仕事の悩み

職場での人間関係を良くするための8つの方法

  • LINEで送る

あなたも一度は「会社に行きたくない!」と思ったことがあるでしょう。特に職場での人間関係に悩まされてる場合は、会社に行きたくないという気持ちが強くなるものです。

また仕事を辞めたり、転職したりする理由の上位にも「職場での人間関係」があります。つまり、職場での人間関係を良好に保つことは人生にとってとても重要なことだと言えます。

そんな職場での人間関係を良くするための8つの方法、

  1. 相手を軸に会話をする
  2. 相手の本質を理解する
  3. メールなどの文章はより丁寧に書く
  4. 言語以外のコミュニケーションを意識する
  5. 意見をぶつけない
  6. 「感謝の気持ち」を忘れない
  7. ポジティブに物事を捉える癖を持つ
  8. 割り切りを覚える

をここでは紹介しています。

あなたの職場での人間関係を良くするためにも実践してみてください。

そもそも人間関係とはどのようにできているのか?

そもそも職場での人間関係、つまり「人」と「人」との関係はどのようにできているでしょうか?

複雑に考えれば考えるほど難しくなってしまいますが、ジョハリの窓では人間関係は単純に4パターンに集約されています。

その4パターンとは、

  1. 「open window」:お互いが知っている領域
  2. 「hidden window」:あなたは知っているけど相手は知らない領域
  3. 「blind window」あなたは知らないけれど相手は知っている領域
  4. 「unknown window」お互いが知らない領域

です。

初対面であれば、「4」の窓から関係がスタートし、お互いに知っていることや知らないことを徐々に共有しながら人間関係が構築されていきます。この人間関係の構築ができている、つまりお互いが知っていることが増えると「信頼関係」が構築されるわけです。あなたもあなた自身が仲が良いと思う人との間にはお互いに知っていることが多いでしょう。

一方で職場の人間関係は、お互いに知っている領域が多い人もいれば、あなたしか知らないことや相手しか知らないことなどが多くあります。その情報量の差が職場での人間関係を苦しめる要因になります。

あるいはあなたは仲良くしようと考えていても相手は「仕事は仕事上の付き合いだけ」と考えている人もいます。つまり、関係性をそもそも構築しようとする気のない人たちもいるなかで関係を作っていかなければなりません。

職場では人と人の情報量や付き合い方が様々だからこそ、人間関係を良くするためにはきちんと理論や方法を持っておかなければならないのです。

人間関係を良くするための8つの方法

ここでは具体的に職場での人間関係を良くする8つの方法を紹介します。

1, 相手を軸に会話をする

人と人が関係を築いていく上では「会話をすること」が中心にあります。

会話が流暢な人は人気者になり易いですし、会話が苦手な人はあまり人と絡もうとはしないものです。でも、大切なことは会話の上手さや流暢さではなく、相手を軸にきちんと会話ができるかどうかです。

自分のことをむやみやたらに話すのではなく、相手の視点をくみ取ったり相手の立場に立って話すことができるようになれば、人間関係は良くなります。まずは聞き上手になることから始めてみましょう。

ウェルビー先生
相手の想いを素早く察知できるようになれば人間関係は確実に良くなります!

2, 相手の本質を理解する

人は思っていることを口に出して話します。でも、思っていることとは違うことを発言してしまったり、思っていることを口に出せない人もいます。そんなときは相手の会話の本質、本当に考えていることをくみ取れるようになりましょう。

きっとあなたも同じだと思いますが、思っていることの全てをきちんと誰かに伝えることはできないでしょう。特に言いづらい内容などは「遠回し」に会話をするものです。あなたと同じように思っていることを全て口に出せない人もたくさんいることを前提に会話をするようにしましょう。

相手の本質を理解できれば相手の求めている言葉や想いをそっと渡すことができるようになり、相手からも好意を持たれるようになるでしょう。

ウェルビー先生
想いをくみ取ってくれる人は人から好かれる人です!

3, メールなどの文章はより丁寧に書く

口に話して伝える内容と同じような内容をメールで伝えてもその伝わり方は全くことなります。特に職場での人間関係ではよく起きる「怒る(指導する)」という行為をメールで行う際には注意が必要です。

文字になることによって過度に相手に伝わってしまったり、本質とは異なる内容が伝わることがあります。メールで感情を伝える際には丁寧に書くことが絶対になります。文字になることで文字上で感情は一人歩きをしてしまうものです。

でも、メールにはメールゆえのメリットもあります。それは発信者が丁寧に物事を伝えられることです。相手と目を見て話したり、顔を見合わせると感情的になってしまう人でもメールになればきちんと自分の想いを整理することができます。

文字にして何かを伝えるときは可能な限り丁寧に書くように心掛けましょう。

ウェルビー先生
「!」などの感嘆符を使っても良いでしょう!

