精神疾患(うつ病)

うつ病のサインとは?自覚しにくい症状も

  • LINEで送る
うつ病 サイン

あなたはうつ病という病気がどの様な症状を引き起こすかを知っていますか?

うつ病という病気の症状を理解することで、自分自身に症状が出たときや周りの人に症状が出たときに気づくことが出来ます。

うつ病などの心の病気は、身体の病気(風邪やインフルエンザ)と異なります。

高熱が出たり、咳や鼻水が出たりするものとは異なり「何となくだるい」「何となく身体がおかしい気がする」という症状が多く自覚しにくい症状があるのも事実です。

こちらの記事では、うつ病の初期サインや自覚しにくい症状などについて解説をしています。

うつ病の初期サイン

うつ病の症状、初期サインとはどのようなものでしょうか?

厚生労働省のホームページでは、

『「憂うつである」「気分が落ち込んでいる」などと表現される症状を抑うつ気分といいます。抑うつ状態とは抑うつ気分が強い状態です。うつ状態という用語のほうが日常生活でよく用いられますが、精神医学では抑うつ状態という用語を用いることが多いようです。このようなうつ状態がある程度以上、重症である時、うつ病と呼んでいます。』

引用:厚生労働省ホームページより

とされています。

つまり、初期症状としては、

  • うつ状態
  • 悲観的な考え
  • 憂うつで悲しく気落ちした気分
  • 絶望
  • 興味の低下
  • 喜びの低下
  • 食欲減退
  • 不眠
  • 不安
  • 焦燥
  • 思考停止
  • 活動性の低下
  • 疲れやすさ
  • 気力減退
  • 罪業感
  • 集中力の低下
  • 決断不能
  • 死についての反復思考

などが症状として現れるとされています。

うつ病の初期症状をチェックしたい人はこちらの記事をご確認下さい。

うつ病の自覚しにくい症状とは

うつ病とは、気分障害のことであり、否定的な気分が極めて重度である場合にうつ病であるとされます。

この「極めて重症」の概念が難しいためうつ病の自覚は難しいとされています。

うつ病でなくても不眠や不安という症状になることもある

普段生活している中で、ストレスが重なり、不眠になったり不安になったりすることはありますよね。

でもその不安が、例えば隣のデスクに座っているAさんよりも大きな不安を抱えている、あるいは前の席にいるBさんよりは不安は大きくな、などといった気分を数値にすることは非常に難しいです。

それでも他の病気と同じように、うつ病も早期発見・早期治療が良いとされています。厚生労働省でも会社でのストレスチェックの義務化を進めています。

それでも、やっぱり不安や悩みといった否定的な感情を視認することは極めて難しいと思います。

不安や心配の大小や強弱、あるいはそれを感じる個人個人の気持ちが重症化しているのかどうかに気づくことは難しいでしょう。

自覚しにくいうつ病の症状だからセルフチェック

そこでセルフチェックとしてお勧めできるのは、気持ちの推移に目を向けることに重きを置くのではなく、特に身体活動と関連する「食欲減退」「不眠」「活動性の低下」「疲れやすさ」「集中力の低下」という内容に普段から目を向けることです。

うつ病の分かりやすい症状としての食欲不振・不眠

これらのなかで特に「食欲不振」や「不眠」というのはあなたも気づきやすいのではないでしょうか。

ちょっと前まで食べれていた量を今は全然食べることができない、あるいは睡眠だけは一定の時間確保できていたけど、最近は布団に入ってなから、なかなか寝付けないなどです。

うつ病の症状は身体活動の異変と関係する

身体活動に明らかな違和感が生じた時は、内面の変化(不安の増幅や焦燥感)などより感じやすい人も多いでしょう。

また、内面の変化は周囲の人たちはなかなか気付くことはできませんが、食欲不振や不眠などであれば周囲の人も比較的容易に気づくことが可能であり、自覚症状としては、少しは分かりやすいのではないでしょうか。

生活リズムの乱れはうつ病の初期症状をより分かりづらくする

サービス業が多く存在する現代社会では不規則な生活リズムで働いている人も少なくありません。

そのような人は普段からの生活が不規則であることも多く、体の変調に気付き辛いということもあると思います。

うつ病の初期症状は自覚し辛いものです。そのため、普段から少しでも規則正しい生活を送ることを強くオススメします。

うつ病の症状かな、と気付いた時

うつ病というのは自覚しにくい症状があります。それでも早期発見にこしたことはありません。

うつ病かも!と思ったら、何をすればよいのでしょうか?

