ストレス

これを食べればストレス解消!効果的な食べ物5選

  • LINEで送る
ストレス解消食べ物

最近、仕事で疲れが溜まってるなぁ!と感じている方も多いのではないでしょうか。そんな時、疲れを取ってくれる、ストレス解消の食べ物をご存知ですか?

疲れている時に食べる食べ物と聞くと、元気の出る食べ物(例えば、辛いものや焼肉など)を連想する方もおられるかもしれませんが、こちらの記事では、疲労からの回復(ビタミンなど)について、栄養素の観点から効果的な食べ物をまとめていきたいと思います。

現代社会を生きている皆さんは、ストレスを溜めない(ストレスフリー)にすることは簡単なことではありません。ストレスを溜めない方法を考えることも大切ですが、ストレスをコントロールする方法を身につけていただくのが近道なのかもしれません。

ストレス解消に必要な栄養素5選

こちらでは、ストレス解消に必要な栄養素5選をご紹介致します。

ただし、偏った食生活は違う病気を起こす可能性もありますので、あくまでも正しい食生活があってのことであると前置きをしておきます。ストレス解消のための栄養素が分かっていれば、事前に食事の工夫などもできるかもしれませんね。是非、参考にして頂きたいと思います。

ストレス解消に必要な栄養素その1:ビタミン

先ずは、ストレスにいい栄養素は何ですか?と聞かれた時に頭に思い浮かぶものと言えば、ビタミンではないでしょうか?

特にメジャーなものにビタミンCがあります。職場や友達同士の会話でも一度は耳にしたことがある、あるいは自分自身が口にしたことはあるのではないでしょうか?

イライラしている職場の同僚や友達を見て、「ビタミンC足りてないのでは!?」と。そうなんです、このビタミンCは、ストレスに大きな効果を持っています。人間はイライラすると、そのイライラに抵抗するため、副腎皮質ホルモンを分泌しますが、その副腎皮質ホルモンの原料としてビタミンCが使われるため、ストレスの多い環境下ではビタミンCが多く消費されてしまうことになってしまいます。

つまり、ストレスを感じている時はこのビタミンCを積極的に摂取する必要があるようですね。代表的な食べ物としてレモンがよく上げられますが、それ以外にも果物であれば、グレープフルーツやオレンジ、野菜であればブロッコリーやほうれん草にも多く含まれているとされています。

ストレス解消に必要な栄養素その2:カカオマスポリフェノール

余談ですが、おやつを食べることは、間食とも言われ、良くない面を指摘されることも多いと思いますが、実は「おやつを食べる」こと自体にもストレスを解消する作用があるんです。子供のころから「おやつの時間」と聞いたらそれだでけもワクワクしますよね。その「モノ」「コト」に対するポジティブな情動の誘発はそれだけでも十分な価値を持っているものです。だから、「おやつは積極的に食べてもいいんです!」なんて行き過ぎた記載をすると何か胡散臭くなってきますね。

そこで、ここでは「おやつ」をチョコレートに限定して、お話しを進めたいと思います。チョコレートも様々なものがありますが、チョコレートのなかでも、特にダークチョコレートがいいとされています。ダークチョコレートと言っても、特にカカオマスポリフェノールを多く含んだチョコレートが良いとされています。カカオポリフェノールには、「血圧低下」「動脈硬化」「美容効果」「アレルギーの改善」「脳の活性化」などの効果あるとされています。また、カカオマスポリフェノールには、「抗ストレス作用がある」と記載された論文も出ています。

お菓子が食べたくなったら、迷わずカカオ(マス)ポリフェノールの含有量が高いチョコレートで決まりですね。

ストレス解消に必要な栄養素その3:トリプトファン

トリプトファンには、まさに抗ストレス作用が高く、「精神安定」や「良質な睡眠」などの作用がある神経伝達物質であるセロトニンの原料となる必須アミノ酸であり、牛乳から発見されたとされています。脳に運ばれたトリプトファンは、ビタミンB6やマグネシウムと一緒にセロトニンを作るとされます。

