仕事の悩み

仕事でストレスを感じる人の特徴と心をリカバリーする方法3選

  • LINEで送る

仕事がストレスで毎日がもう嫌だ!と考えていませんか?

1年365日のうちのほとんどの時間を費やす、それが仕事です。1日24時間のうちほとんどの時間を費やす、それが仕事です。

それは「仕事がもう嫌だ!」と感じたときからあなたは多くの時間ストレスにさらされていることを意味します。

ロシアの作家であるマクシム・ゴーリキーは言っています。

仕事が楽しければ人生は楽園だ。

仕事が義務ならば人生は地獄だ。

仕事にストレスを感じている人は日々を地獄のように感じてしまうものです。

そんな仕事でのストレス地獄から抜け出すためにもこの記事では、

  • 仕事にストレスを感じる人の特徴
  • 仕事のストレスから心をリカバリーする方法

を紹介します。

きっとあなたが感じている仕事でのストレスから心(=ココロ)をリカバリーするためのヒントになります。

仕事のストレスはココロとカラダを崩壊させる

仕事でのストレスは確実にあなたのココロとカラダを崩壊させていきます。

仕事のストレスはココロを崩壊させる

ココロの病としては、うつ病が最もよく聞く病名です。日本ではうつ病と診断される人の割合は右肩上がりとなっています。

厚生労働省のデータでは、

日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人、1999年には44.1万人とほぼ横ばいでしたが、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と、著しく増加しています。

引用:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト」より

とされます。

そして仕事でのストレスをきっかけにうつ病を発症したとして労災(=労働者災害補償保険)を申請する人の数は、

  • 平成25年度:1409件
  • 平成26年度:1456件
  • 平成27年度:1515件
  • 平成28年度:1586件
  • 平成29年度:1732件

と、年々増加しています。

引用:厚生労働省「平成29年 過労死等の労災補償状況」より

特に、労災の請求件数では、製造業や医療・福祉分野での請求件数が目立ちます。

引用:厚生労働省「平成29年 過労死等の労災補償状況」より

実際に仕事上でのストレスとして、労災の請求にいたるほどの強いストレスの主な原因には、

仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった / 顧客や取引先からクレームを受けた / 2週間以上にわたって連続勤務を行った /(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた / 上司とのトラブルがあった / 同僚とのトラブルがあった

引用:厚生労働省「平成29年 過労死等の労災補償状況」より

などがあります。

特に仕事でのストレスは「対人関係」であることがほとんどです。仕事でのストレスを対人関係に感じている人は特に注意が必要と言えます。仕事のストレスは日々襲ってきてはあなたを苦しめてしまうものです。もう嫌だ!限界だ!と感じている人は自分を騙し騙し頑張らせるのではなく、きちんと「休む」ことを真剣に考えましょう。

ウェルビー先生
あなたのココロとカラダの健康以上に大切なモノなんてありません!休む勇気は絶対に必要です!

仕事のストレスはカラダを崩壊させる

仕事でストレスを感じないという人がいます。仕事をする上では良い緊張状態をつくるためにも一定のストレスが仕事のパフォーマンスや成果を上げてくれることがあります。

でも、仕事のストレスではどこまでは必要でどこからが不必要なのかはなかなか目に見えるモノではありません。たとえココロが大丈夫だと感じていても、仕事のストレスがカラダの症状として現れる人たちもいます。

仕事でのストレスが原因で生じる症状には、

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 下痢
  • 胃痛
  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • ニキビ
  • 体重変動(減少や増加)
  • めまい
  • 動機
  • 食欲不振
  • 難聴
  • 便秘
  • 不眠

などがあります。

あなたは自分のカラダにあらわれている症状はありませんでしたか?

仕事を頑張ることは決して悪いことではありません。でも、あなたが自分自身のカラダを壊しいてもなおストレスやカラダの症状を放置していると大変なことになります。ココロの病気と同じように、もう嫌だ!限界だ!と感じている人は自分を騙し騙し頑張らせるのではなく、きちんと「休む」ことを真剣に考えましょう。

ウェルビー先生
あなたのココロとカラダの健康以上に大切なモノなんてありません!休む勇気は絶対に必要です!

