メンタル

ストレスフリーで生きたい!大切な5つのこと

  • LINEで送る
ストレスフリー

ストレスフリーになる方法をご存知ですか?

毎日の仕事や学校生活、家庭のことなどで人はストレスを感じるもの。「ストレスは病気の元になる!?」でも書かせて頂きましたが、ストレスを溜めることによって、体調不良やその他の症状が出ることもあると言われています。精神疾患はストレスだけの要因ではありませんが、時にはうつ病の症状が出ることもあるでしょう。

できれば、ストレスを感じず過ごしたい。うつ病などの精神疾患になる前にストレスについて知りたい。と考えている人も多いのではないでしょうか?

では、どの様にすればストレスを感じなくなるのでしょうか?そんな事できるのでしょうか?

こちらの記事では、ストレスフリーになるために大切なことをまとめています。

ストレスフリーとは

ストレスフリーで生きたい!そんな言葉を口にした、あるいは耳にしたことはありませんか?

いい言葉でよね、このストレスフリーという言葉。ストレスが無いなんて最高でしょうね。でもストレスのない、ストレスフリーな状態というのはなかなか長続きはしないものです。

例えば、サラリーマンの人であれば大きな商談に成功してこれでようやくストレスから解放される、と同僚と祝杯をあげて、帰宅した途端に、家に帰ると「何時だと思ってるの?」と突然、妻に怒られてストレスを感じてしまうなんていう経験をしたことはないでしょうか。

そうなんです。つまり、このストレスというのは生涯つきまとってくるものなんですよね。でも、やっぱりストレスフリーで生きたいと思っている人は、先ず、そもそも、その「ストレス」というのは一体何かのか?その正体を突き止める必要がありそうですね。

ストレスは自分で作っている!?

ある物事「X」ということが起きてしまった時に笑って済ませることができる人がいます。一方で、物事「X」に対して強い怒りを感じ続ける人もいる。となると、

ストレスの正体は一体何なのでしょうか?

もしかしたらストレスは自らが作り出しているものでは?

ストレスとは、もともと「圧力」などを意味する言葉だったようで、1930年代後半に「外界のあらゆる要求によってもたらされる身体の非特異的反応」を示す概念として提唱されたようです。

その説によれば、身体に与えられたストレスは、「副腎皮質の肥大」「胸腺・膵臓・リンパ節の萎縮」「胃と十二指腸の出血や潰瘍」を引き起こすとされています。

やはり、ストレスとは人にとっての有害刺激と言えるわけです。ここで、ストレスとは先ず「非特異的生理学的変化が生じている状態を指す」という定義になったそうです。さらに1960年代に入ると生活ストレスの研究を契機に、ストレスの研究は加速し、心身の健康状態に悪影響を及ぼすという考え方が根付いていったようですね。

また、この時期にストレス・コーピングという「個人的変数」が導入されたようです。つまり、害や脅威が私たちを襲ってきた時に、対処努力を要するものがストレスであり、ネガティブな情動が喚起されるんだそうです。分かりづらくなってきましたが、ストレスとは、心身の健康を著しく損なうほどの激しいネガティブな情動を引き起こす「事」や「モノ」となるわけです。

賢い人はもうお気づきでしょう。つまりストレスというのは、個人がネガティブな情動を引き起こしてしまうような「出来事」や「物事」なわけですね。

ただ、「モノ」や「コト」に対する感じ方が、人それぞれであることを考えると、ストレスはやはり外界に存在しているのではなく、カッコよく言ってみると

「あなたのココロにあるんだ!」

ということになりますね。

ストレスフリーになろうと思えばなれる

ストレスのない社会なんて存在するのか?

という問いに対しては、自分自身のネガティブな情動を全ておさえることが出来れば、ストレスフリーの社会は存在するということになります。大きな天災などに遭遇しない限りは究極はストレスフリーは存在します。それはなぜか、それはあなたのココロの持ち方次第、だからです。

どんなことがあってもネガティブな情動が引き起こされなければ、それはもうストレスフリーということになります。

でも、ネガティブな情動を引き起こさないように努力をしてしまうとそれはもうストレスフリーではないです。つまり、普段からネガティブな情動が引き起こらないようにトレーニングをすれば、ストレスフリーは成し得ることができるとういう理解であれば、ストレスフリーを実現できるかもしれません。

もちろん私たちウェルビーココロ研究チームも究極はストレスフリーを目指しています。「モノ」や「コト」に対してのネガティブな情動がコントロールできる毎日はきっと気持ちいいもんだろうなと思います。でも、例えば雨が降っている外を見るだけでネガティブな気持ちになってしまうのも事実です。

ストレスフリーで生きる為に大切なこと

ここまで記載した内容とは、ストレスは「モノ」「コト」が持っているのではなく、その「モノ」や「コト」が起きた時に湧き出る私たちの感情のなかに潜んでいるということです。だからこそ、究極はストレスフリーを成し得ることができる、と信じたいです。

1:対他者ストレスからの脱却、対人関係をストレスフリーに!

