仕事の悩み

【本気なら必読】転職エージェントを徹底解説、おすすめランキングも

  • LINEで送る

あなたは本気で転職しようと考えたとき、何から始めますか?

多くの人は転職サイトを見たり、転職エージェントに登録することから始めるでしょう。

特に後者の転職エージェントは完全無料かつ転職に必要なノウハウを提供してくれることもあり、転職者の実に半数近い人は転職エージェントを活用します。

では、その転職エージェントのエージェントとはどのような意味なのでしょうか?

エージェント=agentとは、

本人から委任・委託された代理権限の範囲のなかで、交渉や契約などを行う代理人

です。

つまり転職エージェントとはあなたの代理人であり、あなたの言いづらいことや口にしにくいことをきちんと把握した上で、交渉に立ってくれる心強い存在だと言えます。

また、転職エージェントとはあなたの希望通りの転職を実現させるための代理人だと言えます。そんな転職エージェントの存在はあなたの転職をどれだけ優位に進めてくれると思いますか?

転職エージェントのプロのサポートは凄まじいものがあります。でも中には悪質な転職エージェントが存在していることも事実です。

ここでは、あなたが転職エージェントを有効に活用することができるよう、

  • オススメの転職エージェント、3社を紹介
  • 20代、第二新卒、正社員を目指すためにオススメ転職エージェント
  • 転職エージェントのメリットとは?
  • 転職サイトと転職エージェントの違いとは?
  • 注意!転職エージェントも「ピン」「キリ」であるという実情
  • 優秀な転職エージェントに出会うために2社以上登録しよう

について見ていきます。

転職エージェントに必要な厚生労働省の有料職業紹介許可番号を自ら取得し、職業紹介責任者として8年間にわたり転職エージェントをしてきた私があなたの本気の転職に役立つ情報満載をお届けします。

オススメの転職エージェント、3社を紹介

本気で転職を考えているあなたにおすすめの3社を紹介します。

転職エージェントを選ぶ上では規模だけではなくず親切さや丁寧さなどのサポート体制も考慮しましょう。

あなたが安心して転職活動をできるエージェントを選べたとき、あなたの転職の成功確率は高まっています。

同時に求人案件の量やハイスペック求人など、転職エージェントそれぞれの特徴もきちんと理解した上で転職エージェントを選ぶようにしましょう。

あなたの転職にマイナビエージェント

新卒の就活では多くの人が登録をしたであろうマイナビ。そのマイナビが運営する転職エージェントがマイナビエージェントになります。

ポイント

一度は使ったことがあったり聞いたことがあるということはそれだけの安心や信頼が担保されている証です。

転職ならdoda

20代、30代にオススメな転職ならdoda。キャリア診断や年収診断などキャリアに迷うあなたへのサポートコンテンツも充実。

ポイント

求人案件も多いうえに転職者に分かりやすい充実のコンテンツがあります。

「このまま仕事を続けてていいんだろうか」とキャリアに迷っているあなたの役に立つサポートが満載と言えるでしょう。

手厚くサポートします!パソナキャリア

人材派遣で有名なパソナが運営しているパソナキャリア。

ポイント

人材派遣で有名なこともあり、転職者のサポートは非常に優秀だと感じる人も多いでしょう。手厚いサポートを求める転職者にはオススメです。

20代、第二新卒、正社員を目指すためにオススメ転職エージェント

オススメはハタラクティブ

フリーターから正社員になりたい人のサポートを得意としている転職エージェントです。また、「未経験業界への転職」にも特化しています。

ポイント

正社員になりたい、未経験業界に転職したいというチャレンジしたい気持ちを丁寧にくみ取ってくれて、あなたの転職をサポートしてくれます。

オススメはネオキャリア

第二新卒はもちろんのこと、既卒・フリーターの人でもサポートしてくれる転職エージェントになります。

ポイント

また、大学を中退してしまった人でも大丈夫です。同世代の若くて活気のある転職エージェントに話しをして悩みを共有することで転職への意欲が湧いてくるでしょう。

転職エージェントのメリットとは?

