう。

2, 怒りを爆発させる「支配型」は疲れる

執念深かったり、粘着気質の人はこのタイプに該当するでしょう。

これは男性、女性を問わずに一定数は存在しているタイプです。

相手の全てを理解したいという人は恋愛でストレスを溜めやすいタイプでしょう。

相手のことを全て理解することは不可能に近いです。

このタイプの人は相手を電話やメールで執拗に束縛したり管理したりしようとします。

でも、どれだけ物理的に管理が出来ても心までを管理することはなかなかできません。

相手のことを知りたいという純粋な想いは大切ですが、全てを知りたいという支配的な欲求を持たないことをオススメします。

3, 疲れやイライラを溜めやすい「対象操作型」は疲れる

相手を思い通りに動かしたいと考えている人は、「期待先行型」と「支配型」を掛け合わせたようなタイプとなります。

自分が意図した方向に、あるいは自分自身の思い通りの行動や言動を相手に求めるタイプになります。

そして、自分自身の思い通りにいかないことでストレスが溜まるというタイプです。

でも、恋愛は相手を思い通りに動かすことで満足を得るモノではありません。

対象=相手をを操作したいという気持ちを極力持たないことをオススメします。

4, 疲れや心配ごとを溜めやすい「優柔不断型」は疲れる

このタイプは「期待先行型」「支配型」「対象操作型」とは対極にいるタイプです。

相手に何かを求めるわけではなく、常に相手のペースで行動してしまい、本当に自分自身が考えていることや望んでいることを言葉にできないタイプです。

思っていることを言葉にできないことにより、思いや考えを溜め込んでしまい、そのこと自体をストレスを感じることになります。

これは恋愛に限ったことではないですが、思ったことをきちんと口に出す癖をつけることをオススメします。

5, すべてに頼ってしまう「依存型」は不安ばかりになる

このタイプは直接的にストレスを感じるというよりは不安の増大に伴いストレスを溜めてしまうタイプになります。

相手がいないと何もできなくなったり不安で物事が手につかなくなったりするタイプです。

まさに依存している状態となり、自分自身の思いや考え方までも全て相手に「依存」するようになります。

相手が頼られることを求めている時はストレスなくお付き合いが出来ますが、相手が相手自身のことにいっぱいいっぱいになり自分自身の優先順位が落ちると、途端に不安を感じてしまいます。

依存型の人は、依存できなくなるとストレスを感じてしまいます。

「自立すべきところはきちんと自立する」ことで不安を払拭することはできるでしょう。

まとめ

ここでは恋愛でストレスを溜めやすい人、疲れや悩みを溜めやすい人の特徴について紹介しました。

お付き合いする前の段階では「恋愛を楽しい」と感じる一方で、お付き合いを始めると「恋愛はストレス」を感じるモノになってしまうようです。

恋愛にストレスを溜めやすい人には、ここで紹介した5つの特徴以外にも様々な特徴があると思います。

ただ、恋愛はワクワクできるものでありたいですね。

恋愛でストレスを溜めている人は自分がなぜストレスを溜めているのかを考えるようにしましょう。

恋愛のストレスが自分自身で解決できないあなたは下記のフォームより思い切ってご相談ください。

 

お名前(必須)
メール(必須)
電話番号(任意)
ご相談テーマ(必須)
2回目以降の相談について(必須)
ご相談内容(必須)

利用上の注意に同意します。

 

※1 初回は無料です。お悩み項目を選択の上、お悩みをご記載ください。

※2 メールカウンセリングの活用の前に必ず「ご利用上の注意点」の確認をお願いします。

※3 返信のメールは「WELLBEING」からお送りします。

※4 ウェルビー・ココロ研究チームと提携している専門家が回答します。

 

  • LINEで送る