幸せを運んでくるのも「人」、不幸せを運んでくるのも「人」というわけです。

人は人に対して、とても良いことをあちこちでしていると思います。行いの良さを示す典型的な例として、荷物が重たくて階段を登れなくて、困っているおばぁちゃんを若者が助けるという一例がありますね。もしかしたら、その様子をいま目にしている人もいるかもしれません。でも、その「人」が「人」に対して働きかけている良い行いは印象として強く残らないものです。むしろ、「人」が「人」に危害を加えている光景などの方が親切をしている印象よりも、強く人の頭には残ります。

良い記憶よりも、悪い記憶の方が強くメモリーに残ることはよくあります。

例えば、普段親切にしてくれているAさんが、いつもと違ってちょっとだけ、ほんのわずかだけ、不親切な行動あるいは言動をとったとしたら、、、それだけで不親切は強く頭に残ってしまうモノです。

一昔前の人は上手く言ったモノで「人の不幸は蜜の味」なんていう言葉もあるほどです。

つまり、人はネガティブな情報に敏感であるということが言えます。この記事を読んでいる人は特にネガティブな情報に敏感なのかもしれません。ネガティブな情報に敏感であることは、ストレスフリーからは対極となります。

結局はネガティブな情報が先行してしまうわけですが、特に強く頭に残る対人関係において、ネガティブな情報を回避するために、皆さんに知っておいてもらいたい知識は「ジョハリの窓」という対人関係における気づきのグラフモデルです。

人間関係を自分と他人に分けた場合、

①お互いが知っているエリア

②自分は知らないけど相手は知っているエリア

③自分は知っているけれど相手は知らない窓

④お互いが知らない窓

上記の4パターンに分かれます。これ以外は存在しないと仮定すると、ストレスへの対応力を身につけることができます。そもそも②③④の窓に関しては、知らないことが存在する窓なので、相手の行動や言動にそこまで敏感なる必要がない、ということです。

つまり、元々知らないことがあるという人間関係の付き合いの「前提」をきちんと理解することです。その前提を無視して、お互いが知っていることが多いという錯覚で他者と付き合うという前提条件にエラーが起きているため、ネガティブな感情は生まれやすくなっています。

先ずは、前提が「知らなくて当たり前」だと思い続けることを強くお勧めします。誰かに気持ちを許したり、誰かに期待をすることはストレスへの入り口とも言えます。対他者へのストレスは、職場でも学校でも大きなテーマになるのでまた、改めて記載したいと思います。

2:これでストレスフリーなココロを創る!とにかく深呼吸をしよう!

深呼吸は自律神経の交感神経と副交感神経に働きかけてくれます。

交感神経優位の時は「やる気」がみなぎり、副交感神経優位の時は「リラックス」することができるとされています。深呼吸はとても分かりやすい方法としてよく上げられますが、深呼吸はやはり正しく交感神経と副交感神経をコントロールする方法であると言えます。普段から徹底して、「やる気」と「リラックス」を意図的に作り出すことができるとすれば、キーワードである「ネガティブな感情」もコントロールすることができるようになります。

私たちは心臓が動いて生きていますね。でもその心臓を意識的に止めることなんてできませんよね。同じように私たちは呼吸して生きていますよね。でも呼吸は意図して止めることができるますよね。心臓とは異なり、呼吸は自分たちの意識でコントロールできるのです。

いまから副交感神経を優位にしてください、と言われた時に多くの人は「どうやって?」と思うことでしょう。でも、普段から呼吸を意識している人は自然と呼吸を深くすることでリラックスを創ることができることを知っています。

何度も記載しますが、ストレスは「モノ」や「コト」にあるわけでなはく、その人のネガティブな感情にあるのです。だからこそ、ネガティブな感情は自分でコントロールする、ということがストレスフリーへの第一歩となります。

私たちウェルビーココロ研究チームも「深呼吸」の時間を設けて、交感神経と副交感神経の働きを意識して、ネガティブな情動を打ち消す努力を行っています。もし呼吸に興味がある人は、ぜひ私たちの提供する無料カウンセリングにお越しください。ストレスに強くなる呼吸の方法をお伝えさせて頂きます。

お問い合わせはこちら。

3:これでストレスフリーなココロを創る!とにかく日光浴をしよう!