転職エージェントのメリットは間違いなく次の2つ集約されます。

それは、

  1. 転職エージェントは全てのサービスが完全無料
  2. 希望する企業への条件面等の交渉依頼が可能

です。

それぞれについて読み進めていきましょう。

1, 転職エージェントでは全てのサービスが完全無料

転職エージェントを利用して転職を行う場合、

  • キャリアに関する相談
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策

これらのサービスを無料で受けることができます。これは、転職エージェントを利用する上では間違いなくメリットだと言えます。

キャリアに関する相談

  • 「自分にはどんな仕事がむいているのだろうか?」
  • 「今のままのキャリアで大丈夫なのだろか?」
  • 「この先もこの仕事でいいのだろうか?」

このような悩みは転職にはつきものです。転職は一人一人の人生のキャリアに大きく影響するものです。大事な決断をするときだからこそ、一人で考えるのではなく転職エージェントにまずはキャリアそのものを相談することをオススメします。

履歴書・職務経歴書の添削

人生のなかで何十回と転職する人はそう多くはいません。一方で転職エージェントは一日に何十通という履歴書や職務経歴書に目を通しています。

つまり転職エージェントは数えきれないほどの履歴書や職務経歴書に目を通している転職のプロであると言えます。転職エージェントを活用することで転職のサポートのプロである転職エージェントがあなたの履歴書や職務経歴書の書き方やアドバイスを行ってくれます。

転職では履歴書と職務経歴書が合否の「鍵を握っている」ことも珍しくありません。この履歴書や職務経歴書の中身をきちんと確認してもらえることは大いに価値があることだと言えます。

面接対策

もちろん社会経験を積んだあなたは面接に抵抗がなくなっていることもあるでしょう。でも普段の仕事で人と関わることと面接はやはり別物です。

面接には「面接独特の緊張感」があります。どれだけプレゼンを積んでいてもどれだけ営業経験があっても面接での立場が「応募者」である以上、どうしても普段の気持ちの状態とは異なってしまうものです。

だからこそ、面接対策を実施してもらえることも大きな価値を持っています。

2, 希望する企業への条件面等の交渉依頼が可能

転職エージェントを利用して転職を行う場合、

  • 面接日時の段取り
  • 給与面の交渉
  • 入社日等の段取り

これらを転職エージェントがあなたの代理人として行ってくれます。

給与面の交渉

  • 「現職では年収500万円だったから最低でも450万円は欲しい」
  • 「労働条件が変わる分、今の年収よりもわずかでも上がって欲しい」

など。

転職をする際には転職先の年収や働き方への要望は必ずといっていいほど転職者が持っているものです。でも、自分自身から「年収は550万円にしてください」などと言える人はほとんどいません。多くの人は「本当は550万円は欲しいけど、それを言って不採用になるのは嫌だな」などの気持ちになってしまうものです。

でも転職エージェントが間にいることであなたの希望に少しでも近づくようにあなたの代理人=エージェントとして給与面等の交渉を行ってくれます。

これは転職エージェント最大のメリットと言えるでしょう。

面接日時の段取り

給与面等の働き始めてからの条件交渉はもちろんですが、転職面接日の段取りも行ってもらえます。あなたが現職で仕事をしている場合などは面接日時のスケジューリングなどの段取りは煩わしい作業となります。

でも、転職エージェントがいることであなたの現在の仕事に影響が出ないように段取りを行ってくれます。スケジュール決定一つにしても企業はあなたの段取力などを見ています。もし直接やり取りをしなければならないとなってしまうとあなたはきっと転職活動にストレスを感じてしまうでしょう。

転職先企業とは面接の日に焦点を当てて接触することが望ましいです。転職エージェントの存在はあなたのストレスを間違いなく軽減してくれます。

入社日までの段取り

転職先が決まったら転職エージェントの仕事は終わりだと考える人がいますが、そうではありません。

例えばあなたの転職先が決まった場合に課題になることがあります。それは現職における、

  • 「退職の仕方」
  • 「退職届け」の書き方
  • 「退職届け」のタイミング

などです。

どのタイミングで退職を伝えるべきなのか、どのタイミングで退職届けを出すべきなのか、入社日から逆算していつを退職の日とすることが理想なのかなど、転職先の入社日を基準にどのような形スケジューリングをしていくべきかなどのアドバイスがもらえます。

転職エージェントを活用していない場合、これらは全てあなた自身で段取りをしなければなりませんが、転職エージェントを活用することでスケジューリングのアドバイスをもらえることも十二分に転職エージェントを活用するメリットだと言えます。

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職活動では主に2つのパターンで転職活動を行います。中にはハローワークを活用した転職をする人もいるでしょう。ただ、ここでは「転職サイト」と「転職エージェント」の違いに限定して、

  • 転職活動の情報収集
  • 転職活動のペース
  • 転職の内定率(成功率)

また補足として、

  • 企業から見る転職サイトと転職エージェントの違い

に、解説したいと思います。

転職活動の情報収集

転職活動ではまずはどんな会社があるのかなどの企業の情報収集が必要になります。

転職活動の情報収集では、

となります。

転職サイトには基本的には掲載料が必要になるため、掲載料を支払って求人を出す企業は一部に限られます。一方で転職エージェントの持つ案件には非公開求人も含め多くの企業の情報が存在しています。それは基本的には転職エージェントに企業が求人を依頼する場合には費用が掛からないことがほとんどだからです。

