ストレス

人間関係に疲れた・もう嫌だ!という方への5つのアドバイス

  • LINEで送る
人間関係

日々の生活の中で人間関係に疲れている方も多いのではないでしょうか?

「もう仕事やめたい」「職場に行きたくない」「学校に行きたくない」という考えになるのも、職場や学校などでストレスが溜まるほとんどが人間関係が要因と思います。もし、どうしても行きたくないと思ったら、行かなければならないという義務的な考え方はさておき、少し深呼吸、少し休息をして心を(気持ちを)回復させましょう。

とはいえ、日々の生活を送る中で人との関わりをゼロにすることは難しいものです。でも、自分はどうも人との付き合いが苦手で「もう嫌だ!」と思っている方もおられるでしょう。

こちらの記事では、ウェルビーのカウンセラーから人間関係に疲れた方へ5つのアドバイスをしたいと思います。

人間関係が疲れたと思う理由

人間関係が疲れたときの対処法をお伝えする前に、そもそも何故、人間関係に疲れたと思うのでしょうか?

それは、「人」は「人」との関係性のなかで(社会を)生きているからです。つまり、人は人から様々な感情をもらったり、あるいは様々な感情を共有し合うことで生きていることを実感していると考えれるのかもしれませんね。

人間関係に疲れ人は、よく「無人島に行きたい」と言ったり、思うことがあるでしょう。これは、人間関係のリセットを目指していることを意味しているのでしょう。人は人との関係性に疲労を感じると環境を変化させたいと考えます。でも、実は人間関係に疲れた時に環境を変えても、直近で同じことが起こることは珍しくありません。

例えば、いまの職場環境に疲れた人が新たな職場を求めて転職することはよくあります。職場という環境を変えたことにより、初めは良好な人間関係を築けるのですが、やがて以前の職場で起きていたような人間関係のストレスに巻き込まれることもあります。つまり、人間関係に疲れた時に、外部環境を要因にする人もいるのですが、人間関係に疲れたと思う時、その要因は内部環境である自分自身にあるのかもしれません。では、内部要因にはどのようなものがあるでしょう。ここでは、その理由を2つほどご紹介します。

人間関係に疲れを感じる理由1:自己の評価の偏り

先ずは、何より自己評価の偏りに、疲れを感じることがあります。

それは、人は人から評価を被るという認識をしているのですが、その被る評価が適正ではないと感じたり、思うような評価をもらえない時に、それはストレスとなり、人間関係に疲れを感じます。例えば、学生時代に多くの友人に慕われていた人が就職してみると「仕事ができない」「やることが遅い」などという叱責を受けているうちに、「自分はこんなはずではない」と思うようになります。つまり、自分自身が自分自身に感じている一定の評価が他の人からの評価とずれた時に、人は強いストレスを受けるようになります。このストレスこそが、人間関係に疲れを感じる原因なのです。人は人の評価を非常に気にする側面を持っていますが、これは自然な現象です。ただ、その他者からの評価が自己評価と大きな不一致を起こした時に、強いストレスを感じることになるのです。

そして、多くの人は正当な評価を受けていないからど、と思い、先に記載したように職場環境を変化させたりします。でも、本当にその評価に正当性がないためにストレスを感じているのでしょうか。もしかしたら、自分自身の「一定の評価」が過少・過大になっていたりはしないでしょうか。人間関係に疲れを感じている人は、先ずは自分自身の評価を「再評価」してみてはいかがでしょうか。

人間関係に疲れを感じる理由2:関係性の構築における失敗

人が人と関係を築くときに、何が動いているのでしょうか。

「何が動いているのか?」という聞き方になったら、そこにはモノがあるいはお金が動いている、などと感じた人もいるでしょう。もちろんそいうった物質的であり経済的なモノの移動があることは事実です。でも関係が深い人と浅い人との間に動いているモノの違いは物質的なモノや経済的なモノではありません。人が人と関係性、特に良好な関係性を築く時に動いているのもの、それはそれぞれの人が持っている「自分自身の情報」になります。親しい友人や知人が持っているあなた自身の情報量とたまたま電車の隣に座った人が持っている情報量では大きな違いがあることは間違いありません。