うつ病の初期症状を感じたらまずは心理カウンセラーに相談

まずは心理カウンセラーに相談

身体活動にかかわる症状である食欲や睡眠をあなた自身で振り返ってみて、身体に変化がない場合は心理カウンセラーに相談することをオススメします。

不安や悩みは、専門家に相談することで客観的な視点を得ることができ、あなたのマインドに変化が起きることもあるでしょう。

うつ病には分かりづらい自覚症状も多く、また悩みを抱え続けることでストレスがストレスを呼び込んでしまうため、早めに相談することが良いでしょう。

体の異変を感じたら心療内科へ

身体に異変を生じている場合は、心理カウンセリングではなく心療内科等を受診することをオススメします。

どちらでも定期的なチェックが大切

会社には定期検診があります。健康診断は健康が重要であるからこそ定期的な検診が実施されています。

メンタルヘルスに関する取り組みも、ここ10年ほどで大きく様変わりしました。

体の健康にも気を配るように心の健康にも気を配る時代に少しづつ変化してきました。

不安や悩みが頭から消えない場合あるいはうつの症状かなと感じたときは「相談する癖」を持つように心掛けましょう。

人目を気にするよりうつ病の症状改善を優先しよう

症状の改善を最優先に

「心理カウンセラーに相談する」ということはまだまだ日本で浸透していないです。

悩みを抱きカウンセラーなどに相談に行くと周囲の人たちから

  • あの人は病んでいる
  • ココロが弱い
  • 気持ちはたるんでる

などと揶揄されたりすることも珍しくはありません。

人目を気にせず心理カウンセリングを活用する時代に

体の健康についてもパーソナルトレーナーという言葉も存在も身近になったように感じます。

高いお金を支払ってでも自分自身にトレーナーをつけて体を変えるという時代になってきています。

心の健康についても、ココロのメンテナンスが重要になる時代がくるかもしれません。

うつ病の症状にもメンテナンスという概念

文化とともに時代は変わってきている

日本の教育を象徴するモノに「体育会」の軍隊的な指導というモノがありますが、最近ではその在り方も大きく変わってきています。

日本でも「常識」を少しづつ変化させ、ココロの異変を感じたら心理カウンセラーに相談することが「当たり前」の時代はきっとやってくるでしょう。

常識とは、集った人たちが創り出すルールです。

日本でもうつ病かなと少しでも感じた人たちが当たり前のように心理カウンセリングを受ける時代がくるかもしれません。

カラダもココロも健康である重要性

カラダの健康は、良好な人生を生きるためには不可欠です。同時に、ココロの健康も良好な人生を生きるためには不可欠です。

It is not until we lose our health that we appreciate its value.

not until ~は「~までのことではない」、つまり「~になってようやく」ですね。

カラダの健康もココロの健康も、失って初めてその大切さに気づきのではなく、健康を損なわないよう心掛けることが大切になります。

まとめ

こちらでは、うつ病の症状、うつ病のサインについて解説しました

うつ病は自覚症状が分かりにくいものがある上、実際にうつ病かな?と思っていたとしてもうつ病の症状はわかりづらいため、心理カウンセリングはもちろん、精神科や心療内科に診察に行くのことに抵抗がある人も少なくありません。

そんな時は「まずは」という気持ちを持って心理カウンセリングを受けてみましょう。

うつ病の初期症状を引っ張り、一人で抱え込んでしまうとますます症状は悪化し、誰かに相談しづらくなってしまいます。

  • LINEで送る