カウンセリング

カウンセリングの頻度と効果の関係は?気を付ける3つのこと

  • LINEで送る

カウンセリングを受けようと考えると、経済的な負担は軽視できません。

実際にカウンセリングへ通う頻度はどのくらいが理想なんだろう?と疑問を持つ人も多いでしょう。

そして、まずは頻度を考える上で最も気になる経済的な負担について紹介しておきます。

カウンセリングは全国的な相場は¥10,000~/60分です。そして、保険適用がないこともあり決して負担の少ない料金ではありません。

実際に厚生労働省「こころの耳」には、カウンセリングを受ける場合、経済的負担を意識するべきであると記載されています。

経済的に可能な場合

医師以外によるカウンセリングは、通常保険が効きませんので、相談機関によりますが、1回(60分)当たり10,000円前後かかります。

また、1回限りということではなく、継続する必要がありますので、経済的な負担が大きくなりますので、患者の経済的状況もカウンセリングを適用する際には考慮に入ります。

引用:厚生労働省「こころの耳:カウンセリングが適用と判断される場合」より

つまりあなたがいまカウンセリングに行きたいと考えていても、カウンセリングの料金が高いことで経済的な負担、「お金」そのものがストレスになることもあります。

そのため、「効果が出る為のカウンセリングの頻度」をきちんと理解しておきましょう。

カウンセリングを受ける頻度について

カウンセリングを受ける頻度は、症状や時期によって変えることが理想です。

単純には、症状が改善されていくごとに回数を減らしていくことが一般的です。

ただし、まずは一般論や理想よりもあなたの時間的・経済的な都合に合わせることがとても大切です。

ここではあくまで目安としての理想や一般的な頻度を記載していますが、特に経済的な負担については自分自身ときちんと相談しましょう。

また、カウンセリングを受ける頻度はあなたの症状や生活環境によって大きく変化します。

最低限の頻度でもきちんと効果がでる、カウンセリングに通う頻度について気を付けるべき3つのことを紹介します。

効果を失わないためにもカウンセリングの頻度で気を付けるべき3つのこと

心理カウンセラーはやがて存在が不必要になることが望ましいです。

ここではカウンセリングを受ける頻度を考える上でのアドバイスを記載します。

ウェルビー先生
カウンセラーはやがて必要じゃなくなることが望ましいです!

1, カウンセラーはサポーターと認識する

カウンセラーをサポーターとして捉えることが必要

カウンセラーは家族や恋人、友人と同じように365日24時間、あなたのそばにいて適宜相談を受けるわけではありません。

だからこそ、やがてはカウンセラーが不必要な存在になる必要があります。

つまり、カウンセラーの存在はケガをした時の「松葉杖」のようなモノです。

ケガをした時は「松葉杖」が必要不可欠ですが、やがては「松葉杖」がなくても、自分自身の足で歩いていくことが大切になります。

カウンセラーの役割とは、まさに、

自分自身の力で立直っていくきっかけをつくったり、気持ちや考え方を整理していくサポートを行ったりするのがカウンセリングなのです。

厚生労働省:「こころもメンテしよう」より

ケガをしたり歩き方を忘れた時にあなたをサポートすることです。

段階的に自立を意識する

そういった意味では、カウンセラーはサポーターといえるでしょう。

あなた自身が少しずつでもあなた自身で歩けるようになるために、最初は頻繁にカウンセリングに通ったとしても、カウンセリングの頻度は心の回復とともに少しずつ減らしていくようなスケジュールが理想です。

カウンセリングを受ける頻度

初めは頻度を高くし、やがては頻度をゆるやかにすることが経済面からみても理想的になります。

週に2回から週に1回

週に1回から月に2回

月に2回から月に1回

3か月に1回から半年に1回

といったイメージです。

少しずつ通う間隔を広げていくことで自分自身の自立を意識するマインドを持つようになることが理想です。

ウェルビー先生
頻度を下げ、自立を意識するマインドを持つようにしましょう!

