ストレス

ストレスが原因で生じる2つの頭痛。その対処法とは?

  • LINEで送る
ストレス頭痛

何となく頭が痛い、これってストレスで頭痛が起きてるのでは?

あなたはこんな疑問や不安を抱えた経験はないでしょうか?

頭痛は風邪を引いたとき等にも出ます。

そのためストレスが原因となって頭痛になっていることに気づかない人も多いでしょう。

ストレスが原因で頭痛を引き起こしているかどうかの判断は難しいです。

ただ、ネガティブな考えが多く心が何かボヤーっとしている時に頭が痛いと感じる方は、心のケアが必要だというサインだと考えるようにしましょう。

こちらの記事では、ストレスで引き起こす頭痛の種類や、その対処法について解説をしていきます。

ストレスで起こる頭痛の種類

私たちの生活には必ずストレスがつきまといます。

あなた
「今日は目覚めがいい!一日ストレスフリーでいこうっ!

と意気込んで家を出た途端、通勤電車で横入りされ、既にストレスフリーじゃなくなる。

起きた物事に対して感じるネガティブな情動はなかなか不可避ということですね。

つまり、あなたが生活をしていくなかでは、日々些細なことから大きな出来事まで様々なストレスにさらされています。

人はストレスを感じずに生きることは難しいのですが、ストレスが過度になると胃腸をはじめ、肌荒れや頭痛など、身体に不調を巻き起こすことがあります。

胃痛や肌荒れなども一般的ですが、ここではストレスが原因で生じる「頭痛」について見ていきます。

ストレスから生じる胃痛、下痢、肌荒れなどにもメカニズムがあると思いますが、ストレスから起こる頭痛は一体どのようなメカニズムから生じているのでしょうか。

ストレスが原因で生じる「頭痛」は大きく二つに分かれます。

1, ストレスが原因で引き起こされる「偏頭痛」

一つ目は、「偏頭痛」です。

ストレスが原因で生じる偏頭痛とは?

偏頭痛とは、副交感神経が刺激されることにより血管が拡張することで血管内部が損傷を受けることによって炎症が生じて痛みを感じる頭痛となります。

つまり、偏頭痛は、

「ケガ」のようなもので“ズキズキ”とした痛み

が特徴となります。

日常生活のふとした瞬間に、あるきっかけで生じるとされています。

一般的に、偏頭痛は30代女性に生じることが多いとされ、5人に1人は偏頭痛を持っているとも言われています。

この偏頭痛は、女性であれば「生理前から生理中」にかけて痛みが生じることが多いとされる一方で、妊娠6ヶ月あたりから起こらなくなり出産後にまた発症するという事例もあることから、「女性ホルモン」の変動が関係していると考えられています。

偏頭痛の原因はストレスや肩こり

この偏頭痛の原因として「ストレス」あるいは「肩こり」がトリガーになるとよく言われます。

現代社会では、情報は誰かと話しをしてキャッチすることは極めて稀であり、多くはパソコンやスマホの画面から情報をキャッチします。

いまこの記事を読んでいるあなたの今の姿勢はどのような状態でしょうか?

肩がすくんだり前かがみになっていませんか?

特に女性は猫背やストレートネックの人も多いでしょう。

偏頭痛は一度痛みを発症してしまうと一定期間は痛みを生じると言われており、多い人では1週間に1回ほどの周期で痛みを繰り返すのが特徴です。

ストレスからの解放ととも偏頭痛の痛みは和らぐことも

偏頭痛はあなたが生活で感じている強いストレスからの解放されると同時に痛みが和らぐことがあります。

つまり、痛みを和らげるためにはストレスから解放されることはとても大切です。

ただ、私たちの生活からストレスは切っても切れません。

そんな時はストレスに対応できる身体を作ることです。痛みの原因の一つに肩こりがあるのなら、姿勢を正すことや深呼吸をすることで少しでも肩こりにならないような取り組みを自発的に行うようにしましょう。そうすることで偏頭痛の苦痛から少しだけ解放されるかもしれません。

2, ストレスが原因で引き起こされる「筋緊張性(緊張型)頭痛」

二つ目は、筋緊張性(緊張型)頭痛です。

ストレスが原因で生じる緊張型頭痛とは?

