学校・就活での悩み

新卒の就活うつ、就活を乗り切る2つのゴールとは?

  • LINEで送る

就活が上手くいかずにうつ状態になっている大学生は多いのではないでしょうか?

就活はまたもやルール改正をするなどで、方向性が揺れてますね。

でも、どんなルールになろうとも就活を乗り切るためにやるべきことはたった2つのゴールを理解することだけです。間違えても「就活のゴール=内定」だとは思わないようにしましょう。

コロンビア大学、名誉教授に就任したアメリカのキャリア研究者であったドナルド・E・スーパーは、「キャリア形成をすることは選択の連続だ」と言っています。

就活は内定を目指すものではありません。これから歩んでいくキャリアの第1歩目を模索するための時期になります。

あなたがいま就活で苦しんでいるようなら、この記事が就活の本当のゴールを意識する新たなマインドセットになればと思います。

就活うつにならないためライフステージを整理しよう

ドナルド・E・スーパーは、人生を大きく5つのライフステージに分けています。

成長段階/0歳~15歳

自分がどういう人間であるかということを知る。職業的世界に対する積極的な態度を養い、また働くことについての意味を深める。

探索段階/16歳~25歳

①職業についての希望を形づくっていく。②職業についての希望を明らかにしていく。③職業についての希望を実践していく。

確立段階/成人前期から≒26歳~45歳

①職業への方向付けを確定し、その職業に就く。②確立と昇進。

維持段階/40歳代中期から退職まで≒46歳~65歳

達成した地位やその有利性を保持する。

下降段階/65歳以降

諸活動の減退と退職

引用:「職業的発達段階(Super,D.E. & Jordan,J.P. 1974)」

知っていましたか?キャリアをようやく確立できる段階は45歳だそうです。

つまり、いまあなたはキャリアの「探索段階」にいて、新卒の就活はまさにキャリアの「探索」の始まりの時期になります。

日本では、大学生の就活が「確立段階」のような捉え方をされていますが、それは大きな間違いです。22歳はまだ「探索段階」なのです。つまり、いま就活で悩んでいるあなたは探索段階なので、

  • 迷って当たり前
  • 進路に悩んで当たり前

であるということをどうか覚えておいて下さい。

むしろ企業人事の人が45歳に満たない場合、あなたを面接している「人」自身がようやくキャリアの確立段階を終える時期です。そんな時は、「この先どのようなキャリアを送ろうと考えていますか?」いままででどのような経験を蓄積できましたか?」と人事に質問をしてみてもよいでしょう。その答えを聞くことでその企業でその人が培ってきたキャリアも自ずと見えてくるはずです。

就活うつにならないために「キャリア形成は選択の連続」ということを忘れない

日本社会では働き方改革という流れのなか、終身雇用や安定雇用はますます時代錯誤になると考えることが出来ます。

就活うつにならないでも大丈夫

もちろん企業や業種によりけりですが、終身雇用や安定雇用は本格的に終わりを迎えると類推できます。そんな時代に突入してきているいま、キャリアに悩むのは就活の時だけではなくなるでしょう。あなたは、この先もキャリア選択に頭を抱える時期にもしかすると何度も突入するといった時代になっていくでしょう。つまり、就活につまずいてもリカバリーできる時代になってくるのかもしれません。

あなたの就活うつは「内定=キャリアのゴール」という考え方からきていませんか?

日本も新卒の就活だけでキャリア選択が終わらない「キャリア形成をすることは選択の連続だ」という時代の流れになってきています。

少なくとも「内定が出た→嬉しい→キャリアのゴール」ではないことを意識しましょう。また「内定が出ない→辛い→うつ状態になる」この公式から脱却できるようになるには、そもそも内定=ゴールと捉えないことが大切になります。

就活は単なる就職をするための活動ではなく、あくまでもあなたのキャリア選択の始まりであることを忘れないでおきましょう。

1. 就活うつにならないための1つ目のゴール:「自分の性格を一言で表す」

このゴールにたどり着くために自己分析をしているわけですが、自己分析が必要な年齢は45歳前後のいよいよキャリアを確立する段階の人たちでしょう。

少なくとも、いまあなたに求められている自己分析はそんなに難しいものではありません。あなたがすべき自己分析は、「自分は○○な人間です」この一文を完成させることだけです。

就活うつにならないために「自己分析」という言葉に惑わされないこと

自己分析という言葉から就活への意識は強くなりますが、この言葉が就活生を迷子にさせているのでしょう。自己を分析する、そんな難しいことは未就業のあなたは出来なくて当たり前なのです。自己分析と言う言葉に惑わされてはいけません。もっとシンプルに考えましょう。これまでの人生においてあなたの中に「これだけは譲れない」という思考や行動があったと思います。それらを考えて見てください。自己分析ではなく過去回想作業です。そのなかで単純に、

自分は○○な人間です

という一文を導き出してください。

就活うつにならないために「他己分析」という言葉に惑わされないこと

この言葉も自己分析と合わせて就活ではよく出てきますね。自己を分析することに対して他者に自分を分析してもらうことを指すわけですが、あなたが仕事をしている姿を分析されるわけではありません。社会人と学生の大きな違いは「ありのままの自分でいられること」「創られた自分でいなければならないこと」にあります。

恐らく、仕事をしていてありのままに生きている人はほとんどいないでしょう。つまり自由に生きることが許されている学生時代の「他己分析」には大きな意味がないと捉えることもできます。それでも他己分析を求めるエントリーシートなども存在します。その場合は、他己分析ではなくメタ認知作業をしましょう。そのなかで単純に、