そして、たまたま電車で隣に座った人に自分自身の住んでる場所は連絡先を教えることはまずないでしょう。つまり、人が人と良好な関係を築こうとした時に、動いているのはあなた自身の情報です。そして、この情報を少しずつ「開示」することにより、人と人は人間関係における距離を近しいモノにしていくのです。そして、人間関係に疲れた時は、そのあなた自身の出している情報にエラーが出ていたり、情報にバイアスがかかっている時です。つまり情報が正確に特定の人に正しく伝わっていない時に、人は人間関係に疲れを感じるようになるのです。そして、同じく環境を変化させるアクションを取るようになるのですが、もしかしたら、やはり同じことが起こってしまうかもしれません。つまり、人間関係の築き方に課題があるのかも?と考え、あなた自身のコミュニケーションを「見直し」をしてみてはいかがでしょうか。

人間関係が疲れた方へ3つのアドバイス

上で記載した人間関係に疲れを感じる理由を2つほど記載しましたが、人間関係の疲れは、実はストレスの主たる原因になります。事実私たちウェルビー・ココロ研究チームが過去に出会ってきた職場等々に関するお悩みをお持ちになる方の多くは人間関係の疲労でした。そこには、それぞれの人が持っている人の考え方の癖やコミュニケーションの癖が存在しています。もし、可能であればウェルビー・ココロ研究チームの無料カウンセリングを活用していただき、その癖を理解したうえでアドバイスをすることがより的確な問題解決の方向性を見出せることになります。ただ、関西以外の地域にお住まいの人も多くいると思います。そんな人たちにも、少しでも人間関係の疲労を和らげるようなアドバイスが出来ればと思います。

私たちが考えている人間関係の疲労を少しでも和らげる方法が何かヒントになればと思います。

何よりもやっぱりリフレッシュ!

環境を変えても根本的な解決にはなりません。それは私たちも十二分に理解しています。でも、私たちがリフレッシュをお勧めする理由は、リフレッシュそのものの価値でなはく、リフレッシュすることによる気持ちの変化です。人は人との関係のなかで疲れを感じるとゆとりがなくなってきます。そのゆとりの無さは人の考え方を窮屈なモノにしたり、悪い方に考えがちにしたりします。気持ちや考え方にゆとりがない時に、物事を前向きに考えることはとても難しいです。そこで、先ずは気持ちにゆとりを作ることです。そのゆとりを作るための手段としてリフレッシュをお勧めしています。リフレッシュする方法は人それぞれだと思います。

この方法が自分には合っていると感じられることを積極的に実行してみてください。

とにかく話そう!

心理カウンセラーの先生ではなくても大丈夫です。お話しをするお相手は、ご家族であっても友人であって、あるいは彼氏彼女であっても大丈夫です。疲れを感じているコミュニティと関係ない人であれば誰でも大丈夫です。コミュニティが同じ人の場合は、予期せぬ形で情報が伝わることもあるので、注意が必要になります。相談した相手が良かれと思ってアクションを取ることもあります。そのアクションが+に働けばいいのですが、大抵は事態を悪化させます。そういった意味では、相談相手をある程度は選びますが、同一のコミュニティ以外の人であれば問題ありませんので、とにかく、悩んでいることや不安に感じている人間関係の事を誰かに話しをしましょう。いつから、どんな風に、どのような部分に、どういった理由で、と深く考える機会を自ら作ることによって、思考をある程度変化させることは可能となります。この、とにかく話しをするという作業も、実はリフレッシュと類似していますが、問題を根本的に解決するというアプローチではなく、自分自身の思考や行動に気づきを得る機会を作り、気持ちのを変化させることが大きな目的だと思って、積極的に悩みを相談しましょう。

それでもダメなら心理カウンセリングを受けてみよう!