仕事にストレスを感じる人の特徴とは?

仕事では同じような境遇や状況で仕事をしていてもほとんどストレスを感じない人もいれば強いストレスを感じる人もいます。つまり、ストレス耐性には個人差があると言えます。その「個人差」には一体どのような違いがあるのでしょうか?

ここでは仕事でストレスを感じる人、ストレスを感じやすい人の特徴を紹介します。

あなたがストレスを感じる人の特徴に複数該当する場合は特に注意が必要です。複数該当する場合は既に仕事でのストレスが蓄積しているため、ココロをリカバリーする必要があることを覚えておきましょう。

とにかく「人」の目が気になる人

対人不安や対人恐怖症など、「人」の目が気になる人は強いストレスを感じやすくなります。あなた自身の行動や言動が相手にどのような印象を与えてしまっているのかを考え込むようになってしまい、どんどん消極的になってしまいます。

また心理学では被評価意識といって誰かに評価を被るという意識が強すぎる人は人目が特に気になる人になります。仕事をする上では、上司や同僚あるいはお客様など誰かに評価されるいう意識を持つことでより良いパフォーマンスを発揮することができますが、過度な被評価意識はストレスに直結してしまうものです。

過度に人目を気にすることはありません。他人からの評価ばかりを意識せず自己評価、自分が出来たのか出来ていなかったのかなどの自己評価を第一に考えることでストレスから解放されることにつながるはずです。

ウェルビー先生
人の評価に一喜一憂しない気持ちを持ちましょう。

行き過ぎた気遣いをしてしまう人

気遣いを出来る人は気遣いを出来ない人よりはたくさんの人から好かれやすいです。でも人から嫌われることが嫌で人から評価されたいという承認欲求が強すぎると行き過ぎた気遣いに発展してしまいます。

仕事をする上で気遣いのない人とは仕事はしたくありません。気遣いを大切にしていることは正解と言えます。でも過度な気遣いが嫌われたくないという思いからきていると自分自身が強いストレスにさらされることになります。

そして、気遣いをする人は周囲に対してもあなたと同じだけの気遣いを求めてしまいます。あなたが気遣った分、周囲の人も気遣ってくれるという期待や思いは気遣いが返ってこなかったときに強いストレスを生じさせます。

行き過ぎた気遣いをしてしまう人は人からの評価や同じだけの気遣いを人に求めることをやめることでストレスを緩和することが可能です。

ウェルビー先生
見返りは求めずに気遣いを出来るようになりましょう。

すぐに「空気」を読んでしまう人

心理学では空気を読める人をセルフモニタリング、

周囲の状況や環境に合せてあなた自身の行動や言動を変えることができる人を空気が読める人

のことを言います。空気が読めることで周囲と上手く接することができます。

でも、空気を読み過ぎてしまうとあなた自身が思っていることや考えていることを我慢してしまい、飲み込んだ思いや考えはストレスとてあなたのココロに蓄積してしまいます。どれだけ空気が悪くなっても、どれだけ関係に傷が入るとしても伝えるべきことは伝えなければならないという強いマインドは仕事では必要になります。

空気が読めることはあなたの才能でもあります。その才能を発揮するためにも空気を読むところと空気を読まずに行動・言動するところの境界線をきちんと持つようにしましょう。そうすることで空気を読めることがストレスになるのではなく能力に変わるはずです。きちんと空気を読めることを才能として発揮するようになれば、ストレスを緩和するこができます。

ウェルビー先生
恐れずに発言できるようになりましょう。

心配性の人

心配性の人はストレスをあなた自身で創り上げることが非常に多いです。仕事でのミスや失敗がとんでもない結果を招いてしまうと考えるようになったり、ストレスを増幅させてしまいます。

  • ○○になったらどうしよう
  • ○○さんに迷惑をかけたのでは?
  • ○○してないけど大丈夫かな?