2, 自分自身の将来を見据えてカウンセリングを受ける

やがては「感情」や「思考」がぶれないようになること

シルエットや髪形が似ている人はいるかもしれませんが、見た目が全く同じである人はいません。

見た目に個性や違いがあるように性格や性質にも個性や違いがあります。ただ、性格や性質は目に見えないため、どうしても「自分基準」で人は物事を考えてしまいます。そして、その「自分基準」で性質や性格を捉えてしまうために、「私なら〇〇するのに、あの人は〇〇のようにしないのはなぜ?」とイライラやストレスを感じてしまうのです。

でも、見た目が異なるように性格にも、そして考え方にも必ず「人」との違いはあります。

きちんとした将来像を持つこと

社会で生活していく以上、様々な考え方の人に出会います。

その時々に出会う人にストレスを感じたり、自分自身の考え方が変化したりすると気持ちは不安定になってしまいます。

カウンセリングに通い、少しでも気持ちにゆとりが出てきた時に、感情や思考がぶれないようになる「自分自身」を創れるように心掛けましょう。

最初は頻繁に通ったとしても、少しずつ自分自身の意見を持てるようになることでカウンセリングの頻度は少しずつ減らしていくようにしましょう。

ウェルビー先生
わずかでも将来像を持つことが大切になります!

3, 経済的な判断をその都度きちんと行う

経済的な見通しを立ててカウンセリングに通うことが必要

自分自身の貯金が100万円あったとします。

まわりの人たちが50万円しかもってなかったら、自分は「裕福だ」だと感じますよね。

でも、まわりの人たちが1,000万円持っている人ばかりだとしたら、自分は「貧乏だ」と思うでしょう。

人は常に周りと比較しながら基準を見極めています。

ただ、お金に関しては相対的な捉え方をするのではなく、あなたの限られたお金のなかで、あなた自身がココロの回復や成長にどれくらいのお金を使うべきなのか、きちんとイメージする必要があります。

カウンセリングの料金に見合う成果を意識する

カウンセリングに通う上では「頻度が高い」と「費用」もかかります。

でも、カウンセリングに通うことであなたはココロの回復や成長を手にすることができます。

費用と効果をきちんと確認できるためにも「将来像」を必ず意識しましょう。

ウェルビー先生
あなた自身でもしっかりと回復や成長を見極めることが出来る力を持つことが必要であるということを忘れないようにしましょう。

カウンセリングの頻度と効果

カウンセリングでは「頻度」と「効果」に相関関係は存在しています。

カウンセリングは初回が最も効果的である

あなたが“感覚的に”信頼できると感じるカウンセラーに出会えた場合、カウンセリングでの効果を最も感じることができるのは初回です。

初回のカウンセリングでは、あなたの中に溜まっていた「(ココロの)負の遺産」を一気に吐き出すことがあります。

そのため初回で強いデドックス(=ココロの浄化)を感じることができるでしょう。

でもこの場合、初回のすっきりした気持ちを2回目、3回目以降に求めてしまうと、効果を感じづらいことがあります。

頻度が高くなると効果が薄れることもある

何度もカウンセラーと会う中で信頼関係が構築され、徐々にカウンセリングの効果を感じることもあります。

ただ、効果のピークはやがて必ず訪れます。それはあなたのココロの回復を示すものです。

効果がピークになったと感じたときが、カウンセリングの頻度を下げていっても良い段階だと認識しましょう。

あなた自身が感じているカウンセリングの効果から頻度を見定めることが最も理想になります。

ウェルビー先生
「効果」は初回がとても大きいモノです!

まとめ

こちらの記事ではカウンセリングの頻度について解説をしています。

もし、あなたがカウンセリングに通うなら、カウンセラーにきちんと自分自身の気持ちを伝える必要があります。

そして、そこであなた自身のしっかりとした感情や思考を少しずつでも持てるようになる必要があります。

カウンセリングの頻度は、あなたの時間的・経済的なゆとりと心の状態を考えながら受けることが大切となります。

カウンセリングを受けることによって抱えているストレスを解決できることはもちろんあります。

でも、カウンセリングを受ける頻度や通う期間についても重要となります。

カウンセリングは受ければ受けるほど良くなるというものではありません。

そして、カウンセリングではやはりやがてはカウンセリングの存在が不必要になる」ことが重要です。

ウェルビー先生
「効果」を考慮しながら「頻度」を提案してくれるカウンセラーもいるでしょう!
  • LINEで送る