カウンセリング

カウンセリングで座る3つの位置について

  • LINEで送る

心理カウンセリングでは、座る位置や距離はどの程度、重要な要素となるのでしょうか?

ここでは、カウンセリングでの座る位置についての記事になりますが、座る位置や距離はカウンセリングだけではなく、様々な領域、例えばビジネスでの商談や恋愛などでの活用も可能だと思います。

あなた自身が相談される立場になった時に知識として覚えておいても決して損はない内容だと思います。

カウンセリングにおける3つの座り位置

カウンセリングを行う上で、大切になることの一つに、カウンセラーとクライアントとが座る「位置関係」があります。疲弊したクライアントのココロにアプローチする上で大切になることであり、知っているだけで直ぐに活用できる知識になるではないでしょうか。

ここでは座る位置を3つに分けて、それぞれについて解説していきたいと思います。

正面に座る「対面型」

文字通り、カウンセラーとクライアントが向かい合って座る方法になります。正面に座るこの位置関係での最大のメリットは、カウンセラーがクライアントの表情や視線を情報としてキャッチすることが出来る点です。正面に座ることで、顔や目線から読み取ることのできる情報が非常に多く、クライアントの感情と表情の連動などを洞察することが可能となります。

一方で、そのメリットはデメリットにもつながります。それは疲れ切って心理カウンセリングに来ているクライアントの正面に座ることでクライアント自身もカウンセラーの視線を浴びることとなってしまい、緊張状態に誘ってしまう可能性がある点です。クライアントの緊張状態を促進してしまうことで、話しをし辛くなってしまうこともあります。

また面接などで失敗の経験を多くしているクライアントであれば、面接はほとんどが対面式であることから、自然に緊張状態を思い出してしまうというようなデメリットも存在しています。

それでも対面型のカウンセリングで多くの情報をキャッチしたいと考えるカウンセラーの先生は、対面型でのカウンセリングを行う場合には、パーソナルスペースを意識するようにしましょう。

横に座る「90度型」

ここでの横とは、真横ではなくお互いの目線が90度の位置で交わるような座り位置になります。

この90度型は、カウンセリングでは非常に適しているとされています。カウンセラーとクライアントの目線がずっと合うことはなく、自然に会話のなかで表情を見ることがある時に目線を合わせる程度に留まります。

目線が合う回数が減ることでクライアントの緊張状態は和らぎやすく、コミュニケーションがスムーズになります。また、適度な距離感にいることにより安心が生まれやすくなります。但し、やはり対面式に比べると特に視線などの動きを洞察することは難しいかもしれません。また対面式に比べると距離感は近くなってしまうため、クライアントがパーソナルスペースに敏感な場合には適さないこともあるでしょう。

真横に座る「平行型」

これは文字通り、真横に座る位置関係になります。一般的には恋人などが座る位置関係になると思います。そのため、カウンセリングには適してないと言えるでしょう。カウンセリングでは、少なくとも目や顔の表情を観察することがあります。

真横に座ることにより、視線のプレッシャーを全く受けることはなく、お互いが同じモノを見ることが可能となります。ただし、やはり彼氏や彼女などの恋人や夫婦などの座り位置であることを“なんとなく”であっても、理解している人は多いと思います。そのため、この座り位置そのものに違和感を感じるクライアントもいると思うので、カウンセリングでは適切ではない位置だということが言えるでしょう。

カウンセリングは90度型がもっとも良い?

カウンセリングで座る位置関係については、最も好ましい位置関係は90度型であると言われています。それは本当なのでしょうか?

90度型のメリット

確かに90度型には、

・クライアントが緊張を感じない

という最大のメリットが存在しています。緊張を感じないことは、自由な発言を促進する要因となるでしょう。そして、この座り位置がもたらすメリットは、クライアントがカウンセラーを敵対視しないなど、様々なメリットが存在します。事実、カウンセリングをする際には「90度」法をお勧めする記事も多く存在します。

90度法が最も正しい、という論は非常に的を得ていると思います。ただし、カウンセラーとして、対面型に着座しても緊張を和らげることが可能となるコミュニケーションスキル、実はこちらの方が大事では!?といった論があることも覚えておいてください。

対面型にもメリットがある

わざわざクライアントがカウンセリングルームに足を運んでくれる以上、表情や視線など、少しでも多くの情報をキャッチする必要がカウンセラーにはあります。

もし90度型では拾いきれない情報、対面型でしか拾えない情報があるとしたら、対面型に着座する意義も十二分にあるでしょう。

ただし、距離が近い状態での対面型による着座では、緊張状態をコミュニケーションで和らげることは難しくなってしまいます。そうならないためにも、90度型ではなく、対面型でのカウンセリングを行う際には、「パーソナルスペース」についての理解と意識をしておく必要があります。パーソナルスペースについては、改めて紹介しているので、そちらを参考にしてみてください。

参考記事:カウンセリングで座る距離、パーソナルスペースの4分類について

まとめ

物理的距離と心理的距離は相関関係にあることは非常に多いです。

カウンセラーは、クライアントとの物理的距離と心理的距離を適度に観察することができるようになることも、仕事を進める上で必要になることを覚えておいてください。

また、いまクライアントとしてカウンセリングを受けている人やこれからカウンセリングを受ける人もカウンセラーの先生が座る位置などによっても相性などが変化する可能性があります。クライアントの人は、自分自身がストレスを感じずに座ることができる位置を把握するように心掛けましょう。

  • LINEで送る