と頭の中をネガティブな結果がめぐり続けてしまいます。

仕事をする上では念入りにチェックをしたり、二重チェックをすることは大切なことです。でも心配性の人は心配に留まらずに強迫観念に苛(さいな)まれることがあります。心配で心配でいてもたってもいられなくなり、何度もチェックをしたりやり直したりします。

ミスを起こさないように仕事をすることは他の人にも迷惑をかけないなど、仕事をする上では持っておくべき性質です。でも心配性の人は頭で考えて、どんどん心配やストレスを大きくさせてしまいます。どれだけ確認をしていてもヒューマンエラーは起きてしまうものです。エラーが限りなく起きないように100%の仕事をする心構えは大事にすべきですが、振り返り過ぎることで新しい失敗がストレスを生じさせることもあります。

心配性の人は「心配していることに多くの時間を浪費してしてしまっていることこそが失敗」だと考え、仕事に前向きに取り組むようにしましょう。

怒りっぽい性格の人

怒りっぽい性格の人、特に感情的になりやすい人は多くのストレスを生じさせたり多くのストレスをあなた自身が感じてしまいます。

言い過ぎたことを反省することもあるでしょうし、感情的になってしまったことで取り返しのつかない行動や言動を起こしてしまうものです。そして、取り返しのつかない行動や言動を思い返すことであなた自身を責め、ストレスが生じてしまいます。

同時に怒りっぽく感情的になりやすいと周囲から判断されてしまうと周囲の目も冷たくなり、誰もアドバイスや意見をしてくれなくなってしまいます。

怒りっぽくなりやすい原因には性格以外にも寝不足や栄養不足などが関係していることがあります。怒りっぽく感情的になりやすい人は自分自身の睡眠時間や食事などの生活習慣を見直して、感情的になりにくくするなどの対処ができます。

怒るときは怒る必要がありますが、必要以上に怒る必要はありません。周囲への配慮もきちんとできるようになることであなた自身が感じているストレスを緩和することができます。

ウェルビー先生
感情的になって得することなんてありません!一度、生活習慣を見直してみましょう。

責任感が人一倍、強い人

責任感のない人は周囲にストレスを与えます。一方で責任感が強い人は人に頼られたり仕事を任されることも多いです。責任感が無いよりは責任感があった方が良いですが、その責任感がストレスを生じさせることになります。

責任感が強い人はよく仕事を任されますが、任せられる仕事が増えすぎてしまうと業務自体が大きなストレスになります。そして、いっぱいいっぱいになっているにも関わらず責任感から任された仕事を断れず人間関係でもストレスを生じることになります。

責任感が強すぎる人は必要以上に頑張ったり努力することで精神疾患であるうつ病にもなりやす性格だと言われます。あなたの責任感が仕事で役立っていることは間違いないです。でも責任感からオーバーワークになってしまい、ココロもカラダも壊してしまうことがあります。

責任感を持って仕事をすることは大切ですが、無理のない範囲で仕事引き受けることも大切です。また、強い責任感から仕事をやり切らなくてはならないという気持ちが芽生えてしまうと精神疲労も蓄積してしまうものです。

責任を果たすべきところとあなた自身に責任がないところとの線引きはきちんとするようにしましょう。

ウェルビー先生
感情的になって得することなんてありません!一度、生活習慣を見直してみましょう。

完璧主義者的な傾向を持っている人

責任感が人一倍強い人と同じように完璧主義的な傾向の人はオーバーワークになりがちです。

そして、完璧主義的な傾向の人は他人にも完璧主義的傾向を求めます。あなた自身が完璧に仕事をこなすだけのことを周囲にも求めます。周囲の人も完璧主義的な傾向が強ければ良いですが、仕事に向かう姿勢はひとそれぞれになります。もし、他人が完璧ではなくてもそこにストレスを感じてはいけません。あなたはあなた、他人は他人です。人にも完璧を求めることで大きなストレスが生じてしまいます。

完璧主義的な傾向の人は不完全こそが完璧つまり柔軟に対応できてこそ完璧だと思うマインドを持つようにしましょう。同時にすべてのことを完璧にこなそうとするとストレスは肥大化する一方になります。完璧主義的な人は周囲から褒められても自分が完璧だと思えない限り納得できないものです。ただ、仕事は他の人と一緒になって動かす要素が多いです。周囲から完璧だと言ってもらえればあなた自身の完璧よりもその言葉を大切にするように心掛けましょう。

ウェルビー先生
柔軟な対応ができてこそ、完璧に仕事が出来ている証です!