つまり、トリプトファンは、体内で脳内物質「セロトニン」の材料になるわけです。セロトニンは別名、「幸せホルモン」とも呼ばれる物質であり、まさに「精神安定」に密接な関係があります。転じて言えば、この脳内物質のセロトニンが不足すると、「うつ」などにも繋がりかねないとされる重要な脳内物質です。また、トリプトファンには、「良質な睡眠の質」にも密接に関連があります。睡眠のリズムを整えるには、睡眠ホルモンである「メラトニン」が重要になりますが、そのメラトニンは日中分泌されるセロトニンを材料に生成されるます。そのセロトニンの材料になるのがトリプトファンなので、このトリプトファンをしっかり摂取することで、良質な睡眠を確保することができるようになります。睡眠の質はストレスとも大きなかかわりを持っているため、積極的に摂取したいですね。代表的な食べ物としては、牛乳やバナナ、アーモンドに多く含まれるとされています。特にこのトリプトファンは、「必須アミノ酸」と呼ばれていますが、体内で生成することができない必須アミノ酸であるため、食事等で補う必要があります。

ストレス解消に必要な栄養素その4:カルシウム

こちらもビタミンと同様に、職場や学校で聞いたことはないでしょうか。イライラしている同僚や友達、あるいは先生を相手に「カルシウムが不足してるのでは!?」というコメントを。

このカルシウムもストレスには大きな効果を持っています。カルシウムで最もメジャーな効果は骨(歯)を作る栄養素だということだと思いますが、カルシウムには興奮を抑える働きがあるのです。そのため、カルシウムが不足するとイライラしがちになってしまいます。カルシウムを多く含む代表的な食べ物は、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品の他、魚類全般にもカルシウムを多く含んでいるとされています。

また、カルシウムの吸収を高める働きを持っている栄養素としてビタミンDがあるので、同時に取ると効果が倍増するとされています。

ストレス解消に必要な栄養素その5:タンパク質

上でも記載しましたが、人間はストレスを感じた時に、体内にある物質を消費します。このストレスを感じた時に消費する物質にたんぱく質も含まれています。

つまり、ストレスを感じた時は、体内のタンパク質を大量に消費することから、良質なタンパク質を摂取することはもちろん大切だと言えます。人間は、ストレスに直面することで血圧や体温、血糖値を上昇させてストレスに抵抗します。その際にタンパク質を放出します。特に外傷などの急性ストレスでは、「1日15~25g」ものタンパク質が使われるとされています。過労などのストレスや心労などを長期にわたり経験すると、風邪を引きやすくなることはご存知でしょうか。これは直面したストレスによって免疫力が低下し、ウイルスと戦うことができずに感染症などににかかりやすくなるためと考えられています。つまり、強いストレスが続くことによる免疫力の低下を考えると、一定のたんぱく質を摂取する必要がることは言うまでもありません。ストレスのない生活は考えられないからこそ、ストレスに対応できる体をつくるためにもタンパク質の摂取は必要ということになります。

代表的な食べ物としては、鶏肉などの肉類や乳製品となります。

食生活(習慣)を見直そう

私たちウェルビーココロ研究チームは、生活習慣とストレスには特に注目をしています。生活習慣と言えばもちろん食事と睡眠ですよね。食事には、ストレスを解消するための栄養から、ストレスに強くなるための栄養、あるいはストレスと密接に関連する睡眠を確保してくれる栄養素などがあります。

栄養のバランスを考えた食生活(習慣)が大切

「好きなものを好きなだけ食べる」「好きなものを好きな時に食べる」これももちろん、ストレスに対応するための手段だと思います。でも、いつもこのような対応を取っていると気づけば体は異変を生じることになるでしょう。

先ずは、ストレスに対応することが可能となるように、必要な栄養素に、少しだけ気を配る。少しづつでも大丈夫なので、栄養のバランスを考えた食生活(習慣)を持つように心がけることができれば素敵ですね。

まとめ

こちらの記事では、ストレス解消のための食事について少し専門的な観点からも解説をさせて頂きました。

うつ病などの精神疾患となると、メンタルクリニック(心療内科や精神科)に行く方も多いですが、実際に病院に行くのが抵抗をお持ちの方も多いです。もし、事前に気をつけることが出来るとするならば、こちらの記事で書かせていただきましたストレス解消の食事(食生活)ではないでしょうか。食生活の見直しは、ストレス解消にも繋がりますし、心のケアだけでなく身体のケアにも直結することでもあります。

身体も心も健康であり続けるよう、ケアに対する知識を付けて一つ一つ実行してみてください。

  • LINEで送る