転職には転職先になる企業の情報が必ず必要になりますが、数的にも質的(企業の内情)にも転職エージェントの持つ情報量が上回っていると判断できます。

そして、転職エージェントを通じての転職活動では、エージェントからあなたのニーズに合ったあなたの「必要な企業情報に整理された情報」を得れる点においても有利だと言えるでしょう。

転職の内定率(成功率)

次は最も大切な転職の内定率です。転職活動を良い形で終われるかどうかについては、

となります。

転職エージェントの活用では、

  • 履歴補・職務経歴書の添削
  • 面接対策

などのサービスを無料で受けることが可能です。この履歴書や職務経歴書の添削や面接対策を実施することだけでも十分に内定率を高めてくれるサービスだと言えます。転職サイトの活用ではあくまでもあなた自身で履歴書や職務経歴書のチェックをしなければなりません。

一方で転職エージェントでは内定率を高めるために専任のアドバイザーであるエージェントがあなたと一緒になって履歴書や職務経歴書を作ってくれるでしょう。このサポートは間違いなくあなたの転職の内定率(成功率)を高めてくれることでしょう。

またあなたのサポートの違いに限らずに、転職エージェントを活用した場合、応募者が殺到するようなことはほとんどありませんが、転職サイトではあなたが「いいな」と感じた企業には多くの人も同じように感じています。そうなると採用人数に対して多くの応募者が集まることになります。相対的な数が増えることは倍率の高まりを示しており、倍率が高くなるということは当然ながら内定率(成功率)を下げることになります。

サポート面から見ても倍率面から見ても転職の内定率(成功率)は転職エージェントの方が高いと言えるでしょう。

転職活動のペース

次に転職をするかどうかも踏まえて転職活動のペースについてです。

転職活動のペースでは、

となります。

もちろん転職エージェントが「×」という評価は極端ですが、自分のタイミングで自分で閲覧ができる転職サイトと比較すると、マイペースで転職活動が行えるのは転職サイトと言えます。転職エージェントではエージェントとのやり取りやエージェントとの面談などがあります。一方で転職サイトはあくまでもあなた自身の時間を活用して転職サイトを見ることが可能です。

あくまでも自分のペースにこどわって、自分でのんびりと転職活動をしたいと考えている場合は、転職サイトを活用すると良いでしょう。

「補足」企業から見る転職サイトと転職エージェントの違い

企業から見ると転職サイトとエージェントの違いは「人材のスペック」だと判断している人事採用担当者も多いと言えます。転職サイトから応募してくる応募者への期待値よりは転職エージェントを経由した応募者の方がスペックが高いと感じている企業は非常に多いです。

その理由は「転職エージェントが応募者を選定している」からです。

企業が転職サイトを活用して人材を募った場合、応募をしたいと思った人は全員応募することができます。一方で転職エージェントを経由して応募者を募った場合はエージェントが企業の要望に合う人材を厳選することとなります。

そのため企業は転職エージェントを活用したときの方が転職サイトを活用した場合に比べるとスペックの高い人が集まるという認識を持っています。

あなたがあなた自身の才能やスペックで他者に優位性を間違いなく持っている場合は、転職エージェントを必ず活用すべきと言えます。企業は「ハイスペックな人」は転職エージェントを活用するものだという認識を当然のように持っています。

あなたの持つアドバンテージを最大限に活用したい場合は、企業の持つ認識に合わせて、転職エージェントを活用することをオススメします。

注意!転職エージェントも「ピン」「キリ」であるという実情

あなたが転職活動をするときに転職エージェントを活用するメリットは理解できたでしょうか?

でも、転職エージェントの活用にはあなたの転職を有利にするたくさんのメリットが存在しています。ただ、全ての転職エージェントが有能であるというわけではありません。

転職エージェントを選ぶ場合は、

  • あなたのキャリア・ビジョンを最優先に考えてくれているか?
  • エージェント自体にきちんとしたコミュニケーション力があるか?
  • 求人や仕事に関する幅広い知識を持っているのか?
  • きちんとした対応をしてくれているのか?

など。これらの項目が大切になります。

あなたのキャリア・ビジョンを最優先に考えてくれているか?

あなたの転職活動はあなたの人生の大きな分岐点とも言えます。一方で転職エージェントにとってはあなたの転職は抱えている案件の一つであることも事実です。

それでも優秀なエージェントはあなたの人生のことをきちんと考えてくれるでしょう。一方で優秀ではないエージェントは「大量の案件をむやみやたらに紹介」したり「きちんとしたヒアリングをしない」などの特徴を持っています。

あなたにとっての人生の分岐点になる転職は転職エージェントからすると案件の一つです。それでも親身になってあなたのキャリア・ビジョンを一緒に考えてくれるエージェントは数多くいます。

あなたがエージェントを選ぶ上では、あなたのキャリア・ビジョンを一緒になって考えてくれるエージェントを活用するようにしましょう。

エージェントにきちんとしたコミュニケーション力があるか?

