精神疾患(うつ病)

うつ病のサインとは?自覚しにくい症状も

  • LINEで送る
うつ病 サイン

皆様は、うつ病という病気はどの様な症状が出るのかご存知ですか?

うつ病という病気を理解することで、自分自身に症状が出たときや、周りの方に症状が出たときに気づくことが出来ます。心の病気は、身体の病気(風邪やインフルエンザ)と異なり、高熱が出たり、咳や鼻水が出たりするものとは異なり、「何となくだるい」、「何となく身体がおかしい気がする」という症状も多く、自覚しにくい症状があるもの事実です。

こちらの記事では、うつ病の初期サインや自覚しにくい症状などについて解説をさせて頂きます。

うつ病の初期サイン

うつ病の初期サインとはどのようなものでしょうか?

厚生労働省のホームページでは、『「憂うつである」「気分が落ち込んでいる」などと表現される症状を抑うつ気分といいます。抑うつ状態とは抑うつ気分が強い状態です。うつ状態という用語のほうが日常生活でよく用いられますが、精神医学では抑うつ状態という用語を用いることが多いようです。このようなうつ状態がある程度以上、重症である時、うつ病と呼んでいます。』

とされています。つまり、症状としては、うつ状態、つまり、悲観的な考え、憂うつで悲しく気落ちした気分、絶望、興味の低下、喜びの低下、食欲減退、不眠、不安、焦燥、思考停止、活動性の低下、疲れやすさ、気力減退、罪業感、集中力の低下、決断不能、死についての反復思考、などが症状として現れるとされています。

うつ病の初期症状をチェックしたい方はこちらの記事をご確認下さい。

うつ病の自覚しにくい症状とは

うつ病とは、気分障害のことを指すと解釈すれば、上で抜粋した厚生労働省のホームページにも記載があるように、否定的な気分が極めて重度である場合に、うつ病であるとされます。

この「極めて重症」の概念が難しいため、うつ病の自覚は難しいとされています。

うつ病でなくても不眠や不安になることもある

普段生活している中で、ストレスが重なり、不眠になったり不安になったりすることはありますよね。

でもその不安が、例えば隣のデスクに座っているAさんよりも大きな不安を抱えているな、あるいは前の席にいるBさんよりは不安は大きくないな、などといった気分を数値にすることは非常に難しいですね。

それでもうつ病も早期発見・早期治療が他の病気同様に良いとされています。事実厚生労働省でもメンタルヘルスに関して、会社でのストレスチェック義務化の波が進んでいますよね。それでも、やっぱり不安や悩みといった否定的な感情を視認することは極めて難しいと思います。先に記載したように、不安や心配の大小や強弱、あるいはそれを感じる個人個人の気持ちが重症化しているのか、ということは気づきづらく、また難しい問題だと私たちも感じています。

自覚しにくい症状だからセルフチェックしよう

そこで、私たちウェルビーココロ研究チームでは、セルフチェックとして、気持ちの推移に目を向けることに重きを置くのではなく、特に身体活動と関連する「食欲減退」「不眠」「活動性の低下」「疲れやすさ」「集中力の低下」という内容を推奨しています。

うつ病の分かりやすい症状として食欲不振・不眠

これらのなかで特に「食欲不振」や「不眠」というものは皆さんも気づきやすいのではないでしょうか。

ちょっと前まで食べれていた量が今は全然食べることができない、あるいは睡眠だけは一定の時間確保できていたけど、最近は布団に入ってなから、なかなか寝付けないなど。。。

身体活動に明らかな違和感が生じた時は、もしかしたら内面の変化(不安の増幅や焦燥感)などより感じやすい方も多いのではないでしょうか。また、内面の変化は、周囲の人たちはなかなか気づくことはできませんが、食欲不振や不眠などであれば周囲の方も比較的容易に気づくことが可能であり、自覚症状としては、少しは分かりやすいのではないでしょうか。

ただ、現代社会は不規則な生活リズムで働いている方も多いと思います。そのような方々普段から不規則なため、体の変調に気づきづらいということもあると思います。うつ病の症状は自覚しづらいものです、そのため、普段から少しでも規則正しい生活を送ることを強くお勧めします。

うつ病の症状かな、と気付いた時

上記にて解説をさせて頂きましたが、うつ病というのは自覚しにくい症状があります。それでも早期発見にこしたことはありません。

うつ病かも!と思ったら、何をすればよいのでしょうか?

まずは心理カウンセラーに相談

先ずは、身体活動にかかわる症状である食欲や睡眠を自分自身で振り返ってみて、特にそこに変化はないけれども、不安や悩みが消えないと感じている時は、心理カウンセラーに相談することを強くお勧めします。

会社には定期検診がありますよね。これは、当然のように身体面に関する健康が重要であるからこその取り組みだと思いますが、メンタルヘルスに関する取り組みもここ10年で大きく様変わりし、精神面も健康にも気を配る時代に少しづつ変化してきていると、私たちは感じています。

不安が消えない、悩みが頭から消えない、と感じる時、「うつの症状かな」と感じた時は、心理カウンセラーに相談しましょう。

ここでは、このように記載しますが、やはり心理カウンセラーん相談する、ということはまだまだ、日本では浸透していないことは残念なことですが、事実です。悩みを持って相談に行けば「あいるは病んでいる」と揶揄されたり貶されたりすることもまだまだ珍しくはありません。

でも、体の健康についてですが、、CMでインパクトのある音楽とともに体の変化という広告を打ったパーソナルトレーニングの会社さんが「肉体改造」の概念を変えたように感じています。つまり、高いお金を支払ってでも自分自身にトレーナーをつけて、体を変える、という時代を作ったように私たちは感じています。

私たちウェルビーココロ研究チームも、「常識」を少しづつ変化させ、ココロの異変を感じたら心理カウンセラーに相談することが「当たり前」の時代を創りたいと考えています。常識とは、集った人たちが創り出すルールです。日本でもココロに異変を感じた人のうち半数が心理カウンセリングを受ける、というようになれば心理カウンセリングを受けることが常識に変化します。カラダの健康は、良好な人生を生きるためには不可欠です。同時に、ココロの健康も良好な人生を生きるためには不可欠です。

昔、受験勉強の時に目にした英語の例文、今でも胸に残っています。

It is not until we lose our health that we appreciate its value

not until ~は「~までのことではない」、つまり「~になってようやく」ですね。

カラダの健康もココロの健康も、失って初めて気づきのではなく、失わないでいれるような環境をサービスとして提供していくことこそが私たちウェルビーココロ研究チームの使命の一つなのです。

まとめ

こちらでは、うつ病のサインについて解説をさせて頂きました。

うつ病は自覚症状が分かりにくいものがある上、実際にうつ病かな?と思っていたとしても精神科や心療内科に診察に行くのは抵抗がある方も少なくありません。

そんなときは、「まずは」という気持ちを持って心理カウンセリングを受けてみましょう。ウェルビーでも無料カウンセリングを実施しています。お電話でも、お越し頂いてカウンセリングでも初回は無料となっております。一人で抱え込むことなく誰かに相談してみましょう。

うつ病の症状については、「うつ病って何?「うつ」の3つの種類を知ろう」をご覧下さい。

  • LINEで送る