緊張型ずつは、交感神経が刺激され、血管が収縮することで引き起こされる頭痛であるとされています。

また、偏頭痛のような“ズキズキ”とした痛みではなく主に、

後頭部や頭の周囲が“締め付けられる”ような痛み

が特徴となります。

筋緊張性(緊張型)頭痛は身体的ストレスも原因となる

緊張型頭痛も、偏頭痛と同様に身体的ストレスあるいは精神的ストレスが原因で生じるとされています。

身体的ストレスとは、例えばスマホなどを見る時の上半身を前かがみにした状態や車の運転などが該当します。

あなたの体にとって不自然な姿勢を長時間続けることにより、首から肩にかけての筋肉が収縮し緊張性頭痛を誘因すると言われています。

また、運動不足も頭痛を招く要因であるとされることから、基本的には運動不足を解消するような取り組みを心掛けると良いでしょう。

精神的ストレスとは、日常でさらされる強いストレスが原因となります。

身体的ストレスがかかり首から肩にかけて筋肉が緊張することで生じます。また、精神的ストレスでは、神経の緊張が日々続くことで「痛みのコントロール機能」が正常に作用しなくなることで緊張性頭痛を生じます。

ストレスが原因の頭痛だと感じたら医療機関の受診

あなたがストレスを感じることで生じている頭痛は、

偏頭痛:“ズキズキ”とした痛み

緊張性頭痛:頭の周囲が“締め付けられる”ような痛み

いずれに該当しますか?

頭痛は、風邪などと同じように「ありふれた病気」です。

しかし、一部の頭痛は放っておくと「命」にかかわることがあります。

頭痛がひどい時は医療機関を受診するようにしましょう。

ストレスが原因となる頭痛を引き起こさないために

もし、あなたを苦しめている頭痛が「身体的」あるいは「精神的」ストレスが原因だとしたらストレスをコントロールすることを意識しましょう。

ストレスのコントロールは難しいですが、ネガティブな情動を巻き起こさないような対応ができればストレスは感じません。

ストレスに強くなるためのトレーニングを普段から心掛けるようにしましょう。

起きている物事とネガティブな情動をリンクさせない

ストレスをコントロールする為には、起きている物事とネガティブな情動をリンクさせないことです。

あるいは起きている物事にストレス=ネガティブな情動を感じていると思った場合は、自動思考を「停止」することをオススメします。

参考記事:「1分でわかる「ネガティブな自動思考を止める」3つの方法」

頭痛を引き起こしたら身体の状態を整える

そこで、上記二つの頭痛に対応する第一段階は身体の状態を整えることです。

身体へアプローチを行い、身体の状態を整えることです。でも、身体の状態を整えるということはどういうことでしょうか。

その鍵は、生活習慣の3つに分かれます。

1つ目は良質な睡眠の確保です。

2つ目は正しい食生活で栄養を摂取することです。

そして、3つ目は、適度な運動です。

ストレス頭痛を予防する大切なこと3選まとめ

上記で説明をしました、頭痛を感じた場合に身体の状態を整えるために大切なことを3つ取り上げてみましょう。そもそもストレスを予防ってどうするの?と思われている方も多いのではないでしょうか。

ここ紹介する3つは、メディアでもあらゆる健康に関わるサイトでも数多くの「健康法」が紹介されています。何かアクションを起こそうと思ったら専門家に聞かずとも情報を知れる便利な時代になりましたね。

でも、情報が多いからこそ、取捨選択が難しく、結果何から手をつけたらいいのか分からない、ということも多いでしょう。ここでは、本当に簡単にこれだけはやりましょう!という内容を記載します。

もし、ストレスによる偏頭痛や緊張性頭痛をもう生じたくない、という強い意志があるならぜひともチャレンジしてみてください。

助言

良質な睡眠で頭痛に立ち向かう!

寝たいのに寝れない。もしかしたら、いまこの記事を寝付けなくて読んでいる方がいっらしゃるかもしれませんね。それはNGです!