エージェントのコミュニケーション能力は、間違いなく必要です。ここで言うコミュニケーション能力とは「発信力」です。あなたがエージェントのヒアリングを受けて、あなたの良さを企業担当者や企業に営業をかけるのはあなたを担当したエージェント(アドバイザー)となります。

もし、あなたの良さや能力を丁寧に伝えたとしてもエージェントそのものに発信するコミュニケーション力が無ければあなたの良さは伝わりません。

例えば「3」しかないあなたの良さを「10」のように伝えれる転職エージェントもいればあなたの持つ「10」の良さを「3」しか伝えれない転職エージェントもいます。それだけ転職エージェントの持つ発信するコミュニケーション力は大切になります。

きちんとしたコミュニケーション力を持った転職エージェントであればあなたの持つ良さを的確に営業してくれます。転職エージェントを選ぶ上ではそのエージェントが持つコミュニケーション力を確認するようにしましょう。

「求人」や「仕事」に幅広い知識を持っているのか?

転職エージェントとは、あなたの代理人です。そんな代理人が転職に関する「求人」情報のリテラシーや「仕事」そのものの実情をきちんと把握していなければ転職エージェントとしてはほとんど機能しません。

一括りに転職エージェントと言っても汎用性の高い幅広い知識を持っている人もいればそうでない人もいます。転職エージェントが「求人」や「仕事」に関する幅広い知識は必ず必要です。あなたが転職エージェントを選ぶ際には、エージェントの持っている知識量をきちんと見極める必要があります。

転職エージェントを上手く活用するためにも、転職エージェント個人の持っていると会社の規模をきちんと把握する必要があります。そのためにもあなたが知らない情報をどれだけ提示してくれるかなどの基準をきちんと持つようにしましょう。

あなたが仕事をしてきたなかで知っている情報しか持っていない、あるいはそれ以下であった場合はエージェントはエージェントとして機能しません。あなたが転職のサポートを託しても大丈夫だと感じれるような知識量を持っているエージェントを選ぶように心掛けましょう。

連絡や話し方など、きちんとした対応をしてくれているのか?

転職エージェントはあなたの代理人です。そんな代理人からあなたに来る連絡や話し方などがきちんとした対応になっていない場合、その転職エージェントはもしかすると企業に対しても適当な立ち振る舞いをしているかも知れません。

あなたが信用を失くしてしまうような連絡や話し方をする転職エージェントを活用した場合、受かるはずの面接も受からなくなってしまうものです。転職エージェントはあなたの転職の可能性を可能な限り希望に合う形で実現してくれる存在でなければなりません。少なくとも可能性を低めてしまうような転職エージェントではその存在は不要なものになってしまいます。

転職エージェントとして相応しい対応をしてくれているかどうかをきちんと見極めるように心掛けましょう。

優秀な転職エージェントに出会うために2社以上登録しよう

転職を何度も経験した人はどのような転職エージェントが優秀でどのような転職エージェントが優秀ではないといった判断の基準を持っていません。そのため優秀なのかそうではないのかの判断がつかなくなってしまうものです。

そこで転職エージェントを利用する場合は最低でも2社以上の転職エージェントを活用するようにしましょう。2社の転職エージェントを同時に活用することであなたの転職エージェントに対する基準が出来上がってくるでしょう。

判断の基準を持てることで「ここのエージェントは優秀だな」と感じたり「ここのエージェントはいまいちだな」と感じるようになります。

人が物事を判断する際には、調整と係留ヒューリスティックと言われる基準点が絶対に必要です。比較対象を持つことであなたの判断基準が確立され、あなたの希望通りの転職を実現できる正しい選択ができるようになります。

ただ、むやみに登録し過ぎてしまうとどこの転職エージェントが優秀だったのかを見失ってしまうこともあります。まずは数社の登録をして、優秀なエージェントを探すように心掛けましょう。

「転職エージェントを徹底解説、おすすめランキング」のまとめ

転職はあなたのキャリア、あるいはキャリアだけではなく人生を左右するとても大きな分岐点だとも言えます。

だからこそ、転職活動は「大胆」かつ「慎重」でなければなりません。

そんな「大胆さ」と「慎重さ」、そして前に踏み出す勇気をくれる転職エージェントと出会い、あなたの転職が満足いくものになることを願っています。

  • LINEで送る