最近は紫外線への強い抵抗を持っている人も多く、男性でも日傘をさしている人を見かけることもあります。もちろん女性のなかには、日焼けが天敵である人も多くいるでしょう。

それでも私たちの日照周期をきちんと整え、生活のリズムを教えてくれているのは、間違いなく太陽の光に他なりません。

事実、「冬季うつ」という言葉があるように、人は日照時間が短くなると病みがちになるというデータも存在しています。

一般的にも何かを始めるなら春先からという人も多いと思います。これは日照りが多くなることで草木が芽吹き始めるととも、自然と「やる気」スイッチが入るという人間のメカニズムなのかもしれません。また、日光浴からビタミンDが生成すると言われており、最近では日光浴とうつ病の関連を書いた記事を目にすることも多々あります。やはり、太陽はもっとも力=エネルギーを持っていると考えることができるとすれば、ぜひ日光を浴びる時間を持つようにしましょう。

4:これでストレスフリーなココロを創る!とにかく運動で汗をかこう!

汗をかいて「スッキリした」、体を動かして「スッキリした」という経験は、おそらくほとんどの人が感じたことがある体験ではないでしょうか。

これは、体を動かすことが気持ちいいという論はもちろんあると思います。最近ではマラソンブームが起きていますね。ただ走るだけなのに、なぜそれが面白いのか?あるいは筋力トレーニングなどもとても流行ってますよね。これもマラソンと同じくただ鍛えるだけなのに、なぜそれが面白いのか?と思う人もいるでしょう。

でも、これらには共通点があり、マラソンには「ランナーズハイ」という言葉があり、トレーニングには「トレーニングハイ」という言葉があります。これは、自ら強いた過酷な環境のなかで、やる気や気力が満ち溢れることにより、βエンドルフィンというモルヒネに似た物質が脳から分泌されている状態とされています。モルヒネとは、単純に苦痛の減少を促す薬のことです。その強力な薬と同様の作用を持つβエンドルフィンが脳内物質として分泌されると、ストレスを感じなくなってっしまいます。

運動は汗をかくことで毒素を排出できる上に、モルヒネまで脳内から生成される。これはもう「無敵」としか言いようがありませんね。

ただ、そこまで過酷な運動をしなくても単純に汗をかくことは「毒素」の排出になります。最近はあまり聞かなくなりましたが、デドックス作用があるわけです。体内に毒素がたまっていなければ当然、ネガティブな情動を引き起こしにくくなります。

5:これでストレスフリーなココロを創る!とにかく人と話しをしよう!

深呼吸するのも面倒だ。。。日光浴も嫌だ。。。運動するのも嫌だ。。。という人は当然いると思います。

それはそれでOKです。何か努力をしなければいけないこと、それ自体がストレスになってしまうとすれば、それはネガティブな情動のきっかけになってしまうので。

そういう方はぜひ、話しをするということだけでもやってみてください。話しをすることには、ココロを浄化するデドックス効果があります。心理学的にはこれをカタルシス作用と言います。

人のココロにたまった良くない感情は「心理的負債(ココロの負債)」としてココロに残ってしまいます。これは、経済社会、つまりお金でいうところの借金と同じようなものです。友達に1万円を借りた、という話しには「それは早めに返した方がいいよ」といった程度のアドバイスをすると思います。でも、友達に1000万円借りた、となれば「それは何に使った?」「まだ手元にある?」と詮索し、少なくとも同じお金の貸し借りであっても、1万円を借りた話しとは同義にはならないと思います。

まさに負債がたまりすぎると人は単純にその人を心配するということです。

実は「ココロの負債」でも同じで、負債が軽いうちはライトなトークで終わるのですが、負債が膨らみ過ぎてしまうと、簡単な話しではなくなってしまうのです。ちょっとでもココロの負債を感じたら迷わず身近な人に話す癖をつけてもらいたいと思っています。もっと言えば、負債を負債と感じる前に、誰かに話しをする癖をつけてもらいたいものです。経済社会よ同じように、心理の社会でも、負債の大きさによっては返済が不能となってしまうケースがあるのです。

もちろんウェルビーココロ研究チームではどんなお悩みでも無料でのカウンセリングを引き受けております。少しでもココロの負債を抱えたと感じた際は、私たちのカウンセリングサービスを活用してください。

先ずは誰かに話しをすることでカタルシス作用を常に働かせれることができるよう、「とにかく話しをする」癖をつけてもらえたらと思います。

これも、ストレスフリーを築き上げる第一歩になると思います。

ストレスフリーに関するまとめ

こちらの記事ではストレスフリーに関するまとめをしました。

もしかするとストレスを感じることなんて無い、という方もおられるかもしれませんが、一般的には人は何らかのストレスを抱えています。ただし、そのストレスを解消する方法があったり、ストレスをためない為の考え方(上記参照)もあります。

全てが簡単にできることだとは言いませんが、こちらの記事の「ストレスフリーで生きる為に大切なこと」に記載の通り、ストレスフリーになる為に今日からできることもたくさんあります。

まずは、自分でできることから、すぐにはじめようと思えることから、積極的に取組んでいきましょう。

  • LINEで送る