スマホのブルーライトはより寝つきを悪くさせるなどの理由がありますが、「寝れない」から「何かをする」、これこそがNGだと私たちは考えています。どんだけ眠れなくて、我慢して体を横にしたまま、ただボケ~として下さい!皆さんにやってほしいことは、横になったままボケ~とすることだけです。もちろん良質な睡眠にこだわりたいところですが、先ずは『体と脳を休める』ことが最優先です。

寝れないからと言って携帯を見たりテレビを見たりせず、ひたすらボケ~として脳と頭を休めましょう。

正しい食生活で頭痛に立ち向かう!

食生活に関する情報もとんでもなく多いですね。これは食品会社やサプリメントの会社など、健康食品に関する市場はますます激化してますね。その勢いは凄まじい物があります。

もちろん、あらゆる食材から体に必要、あるいは大事な栄養素を取ることは一点の曇りのないほどに大切なことだと言えます。でも、その情報が溢れすぎていて、もはやすべてが大切になってしまっています。

「これもとらないと、、、」「あれもとらないと、、、」と思ってるうちに、「あっ。これを摂り忘れた」何ていうストレスを感じてしまうことも珍しくありません。私たちもあらゆる栄養素を摂ろうとする取り組みを否定しているわけではないのですが、無理があるのでは!?となってしまわないように気を付けてもらいたいのです。

そこで、私たちがこれだけはやって欲しい、と思うことは朝昼晩という3食をきちんと取ることです。

朝はエネルギにーになる炭水化物やタンパク質を、、、と細かなことは言いません!先ずは、3食の食事をきちんととることだけを心がけましょう。

やがて、ゆとりが出てきたら食事の内容や栄養素にこだわることが出来ればベストですが、先ずは『朝昼晩の3食をとる』ということを徹底しましょう。

参考記事:これを食べればストレス解消!効果的な食べ物5選

適度な運動で頭痛に立ち向かう!

健康ブームの波にのって運動に関するあらゆる形のサービスがいまはありますね。

お金にゆとりがある方はパーソナルトレーナーをつけてみたり、プライベートヨガに通ってみたり、と精力的に健康志向を実現する方や、ライフスタイルに合わせてトレーニングができる24時間オープンのトレーニングジムまで。何かを始めようと思ったら、これまたすぎ情報がネット上にちらばっていますね。でも、これがいいのかな!?あれがいいのかな!?となって色々なことに手をつけた結果、どれが効果的なのか分からずに、結局すべて辞めてしまう、何ていう方も少なくありません。まさに三日坊主ですね。

もちろん最良の手段として専門家に見てもらえるプライベートジムなどは経済的にゆとりがあれば、運動を継続することが容易となるため一定の効果を期待出来ますが、通い始めるには覚悟が必要な金額になることもあります。その経済的圧迫が頭痛の原因になってしまっては本末転倒ですね。

私たちも心身が良好な状態でいることが出来るようあらゆる方法をご紹介したいところですが、先ずこれだけはやりましょう、をテーマに考えると、先ずは『歩く』ことです。私たちはそれがどんな運動よりも基本にあると考えています。歩くことで普段考えないことを思いついたりひらめいたりするこもあります。どこまで歩こう、これだけ歩こうなどと目標を設定するのではなく、気分に任せて先ずは『歩く』ことで適度な運動を確保しましょう。

強い意志を持って、寝付けない時もただ「脳と体を休る」

強い意志を持って、栄養素を考えずとにかく「朝昼晩の3食を食べる」

強い意志を持って、とにかくのんびりした気持ちで「歩く」

強い意志を持って、強い意志が必要じゃないことから始めてみましょう!

関連記事:ストレス解消にヨガがもたらす効果

頭痛を引き起こしたときの対処法

睡眠を心掛ける。食事を意識する。適度な運動も確保する。

それでもストレスが襲ってきて、気づけば偏頭痛を発症してしまう。そのような時は、一度「停止」する作業を行ってみましょう。

マインドフルネス瞑想

皆さんは「マインドフルネス瞑想」という言葉をご存知でしょうか?

