ストレス

イライラの限界!爆発しそうな仕事ストレスの発散にオススメの方法

  • LINEで送る

あなたは仕事でストレスを感じたことがありますか?

仕事は一日のうちほとんどの時間を取られるモノです。仕事では一度ストレスを感じ出すとそのストレスは着実に蓄積していってしまうものです。そして、やがて爆発してしまいます。

ここでは、仕事のストレスで爆発してしまわないように、

  • 仕事ストレスの具体的な原因とは?
  • 仕事ストレスが爆発する前に発散する方法

について解説しています。

ここで紹介するストレスの発散方法を実践して、あなたの仕事ストレスが爆発してしまう前に、そのストレスを発散するよう心掛けてください。

仕事にストレスを感じるのはなぜ?

仕事は生きていくために必要である一方で、ほぼ毎日繰り返されるものです。そのため必然的にストレスを溜める人も多いのです。

仕事のストレスが原因で起こる症状

仕事のストレスが原因で生じる身体的な症状には、

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 下痢
  • 胃痛

などがあります。

また仕事のストレスは日々、連続で感じてしまうことも多いため重症化するケースもあります。

ストレスが限界に達したとき

仕事でのストレスが限界に達してしまうと、ココロの症状としてうつ病や適応障害などを発症することがあります。それでも無理をして仕事に行く続けてしまうと、ひどいときは仕事でのストレスが原因となり自殺をする人もいます。

仕事は生きていく上で絶対にしなければならないことだという思いから特に無理をしてしまうケースも多いです。

仕事ストレスの具体的な原因とは?

仕事でのストレスの具体的な原因にはどのようなものがあるでしょうか?

1, 自分の思いが伝わらない

自分自身は一生懸命頑張っているけれどもそれが上司や部下に伝わらなかったり、周囲から認めてもらえないときに強いストレスを生じます。

頑張っても頑張っても結果がでないときに怒られたり指導をされたことが原因で仕事を辞めてしまうケースもあります。自分自身の頑張りが職場では全く評価されていないときにストレスが爆発しそうになった経験がある人も多いでしょう。

承認欲求が満たされないときに人は強いストレスを生じてしまうものです。

2, 誤解や勘違いがストレスを引き起こす

上司や部下のためを思ってやった仕事や同僚のためを思ってやった仕事あるいはお客さんのためを思ってやった仕事などで、勘違いをされた場合も強いストレスになります。

相手のためを思ってやったことが裏目に出てしまい、勘違いや誤解をされたときは自分自身の想いが伝わらなかったときと同様に評価してもらえないことが強いストレスになってしまうことがあります。

親切心からやったことが思わぬ結果を招いた場合などはストレスは一瞬で爆発しそうなところまで肥大化するものです。

3, 周囲の協力を得ることができない

例えば、仕事をしていて上司や部下あるいは同僚がすぐに帰ってしまうなか、孤立感を感じてしまうと大きなストレスになります。

周囲が誰も分かってくれないと感じたり、協力をしてもらえなかったり、一人ぼっちになってしまっていると孤立感は大きなストレスを生じさせます。また自分一人だけが頑張っているのではといった被害妄想的な思考もめぐってしまうものです。

仕事では孤立感を感じてしまうとそのストレスは一気に膨らんでしまいます。

4, 人間関係がうまくいかない

仕事のストレスが爆発してしまう人のほとんどは「人間関係の崩壊」が理由にあります。職場でのいじめやパワハラなども人間関係の崩壊に入りますが、信頼していた上司や部下との関係性に亀裂が入ってしまったり、同僚との関係がぎくしゃくしても爆発寸前のストレスに肥大化するものです。

どれだけ仕事の内容や業務内容にしっくりきていなくてもその職場での人間関係が良好である場合はなかなか人はストレスを溜めないものです。でも、仕事内容や業務内容を好んでいたとしても、職場での人間関係が劣悪なものであれば、人はすぐに会社を辞めるなどの選択肢を準備するものです。

それだけ仕事では人間関係が大切だと言えます。その大切な人間関係が上手くいっていないとストレスは日に日に肥大化していってしまいます。

仕事ストレスは爆発する前に発散を

ストレスが限界に達して爆発してしまうと、職場復帰や次の職場での仕事にまで支障をきたしてしまうものです。

仕事でのストレスは爆発する前に発散することが大切です。ストレスで爆発するのは電気のブレーカーが落ちてしまうようなものです。ブレーカーが落ちる前にスイッチで対応できる段階で発散することを心掛けまししょう。

1, 一人の時間をつくる

仕事でのストレスは日々襲ってくるもので、人間関係の悩みが中心になることが多いです。そんなときはリセット時間として一人の時間を持つようにしましょう。意識して一人の時間を持つことで気持ちや考え方にゆとりが出ることもあります。

一人で仕事について考えてみても良いですし、一人で趣味に没頭してみても良いでしょう。時間の流れを意識的に止めて、気持ちも考え方もリセットすることで新たな気持ちで仕事に行けるようになります。

もちろん自宅でもいいですが、お気に入りのカフェやお気に入りの場所に小旅行に出かけるなどして、普段とは違う環境を一人で楽しむことで十分なリセットができるようになるでしょう。

2, とにかく職場の人と話す

人は人と話すことで精神を浄化するカタルシスという作用を備えています。友人や知人などでも十分なストレスの発散になりますが、職場の人と話すことも大切でしょう。

職場の人は職場の内情を知っています。職場の内情を知っていることであなたの気持ちをより深く理解してもらえたり共感してもらうことができます。誰かに理解してもらえらり共感しちえもらえるだけで爆発寸前のストレスは沈静化するものです。

溜め込まずに感情を言葉にのせて話す作業もストレス発散には十分な効果があります。

3, 積極的に休みをとる

ストレスを爆発寸前まで溜め込んでしまうような人にとっては簡単なようで難しい行動がこの「休みをとる」作業となります。

また休んでも問題解決にはならないと考える人もいます。でも仕事のストレスが爆発寸前のときは積極的に休むことが何より大切です。ストレスでボロボロになっらカラダとココロをあなた自身がストレスから守ることも大切になります。

休みを取ることに抵抗がある人もいますが、大切なことは一度考え方や気持ちを落ち着かせることも大切になります。

仕事ストレスの爆発寸前は「しんどい」アピールも大切

仕事で自分自身の想いが伝わらずに、誰にも評価してもらえず、孤立感を感じているときは素直にしんどいことを伝える勇気が大切です。

思いが伝わらないことで感じるイライラや悲しさ、孤立感があることをきちんと口に出して言うようになりましょう。そうすることで今までに感じていた気持ちから解放されることになるでしょう。

ストレスがないふりをするのではなく、しんどいことをきちんとしんどいと言えるようになりましょう。しんどいときにしんどいと言えることもストレスをコントロールする上では大切なスキルとなります。

「爆発しそうな仕事ストレスの発散にオススメの方法」のまとめ

仕事には「ストレスがつきものだから仕方ない」と諦めている人も多いでしょう。でも実際はそうではありません。仕事でのストレスを溜め込む人がいる一方でストレスをきちんとコントロールできている人もいます。

一人の時間をきちんと持ったり、人と話しをしたり、きちんと休息を取ることでストレスときちんと向き合ってみましょう。あなたがストレスを爆発させないためには簡単なことから始めてみてください。

きっと仕事のストレスを爆発させずに仕事ができるよようになるでしょう。

  • LINEで送る