仕事のストレスからココロをリカバリーする方法とは?

仕事でストレスを感じているとあなたはなぜ仕事をしているのかさえも分からなくなってしまうものです。

ここで紹介するココロのリカバリーとは、

回復 / 復旧 / 復元

を意味します。

きっとあなたは仕事を始めたころは仕事への熱い気持ちや考え、仕事へのモチベーションを持っていたはずです。

仕事で強いストレスを感じて「仕事がもう嫌だ!」「ストレスが限界だ!」と感じているいま、仕事を始めたころの気持ちや考え方は忘れてしまっているでしょう。だからこそ、いまココロをリカバリーして仕事へのモチベーションを再燃することで仕事のストレスをコントロールできるでしょう。

少しでも仕事のストレスを緩和し、あなたの現状を良い方向に向かわすためにも実践してみてください。

1, 辞める(転職する)選択肢を持っておく

労災の請求にいたるほどの仕事でのストレスには、

仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった / 顧客や取引先からクレームを受けた / 2週間以上にわたって連続勤務を行った /(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた / 上司とのトラブルがあった / 同僚とのトラブルがあった

があります。

労災の請求にいたる「仕事でのストレス」を見て何か気づくことはありませんか?

それは、多くのストレスがいまあなたのいる環境つまり人間関係で巻き起こっているということです。特に仕事でのストレスの原因として多い要因は「上司とのトラブル」です。上司との関係ではノルマへの圧力や考え方・価値観の違いから強い叱責を受けた経験をした人が多くいます。もちろん上司が言っていることが正しいときもあるでしょう。でもきっとあなたはもう上司への拒否反応を起こしていて何を言われてもストレスに感じてしまっているからこそ、仕事でのストレスは限界に達しているのでしょう。

拒否反応が起こっている場合はどれだけあなたが休日にリフレッシュをしてもゆっくりと休息をとっても、仕事に行くと職場にはストレッサーになっている同じ上司が存在しています。

そんなときあなたはリカバリーを考えなくてはなりません。その方法の一つが転職あるいは会社を辞めるという選択肢を持つことです。

強いストレスが原因でうつ病などを発症してしまうと社会に戻るまでに大きな時間と労力が必要になります。辞めることや転職はネガティブな選択肢にも見えますが、ココロのリカバリーを最優先に考えた場合はポジティブな選択です。

退職や転職を機にもう一度、あなたの仕事への意欲や考え方、モチベーションを回復・復旧・復元させるためであれば、十分にポジティブな選択になります。

ただ辞めたいと考えるのではなくココロをリカバリーするために、つまり仕事への意欲や考え方・モチベーションを回復・復旧・復元させるために辞めるというマインドを持っていれば退職や転職には大きな意味があります。

2, 休暇を取って「キャリア・アンカー」を見つめ直す

理想は長期休暇をもらうことです。でも、長期休暇がダメならば土日だけでも十分に休息を取ることです。

休息と言ってもただ休むのではなく、あなた自身が仕事をする上でのきっかけになった場所や物事を整理する時間に充てる必要があります。リフレッシュをして仕事のストレスを解消できる人はただ休むというリフレッシュだけでも十分です。でも、仕事への意欲やモチベーションを再燃するココロのリカバリーをするには、リフレッシュだけでは十分ではありません。

  • あなたがいまの仕事を始めるきっかけになった理由をカフェなどで書き出す
  • あなたがいまの仕事始めるきっかけになった場所があれば訪れる
  • あなたがいまの仕事を始めるきっかけになった人がいれば会いに行く