これは、すべての思考を一旦ストップするようなもので、マインドフルネスを体得する際にはさまざまな手法が用いられますが、その中でも最もメジャーな手法が「マインドフルネス瞑想」と言われるものです。

瞑想とは、その行為を行うことで「リラックス」や「心の安らぎ」を得るなどの効果を得ることが目的となります。マインドフルネスな状態を自らで作ることが出来るようになると、物事や感情を「ありのまま」受け止めることができるようになるとされています。つまり、常に穏やかな心を保つことができるようになり、自発的に心身を良好な状態にコントロールすることが出来るようになります。

そして、この手法には脳科学の要素も加わり、今ではIT企業などでも積極的に取り入れられているのですが、実はこれは、古く1979年に「マインドフルネスに基づくストレス低減法(MBSR)」として、マサチューセッツ大学医学校名誉教授のジョン・カバット・ジン博士が論文に提唱した認知行動療法に位置づけられる心理的手法なのです。

つまり認知を変える、ことによるストレスに強い体質を作ることがその目的とでも言えるでしょうか。その代表的な効果としては、「ストレスの低減」が挙げられます。マインドフルネス瞑想を行うことにより、ネガティブな情動を抑えようとする動きは1970年代から既に始まっていたことになりますね。その論文が今になって脚光を浴びる、ということは現代社会がいかにストレスフルな時代になっているのか、と心配にもなったりしますが。先ほども述べたように、このマインドフルネス瞑想は脳科学でも注目されている、つまり頭痛にも一定の効果があると類推することが可能でしょう。

ネガティブな情動を引き起こさないよう取り組む

何度も何度も記載しますが、ストレス=ネガティブな情動です。

このネガティブな情動さえ引き起こさなければ精神的ストレスが溜まり、頭痛を引き起こすこともなくなります。昔の人は深呼吸を非常に大切にしていました。

マインドフルネスに興味がわいた方には改めてご紹介したいと思いますが、いま頭痛を生じている人は記事を読めば脳疲労を起こしてしまうかもしれません。

先ずは「深呼吸」をしてカラダもココロも休めてみてはいかがでしょうか。

ストレスで頭痛が起こる方の特徴

ストレスが全くない、という方はほとんどいない位、多くの方が日々の生活の中でストレスを感じていると思います。ストレスを感じることによって頭痛を起こしやすい方と、ストレスが溜まるけど頭痛を引き起こさない方おられます。

こちらでは、ストレスによって頭痛を引き起こしやすい方の特徴についてまとめてみました。

ストレスによって頭痛が引き起こしやすいのは空気を読める人

ストレスによって頭痛を引き起こしやすい方の特徴は、一昔前の言い回しになりますが、「“KY”ではない性格の人」ということになってしまいます。

これは、非常に残念ですが、空気を読まずに“がつがつ”と人のココロに入り込める、土足であがってくる人、というような表現もしますが、こういった人たちはストレスを溜めないようなアクションをしています。

一方で、空気を読んでしまう人たちは自然に言いたいことを我慢する=ストレスを溜める、ということにつながってしまいます。これは私たちウェルビーココロ研究チームでもよく話題になるのですが。

「我慢を美徳とする」日本特有の文化は、もはや影を潜めてしまっているにも関わらず、場面場面でその性質=我慢が強い求められる。

変換の過渡期にいる日本はますます生活しづらくなるのではないでしょうか。「言ったモノ勝ち」何ている風土が正しいのかは、それは分かりませんが、それでもストレスを溜めることで頭痛を生じてしまい、苦しい思いをしてしまうくらいなら言いたいことを言ってみてはいかがでしょうか?

経済社会と同じように心理的負債は誰かのもとにシフトし続けます。

皆さんの抱えている心理的負債を解消する、そのような役割を私たちウェルビーココロ研究チームは果たしていきたいと考えています。

まとめ

こちらの記事では、ストレスが原因となって頭痛を起こす場合、どのような症状になるのか。そして、頭痛を引き起こした場合はどのような対処法をするのが良いのか、について解説を入れながらまとめました。

気分が乗らなかったり、頭痛がしたりすることは良くあることかもしれません。冒頭にも書かせていただきましたが、頭痛を引き起こしても必ず心の病気にリンクしているとは限りません。

しかし、何かしらの身体の異変があったときは、その原因はどこかに必ずありますので、こちらの記事を読んで知識を付けていただき、日々の生活で改善できることから取組んでいきましょう。

  • LINEで送る