カウンセリング

カウンセリングの距離、パーソナルスペースの4分類

  • LINEで送る

パーソナルスペースという言葉、一度は聞いたことがあるでしょか?

パーソナルスペースとは、まさに自分自身のエリアのことを指し、「対人距離」を表す定義のことを言います。

例えば、好意を抱いている人あるいは親しくしている人と距離が近くなっても人は違和感を感じません。一方で、嫌悪感を抱いている人や親しくない人が一定の距離よりも近づいてくると人はとてつもない違和感を感じます。普段、彼氏や彼女などの恋人と話すような距離に初対面の異性が近づいてきたらどのように感じるでしょうか?ほとんどの人は「気持ち悪い」と感じると思います。

この違和感を感じたり、感じなかったりする距離のことをパーソナルスペースと呼び、心理学では、その距離が大きく4分類されています。

パーソナルスペースの4分類

パーソナルスペースでは、大きく4分類された領域にそれぞれ「近接相」と「遠方相」が存在し、8つのカテゴリーに分かれています。大きく分けられる4分類とは「密接距離」、「個体距離」、「社会距離」、「公衆距離」となります。

それぞれの距離などについて見ていきましょう。

密接(親密)距離

この密接距離は、45cm以内とされており、近接相が0cm~15㎝、遠方相が15㎝~45㎝となります。

密接距離とは文字通り、密接な距離であり、密接な関係にある人が入っても違和感を感じない距離のことになります。相手の体温や臭いを感じることができる距離であり、家族や恋人、親しい友人との距離になります。

個体距離

この個体距離は、45㎝~120㎝とされており、近接相が45cm~75㎝、遠方相が75㎝~120㎝となります。

個体距離とは、一般的な距離感であり、友人や知人と話しをする時などがこの個体距離に該当する場合がほとんどとなります。メジャーで測るわけにはいきませんが、ふとしたタイミングでパーソナルスペースの話しを思い出し、友人や知人との距離を感じてみてください。およそ手の届く範囲にほとんどの人がいることが分かると思います。無意識的に、その距離での会話を好む傾向にあるのが個体距離ということになります。

社会距離

この個体距離は、120㎝~350㎝とされており、近接相が120cm~200㎝、遠方相が200㎝~350㎝となります。

社会距離とは、一般的には商談などの仕事の話しをする距離であると同時に「社会距離×近接相」は初対面で最も適切な距離であるとも言われています。つまり、初対面で話しをする際には、最低でも120㎝以上の距離を確保することが必要である、ということですね。この社会的距離よりも近い距離感になってしまうと、意識・無意識に関わらず抵抗=心理的な抵抗を持つ人もいます。初対面の距離は120㎝がベストである、と覚えておいてください。

公衆距離

この公衆距離は、350㎝以上とされており、近接相が350cm~700㎝、遠方相が700㎝~となります。

公衆距離の代表的な距離感は、「講演」などの距離のイメージとなります。多数の人を目の前にして、会話ではなく一方通行的に話しをする時の距離のイメージとなります。公衆距離であることから、講演やセミナーなどを聞きに行かない人などは特に普段は気にすることのない距離、ということになります。

パーソナルスペースに支配されている日常がある

今では若者のお酒離れを背景に、著しくその文化は低迷しているとされますが、それでもまだ日本に根付いているコミュニケーションに「飲み会=ノミュニケーション」という文化があります。

このノミュニケーションでは、お酒を飲むことで本音をぶつけ合うという側面ばかりが押し出されますが、実はそれだけではありません。

今まで過去に行ったことのある居酒屋を思い出した時に、そのテーブルがとても小さかったり、正面に座っている人とあるいは隣の人との距離がとても近いと感じた記憶はありませんか?

そうです。実は居酒屋のテーブルには、パーソナルスペースを近づけるための仕掛けがあるのです。居酒屋のテーブルで真正面にいる人との距離が120㎝以上空いているということはほとんどないと思います。つまり、知らず知らずのうちに物理的距離が近くなることにより心理的距離が連動して近くなるということがあるのです。

人は知らず知らずのうちに人との物理的距離と心理的距離を同じようなイメージで持つ特性があります。つまり、距離を近づけたい人と飲みに行くことには、居酒屋と言う空間が持つ独自のスペースを活用できることとなります。相手に好意を抱いてもらいたい時に、お酒の力を借りること以外にも空間そのものを活用することにも意味があるということになりますね。

このように私たちの生活のなかにパーソナルスペースに支配されている場面は多数存在します。普段の生活のなかで意識してみると面白い発見があるかもしれません。

まとめ

日常生活におけるパーソナルスペースの話しにそれてしまいましたが、私たちはこのパーソナルスペースを理解した上で、カウンセリングを敢えて対面型で行っています。

カウンセラーとクライアントがどのような位置関係で座るべきかについて、「カウンセリングで座る3つの位置について」で紹介しましたが、この座る位置とパーソナルスペースを総合的に判断し、「対面型×120㎝」のスタイルでカウンセリングを行っています。

座り位置や距離を理解した上で、カウンセリングを行っていますが、このパーソナルスペースの理解は決してカウンセリングの場面に限定された知識ではありません。

居酒屋の例で記載しましたが、様々なシーンでの応用が可能になる、知っておくべき知識だと考えています。ビジネスの商談から恋人関係に至るまで。

パーソナルスペースの活用についてさらに知りたい!という人はぜひウェルビー・ココロ研究チームに足を運んでみてください。

お問い合わせはこちら

  • LINEで送る