心理カウンセリングにはうつ病やパニック障害などの治療をイメージする人も多いと思いますが、心理学にはもちろん、特に社会心理学には組織での集団心理や個人心理など、人が知ってて損をしない、あるいは得をする知識と知恵が存在しています。そういった心理学的な知識から、現状の問題にアプローチすることは非常に価値があります。どのような人間関係に悩みを感じているのかによって、必要となる知識や知恵は異なります。より細かな内容を話すことでより細かなアドバイスを受けることが出来ます。

私たちウェルビー・ココロ研究チームは、組織における社会心理がどのように動いているかを日々研究しております。もし、大阪あるいは大阪に近いエリアの方は、私たちの提供する無料カウンセリングを受けてもらえたらと思います。ただ、遠方にお住いの方は、そうはいかないと思います。そういった人たちは、先ずは身近にいる心理カウンセラーを検索し、相談してみてください。何よりも大切なことは、悩みや不安を溜めないことです。人間関係の悩みは放置すればするだけ、負の遺産としてココロに蓄積していってしまいます。自分自身でどうしようもないと感じるからこそ、悪い思考はループし続けます。その悪いループを早く断ち切ることは、今後同じような情動を引き起こさないためにも、必ず必要になります。

積極的に心理カウンセラーを“使う”ことをお勧めします。

人間関係に疲れてカウンセリングを受けた方の声

私たちは以前、「職場に人の意見を歪んだ形で伝えては場をかき乱す人がいて、対応が出来ない」という相談を受けました。その時にお伝えしたことは「そういう人たちは、俗に言うサイコパスですね」ということだけでした。(もちろん他のお話しは色々としていますが、、、)それでも、その人がサイコパスである、という一言がお客様の胸に刺さったようで、そこからサイコパスに関する様々な勉強をセッションを重ねる度にお客様が勉強してきて、気づけば私たちよりもサイコパスに関する知識をお持ちになっていたように感じるほどでした。この相談にいらっしゃった人の声を簡単に紹介したいと思います。

職場の人間関係に疲れてカウンセリングを受けてみました

私はいまの職場に、職場の雰囲気をこれでもかとかき乱す人が入社してきて、それ以来、その人の行動や言動に悩んでいました。入社当初は、あまり気にならなったのですが、やがてその人の一言や些細な行動でさえもとても気になるようになってしまいました。最初は「いつものことだから」と気にしないようにしてたのですが、気にせずにいればいようとするだけ、気になりだしました。

そして、ある日、会社自体が比較的大きな損害を受ける事態に発展したことがあり、その事件ををきっかけに心理カウンセリングを活用することにしました。無料で、とにかく気兼ねなく話しをしてください、とのことだったのでウェルビー・ココロ研究チームを利用しました。行くまでは半信半疑な部分も多かったですが、受付で対応してくれた方がとても親切だったので、思い切っていろいろなことを話してみました。色々と話しを深く聞かれるイメージだったのですが、それは「サイコパス」のような方ですね、と何度も出てきたそのキーワードが気になり、自分でも調べてみようと、気づけば前向きな気持ちになっていました。

なぜ、カウンセリングを受けてよかった、と感じたか?

私たちがこの人の例を挙げたのは、カウンセリングが問題解決の突破口になったことに価値があったと感じているからです。本来はカウンセラーが一緒になって問題を掘り下げるといったスタンスが必要だったかも知れませんが、カウンセリングにお越しになるまでにすでに多くの書籍やインターネットでの記事を読み勉強されていました。

そこで、私たちはこの人の持つ勤勉なスタンスを「最大限に引き出すこと」が問題解決に大きな意味合いを持っているという結論に達して、多くを伝えるのではなく、キーワードを列挙することにしました。結果的に、この人は、自分なりの理論を構築し、「こう言ったらこう返してくると思うので、こう対応しようと思います」という自分自身の公式を持つようになっていました。これは、心理という知識が、この人の持つ感性を論理に変換したとても価値のなるセッションだったと私たちは考えています。感覚的に分かっていても、なかなか理論に変えることは難しいものです。それでも、感覚的な理解を理論だったモノに変換することで、その人は非常に楽になったと言っていました。つまり人は分からないことに強いストレスを感じてるのであって、それを「分かる」モノに変えればストレスは低減します。私たちウェルビー・ココロ研究チームは、こういった感覚や感性を理論だったモノに変換してもらうことで、その人のココロの状態を良好化する取り組みをさらに加速したいと思い、この事例を記載しました。

まとめ

日々の生活の中で人間関係のトラブルはつきものですよね。そしてストレスが溜まる大きな要因も人間関係であると言われています。

もし、人間関係に疲れたら一度相談できる相手に相談してみましょう。人に話すことによって息抜きになることもあります。一人で抱え込まず、もしカウンセラーの話を聞いてみようと思われる方はカウンセリングも有効活用をしていただくと良いと思います。

  • LINEで送る