など。

ココロをリカバリーするために時間を費やしてみましょう。あなたがいまのように「もう嫌だ!」「限界だ!」となる前に考えていた仕事に対する考え方をもう一度取り戻すために時間を費やしてみましょう。

日々の仕事に追われて蓄積するストレスのなかで忘れていたあなたの思いやマインドをもう一度取り戻すことがココロのリカバリーです。そこにきっとあなたがあなたの道を志したキャリへの想い=キャリアアンカーがあるはずです。

キャリアアンカーとは、マサチューセッツ工科大学ビジネススクール、組織心理学者エドガー博士が提唱したキャリア理論であり、「人がキャリアを選択するうえで譲れない価値観や欲求・スペックをキャリアのイカリ(アンカー)として捉えた理論」

仕事のストレスに限界を感じたときこそキャリア・アンカーをもう一度取り戻すよう、ココロをリカバリーしてみましょう。

3, 専門家に相談してみる

辞めるに辞めれないし、キャリア・アンカーも見つからないという人もいるでしょう。そんな人は専門家に相談してみましょう。

  • ストレスでココロがぼろぼろになっているときは心理カウンセラー
  • また、キャリアで迷っているときはキャリア・コンサルタント

あなたの方向性にそって、それぞれの専門家に相談してみても良いでしょう。

一人で考えて答えを出せる場合はそれにこしたことはありません。でも人は一人で考え悩み出すとどんどんとドロ沼にはまっていくことがあります。特に仕事のストレスは日々のなかで連続して起こることも多く、気づくと何が引き金でストレスを感じていたのかさえ分からなくなってしまうこともあります。

そんなときに専門家である第三者に相談することであなたがあたな自身の気持ちを整理することができると同時に第三者の視点からアドバイスがもらえます。

もちろん相談であれば知人や友人でも良いでしょう。ただ、知人や友人への相談となった場合は同じようなストレスで悩んでいたり苦しんでいるとその人の「経験」からアドバイスをもらうことになり、アドバイスに向き不向きが生じてしまうものです。

退職や転職、あるいはココロのリカバリーでもある仕事へのモチベーションの再燃には大きな力が必要になります、あなたが気兼ねく相談するためにも専門家を活用する方が賢明と言えるでしょう。

仕事は人生のほとんどの時間を費やします。

仕事が楽しければ人生は楽園だ。

仕事が義務ならば人生は地獄だ。

あなたが地獄から脱出し、人生を楽園で過ごすためにも専門家を積極的に活用する選択肢もココロのリカバリーには大切となります。

「仕事でストレスを感じる人の特徴と心をリカバリーする方法」のまとめ

仕事のストレスからあなたを守る鍵はあなた自身のマインドにあります。あなたが仕事でストレスを感じる、ストレスを感じやすい特徴を持っている場合は、その特徴を変化させることは有効になります。考え方を変える、マインドを変えるだけでも仕事でのストレスに対処することは可能です。

あなた自身が気づいているネガティブな態度や思考を変化させるだけでもストレスの蓄積を抑えることはできます。

そして、あなたが仕事のストレスで「もう嫌だ!」「限界だ!」と感じる前に持っていた仕事に対する価値観や考え方をリカバリー、取り戻すことができれば再び仕事へのモチベーションが高まることもあります。

仕事のストレスをコントロールするためにはリフレッシュも大切です。でも、リフレッシュでは仕事ストレスの根本的な解決にならないと考える人もいます。

もし、あなたが仕事でのストレスを根本的に解決したいと考えているようならココロをリカバリーすることをオススメします。

  • 退職(転職)への選択肢を持っておく
  • キャリア・アンカーを見つめ直す
  • カウンセラーやキャリアコンサルタントに相談する

いずれかの方法を実践することで仕事へのやる気や意欲を取り戻すことができ、再び仕事が楽しいと思えるようなれば何よりです。

  • LINEで送る