4, 言葉以外のコミュニケーションを意識する

あなたが誰かと話しをするときに相手から飛んでくる情報には言語(言葉)はもちろんありますが、それ以外も、

  • ジェスチャー
  • アイコンタクト
  • 相槌(あいづち)やうなづき
  • ボディタッチ

など、様々な情報があります。

職場などで人間関係を良くするためには、言語以外のコミュニケーションにも特に気を配るようにしましょう。言語だけでは伝わらないことでもジェスチャーなどを交えることで伝わることはよくあります。

思いを伝えたり、相手の思いを理解するためにも、言語以外のコミュニケーションに気を配るように心掛けることが大切です。

ウェルビー先生
日本では昔から「目は口ほどにものを言う」と言われています!

5, 意見をぶつけない

人間関係が悪化する原因の一つに「意見の対立」があります。

もちろん職場での人間関係では「仕事のやり方の違い」や「仕事への考え方の違い」などで意見がぶつかることもあるでしょう。でも、それぞれが意見をぶつけてしまうことで人間関係にも大きな傷がつくことがあります。

意見がぶつかりそうになったときはあなたがきちんと整理するように心掛けましょう。相手の思いをくみ取りながらあなたの思いを伝えるなどの創意工夫をして、意見がぶつからないように対策を取りましょう。

そして、何より感情的にならないようにすることです。感情的になってしまうと後悔することがほとんどです。きちんと自分の気持ちをコントロールすることも人間関係を良くするためには必要だということを覚えておきましょう。

ウェルビー先生
一度関係に傷がつくと修正がとても大変になってしまいます!

6, 「感謝の気持ち」を忘れない

仕事では、良い結果は自分の成果であり、悪い結果は人のせいにする。そんな人たちもたくさんいます。もしかするとそんな業績を自分のモノにして悪いことの責任を押し付けてくる上司のせいで職場が嫌になったという人もいるでしょう。

それでも人に対する感謝の気持ちを持ち続けるようにしましょう。きっと感謝の気持ちが人間関係を良くするきっかけを生むことでしょう。

ウェルビー先生
口癖は「ありがとう」にするくらいに感謝を忘れないようにしましょう!

7, ポジティブに物事を考える癖を持

職場の人間関係では、あなたのことを怒ってきたり、過度に叱責をうけたり、あるいは文句を言われたり陰口を言われたりと、辛い経験をした人もたくさんいるでしょう。特に人間関係の悩みは根深くなってしまい、ネガティブになってしまうと人間関係はますます悪くなっていきます。

そんなときは無理矢理でもポジティブに物事を捉える癖を持つようにしましょう。起きた物事自体をポジティブに捉えても良いですし、すぐに切り替えて別のポジティブな気持ちになれることを考えても良いでしょう。

ネガティブな気持ちは人のココロにすぐに住みついてしまうモノです。ネガティブな気持ちや発想が住みつく前にポジティブになれる癖を持つようにしましょう。

ウェルビー先生
職場での人間関係では「ひらきなおり」も大切なスキルです!

8, 割り切りを覚える

人の体型には様々な形があるように、ココロの持ち方や考え方も様々です。それでもあなたはあなた自身のココロの持ち方や考え方を「標準」だという認識をしているかもしれません。でもそれは大きな間違いです。

人のココロは目に見えないため基準を自分に置きがちですが、あなたが正しいこともあれば間違っていることもあるでしょう。それでもあなたの意見や想いが標準だと考えてはいけません。

あくまでも「人」は「人」、「あなた」は「あなた」です。

家族や友人との人間関係とは違い、職場での人間関係では「割り切り」を覚えることも大切なスキルです。

ウェルビー先生
職場での人間関係では「ひらきなおり」も大切なスキルです!

「職場での人間関係を良くするための方法」のまとめ

ここで紹介した8つの方法を実践することであなたの人間関係は良くなることでしょう。そして、人間関係が良くなることでストレスも軽減されるでしょう。

職場での人間関係を良くすることは、他の仕事ができることと、あるいは他の仕事よりも大切な社会的スキルです。充実した人間関係は充実した人生を送るためにも大切なことです。

  • 人間関係が良くなって、仕事が楽しくなった!
  • 人間関係が良くなって、会社に行くことが楽しみになった!

職場での人間関係は悪くなってしまうと仕事に行きたくないと強く感じてしまうものです。でも職場での人間関係がが良くなればきっと仕事に行きたいと感じたり、仕事の時間は充実した時間になるでしょう。

  • LINEで送る