自分は○○な人間です

という一文を導き出してください。

就活うつにならないためにも一つ目のゴールには直ぐにたどり着こう

過去回想作業とメタ認知作業をするなかでそれらを最終的に混合させ、「自分は○○な人間です」と自信を持って言えるようになれば、それで「就活でいう」自己分析はもう一旦やめましょう。

この先、仕事を通じて、出会いを通じて、自分自身(自己)を分析する多くの「材料」を仕入れていきます。自己を分析する「材料」が限られているいま、完璧な自己を分析することはできないでしょう。

「自分は○○な人間です」という一文を導き出すことが出来れば、この先キャリアを確立すべき時期・段階まで本当の自己分析はおいておきましょう。

2. 就活うつにならないための二つ目のゴール:「未来への意識を強める」

多くの学生は一つ目の作業である自己分析に多くの時間を費やしています。でも、この二つ目のゴールである「未来への意識を強める」ことは一つ目のゴールである自己分析よりもはるかに大切になるでしょう。

就活で失敗した人たちの多くは自己分析ばかりに力を入れて、どのような未来=キャリアを歩んでいきたいのかを全く意識できていない人たちです。

就活うつ、そして働いてもうつにならないために「業界研究」を徹底しよう

業界研究という言葉。分析のあとは研究…と嫌になってしまいそうですね。ただ、この業界「研究」は自己「分析」よりもはるかに価値を持っています。世の中に山のようにある仕事について「研究」することは、材料がほとんどないなかでの「自己分析」よりもはるかに価値を持っています。

あなたにとっていい企業とは何ですか?と聞かれたら多くの人は「給料がいい」「安定している」「福利厚生が充実している」「残業が少ない」「土日が休み」などの条件面の良さを列挙します。でもいい企業の価値は本当にそのような条件面にあるのでしょうか?

就活のあともうつにならない、あなたにとって本当にいい企業とは?

あなたにとって“いい”企業の“いい”をきちんと定義しておきましょう。その定義に沿う業界あるいは企業とは、どのような場所・環境なのかを徹底的に研究することは、この先のキャリアを歩む上でとても大切なことです。

もしあなたの「大手の内定が欲しい」理由が「友達や親に馬鹿にされない」あるいは「自慢できる」というような選択だったとしたら、キャリアの模索において大した価値を持っていない尺度で就活をしていることになります。

他者の評価を意識した“いい”企業の定義、尺度は綺麗さっぱり捨ててみることをオススメします。

就活うつにならないために「未来を生きる確かなイメージ」を

あたなが業界研究をしているなかで大切にすべきことは何だと思いますか?それは、その業界で自分が少しでも活躍できるイメージが持てるか否かということです。そこでなら「私は○○な人間だから活躍できる」と思えるようになれば、それで二つ目のゴールに到達です。

就活うつにならないために一つ目と二つ目のゴールを合わせよう

私は「○○な人間です」だから「○○というキャリアを歩んでいきたい」

すなわち、

「自分は○○な人間だから○○なキャリアを歩んでいきたい」

という一文が出来上がればあなたのぶれないキャリア選択がスタートすることでしょう。あなた自身が導き出したこの一文に力を持てれば、就活でのうつ状態からはきっと解放されていきます。

就活でうつ状態を招きやすい理由は合否という結果に翻弄されるためです。でも。どんな出来事が起きてもぶれない自分がいれば、就活でうつになることはきっとなくなるでしょう。先ずは焦らずに、「自分は○○な人間だから○○なキャリアを歩んでいきたい」という確かな一文を完成させましょう。

そして、その完成した一文はあなたのキャリア選択の軸になっていくでしょう。

まとめ

もう一度スーパー理論をみてください。

成長段階/0歳~15歳

自分がどういう人間であるかということを知る。職業的世界に対する積極的な態度を養い、また働くことについての意味を深める。

探索段階/16歳~25歳

①職業についての希望を形づくっていく。②職業についての希望を明らかにしていく。③職業についての希望を実践していく。

確立段階/成人前期から≒26歳~45歳

①職業への方向付けを確定し、その職業に就く。②確立と昇進。

維持段階/40歳代中期から退職まで≒46歳~65歳

達成した地位やその有利性を保持する。

下降段階/65歳以降

諸活動の減退と退職

実は最大の問題は、あなた自身にはないのかもしれません。就活でうつになる最大の問題は、『日本には「成長段階」における職業観の教育が乏しすぎる』ことにあるでしょう。例えば、小中高といった日本の教育のなかで「お金」に関わる授業があったでしょうか?社会で最も大切になる「お金」の話しが教育では全く出てこないのです。

日本では職業観の育成が乏しいという「そもそも」の課題があります。

でも、社会のシステムにどれだけ問題や課題があろうと、いま就活をしている人たちの就活は待ってはくれません。

あなたが就活に悩み、ココロが疲れているようなら、「働き方は無数に存在する」ということをどうか覚えておいてください。確かに、いまの日本のシステムでは、新卒での就活の失敗はキャリア形成の大きな痛手になることもあります。ただ、希望の会社に入ったとしてもそこで苦しむ人たちも多くいます。

どの道が正解でどの道が間違っているのかを今はまだ判断する時期ではないです。

あなたが46歳以降の達成を考えることができる「維持段階」までは今まで生きてきた人生と同じだけの時間があります。模索には失敗がつきものです。最大の失敗は「模索段階」に模索を止めてしまうことです。いまは就活というキャリアの模索段階だからこそ、模索をし続けてみましょう。そして、模索を繰り返す過程で、

「自分は○○な人間だから○○なキャリアを歩んでいきたい」

という確かな想いを持てたら、あなたのキャリアはきっと良い方向に向かうでしょう。

一人でも多くの就活生が自分の歩みたい明確なキャリアを想像できるようになればと思います。

  • LINEで送る